コラム まとめ

SSからアドベンチャーまで!2021年版 250㏄クラスおすすめバイク!

初心者からベテランライダーまで、幅広い層に人気のある250ccクラスのバイクは、日本の交通事情に最もマッチしている存在です。

高速道路も走行可能な必要十分なパワー、日常で扱いやすいサイズ感と車重、タンデムが可能、車検がない、そしてSS・ネイキッド、オフロード、アドベンチャーなど車種が豊富なことも特徴です。

そんなメリットだらけの250ccバイクの中でも、特におすすめのマシンをタイプ別に紹介していきます。

 

SSバイク

車体をフルカウルで覆われたSSバイクは、スポーツ走行を存分に楽しめるバイクです。

ツーリング先のワインディングを走るのが最高に楽しく、コーナリングでのバイクとの一体感は群を抜いています。

各メーカーがサーキットで培った最新の技術を投入していることが多く、250ccクラスのフラグシップ的な存在でもあります。

YAMAHA YZF-R25

バイクの年間販売ランキングにおいて、毎年上位の常連となっている、YAMAHAの超人気モデルが「YZF-R25」です。

250ccとは思えない迫力あるシャープなスタイリングと、倒立フォークを採用した本格的な走りが、主に若いライダーに受けています。

 

KAWASAKI NINJA ZX-25R

厳しい排ガス規制によって、長らく250ccクラスでは4気筒エンジン搭載車は姿を消していましたが、2020年にKAWASAKIから登場した「ZX-25R」で見事に復活を遂げました。

トラクションコントロールやオプションのクイックシフターなど、大型バイクに匹敵する豪華な装備を備えた車体は、高回転まで気持ちよく回る4気筒エンジンを存分に味わうことができます。

 

ネイキッドバイク

日常の足からツーリングまで、幅広い用途で使えるのがネイキッドバイクです。

ネイキッドとは「原型、裸」という意味を持つワードで、バイクとしては最もオーソドックスなカウルを装着していないエンジンが剥き出し状態スタイルが、ネイキッドバイクの特徴です。

さまざまなシチュエーションを1台でこなしたいライダーには、最もおすすめのカテゴリーです。

 

YAMAHA MT-25

先に紹介した「YZF-R25」のフルカウルを取り払った、ネイキッドバージョンが「MT-25」です。

個性的なフロントマスクは好みが分かれるところですが、扱いやすいエンジンと素直なハンドリング、標準装備のASBが快適で安全な走りを提供してくれます。

 

SUZUKI ジクサー250

バイクの車体価格は年々上昇傾向にありますが、その中で液晶ディスプレイやLEDヘッドライト、ABSなどの現代型の装備を備えながら、税込45万円を切るコスパ抜群のマシンが「ジクサー250」です。

もちろん車体価格が抑えられていても、本格的な走りを楽しむことが出来るので、初めての1台としておすすめのマシンです。

 

KTM 250DUKE

外車メーカーは大排気量マシンしか出していないと思われがちですが、KTMの250ccネイキッドバイク「DUKE250」は日本国内でも大変人気のあるマシンです。

軽量な車体にハイパワーな単気筒エンジンを搭載しており、外車らしいパンチのある走りを楽しむことができます。

 

オフロードバイク

バイクで未舗装路を走ることができるオフロードバイクは、近年のアウトドアブームと相まって人気急上昇中のカテゴリーです。

バイクで道なき道を走りたい!というライダーには、まさにうってつけのマシンがオフロードバイクです。

スリムで軽量な車体に走破性の高いブロックタイヤを履かせたマシンは、意外と街乗りとも相性が良く、日常の足としても活用できます。

HONDA CRF250L

ホンダ伝統のオフロードバイクブランド「CRF」の名を冠したハイスペックマシンが「CRF250L」です。

オフロードの走破性を追求しているモデルで、旧モデルより前後サスペンションが伸長されていますが、足つき性も考慮された初心者にも優しいマシンになっています。

 

KAWASAKI KXL230

2016年に発売された「KLX250 ファイナルエディション」を最後に、KAWASAKI伝統のオフロードブランド「KLシリーズ」は長らく静寂を保っていましたが、2019年に「KLX230」として帰ってきました。

シート高が885mmと高めに設定されているので、本格的にオフロードを楽しみたいライダーにはうってつけのマシンですが、車体が軽く扱いやすいエンジンなので、日常での使い勝手も考慮されています。

 

クルーザーバイク

クルーザーバイクは他のマシンよりロー&ロングな車体設計となっており、長距離をゆったりと走れるツーリングに適したマシンになっています。

ハーレーのような大排気量アメリカンが多いカテゴリーではありますが、250ccクラスもリリースされています。

 

HONDA レブル250

数々の販売台数ランキングを総なめしている、ホンダの超人気クルーザーが「レブル250」です。

軽量で足つき抜群の車体は女性ライダーからの評価も高く、Vツインエンジンが主流のクルーザーモデルに単気筒エンジンを搭載するなど、新世代クルーザーとして確固たる地位を築いています。

 

アドベンチャーバイク

国内外のメーカーから続々と新型モデルがリリースされている、今一番HOTなカテゴリーがアドベンチャーバイクです。

長距離を快適に走ることができる、大柄な大排気量マシンが中心ではありますが、最近は250ccのアドベンチャーバイクも増えています。

キャンプ道具を満載して、250ccのマシンでロングツーリングに行きたいライダーには最適なカテゴリーです。

 

SUZUKI Vストローム250 ABS

250ccアドベンチャーバイクのパイオニア的存在のマシンが「Vストローム250」です。

ハンドガードにウインドスクリーン、多機能デジタルメーターに電源ソケット、メーカー純正オプションの3点パニアケースなど、大型モデルと変わらない本格的な装備が魅力の1台です。

HONDA CRF250 RALLY

ホンダの競技用ラリーマシン「CRF450 RALLY」のイメージを踏襲した本格オフロードツアラーが「CRF250 RALLY」です。

オフロードバイクのCRF250Lをベースに、ウインドスクリーンやハンドガード、専用のカウルなどを追加し、長距離ツーリングでの快適性を高めています。

 

まとめ:250ccクラスは奥が深い!

大型バイクの圧倒的なパワーは必要ないけど、日常やツーリングで必要十分なパワーは欲しい、そんな丁度良いパワー感が250ccクラスの特徴です。

また、今回紹介したマシン以外にも魅力的なモデルがたくさんあり、車種が豊富で自分のライフスタイルに合った一台を見つけることができます。

初心者には扱いやすさを、ベテランには扱い切れるパワーを通じて、バイクを運転することの楽しさを再認識させてくれる250ccは実に奥が深いクラスです!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り「さすライダー」です。 2019年に大好きな北海道へと移住して、夏も冬もバイクライフをエンジョイしています。 好きな言葉は「自由」嫌いな言葉は「集団行動と就職」

-コラム, まとめ
-,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5