カスタム

初心者必見!バイクのハンドルの種類と交換時の変化点と注意点(バーハンドル編)

2022/9/28

バイクのカスタムで見た目が大きく変化し、比較的に簡単・低価格で行うことができるハンドルの交換。ここでは、ネオレトロやスクランブラー、クルーザーにアドベンチャーなど様々なバイクにお手軽に取り付け可能なバーハンドルに注目してみました。 ハンドルを交換すると何が変わるのか、また交換をする場合にはどんな注意点があるのか、どんな種類のハンドルがあるのかなどを解説・紹介していきます。 ハンドルのことを知り、自分好みのルックス、ライディングポジションを見つけてみませんか? ハンドル交換での変化点 引用:Unsplash ...

続きを読む

コラム 知識

【元バイク屋が解説】もはや絶滅危惧種!? 400cc4気筒ネイキッドの魅力

2022/9/27

はい!元バイク屋のフォアグラさんです、こんにちは。 ご存知の方も多いと思いますが、あの名車CB400SUPER FOURが2022年11月までに生産終了するとのことです。不人気でラインナップから消え去ってしまうのは致し方ないことなんですけれども、人気があって売れ続けているにもかかわらず、姿を消してしまうというのはなんとも歯がゆいものがありますよね。 というわけで今回は、惜しまれつつ消え去っていく400cc4気筒ネイキッドにフォーカスを当てて解説をしましょう。 400ネイキッドのマイルストーン CB400S ...

続きを読む

アイテム トピックス ヘルメット

【SHOEI】「GT-AirⅡ」にグラフィックモデル「NOTCH」を追加

2022/9/27

GT-AirのDNAを引き継ぎ、機能性や快適性を進化させ生まれ変わったインナーサンバイザー付きプレミアムツーリングフルフェイスGT-AirⅡに、グラフィックモデル「NOTCH(ノッチ)」が新たにラインナップされました。 GT-AirⅡ NOTCH TC-8 製品情報 GT-AirⅡ NOTCH TC-1 GT-AirⅡ NOTCH TC-5 製品名:GT-AirⅡ NOTCH(ノッチ) 価格:67,100円(消費税込み) 規格:JIS規格 サイズ:S(55㎝)、M(57㎝)、L(59㎝)、XL(61㎝)、 ...

続きを読む

アイテム トピックス ヘルメット

【SHOEI】人気のフルフェイス「Z-8」により大きなサイズを追加

2022/9/27

視界や操作性を向上させた新たなシールドシステムや、効果的な走行風の導入・排気による高効率ベンチレーションシステムなど、より一層の「快適性能」を追求。コンパクトさと軽さ、そして快適性能を誇るピュアスポーツフルフェイス「Z-8」に、XXXLとXXXXLサイズが新たにラインナップへ追加され、ヘルメットサイズが更に充実します。 Z-8 ブラック Z-8 ルミナスホワイト Z-8 マットブラック 製品情報 商品名:Z-8 価格:58,300円(税抜価格 53,000円) 規格:JIS規格 サイズ:XXXL(65cm ...

続きを読む

イベント情報 トピックス

【ホンダ】もてぎでは3年ぶり!レーシング サンクスデーを11月開催!!

2022/9/26

Hondaは、2022年11月27日(日)に栃木県のモビリティリゾートもてぎにて「Honda Racing THANKS DAY(以下、ホンダ・レーシング サンクスデー)2022」を開催いたします。ファンの皆様から好評を博しているこのイベントは今年で14回目を数えます。また、同会場※での開催は2019年11月以来3年ぶりとなります。 ※2019年開催時の名称はツインリンクもてぎ ホンダ・レーシング サンクスデーとは Hondaは創業期からレースとともに育ち、レースを通じて人と技術を磨いてきた会社です。そし ...

続きを読む

お役立ち まとめ

知らないとマズイ?教習所では教えてくれない暗黙のサイン まとめ

2022/9/26

教習所はバイクで公道を走る術を教えてくれますが、ところがいざ公道を走ると「あれ?これってなんの合図?こんなの教習所で習ったっけ?」と不思議な合図があることに気が付きます。 実は公道には教習所では教えてくれないライダー(ドライバー)同士の独特な「合図:サイン」があるので、代表的なものをまとめてみました。 今から紹介するサインを公道デビュー前から知っていれば、ちょっとベテランぽいかも? サンキューハザード あれ?前の車がハザードランプを焚いている?特に停車するわけでもなさそうだし、一体なぜ? それは恐らく「サ ...

続きを読む

コラム ツーリング

こつぶの日本一周バイク旅〜福島編〜

2022/9/23

こんにちは!バイクで日本一周旅をしているこつぶです。 前回は宮城県の旅の様子について書きました。 前回の記事はこちら↓ 蔵王から下山し宮城に別れを告げ、福島へ入りました。 ということで今回は福島編をお送りいたします。 福島県での拠点はココ!聖石温泉ベースキャンプ場 福島県に入ると、ずっと楽しみにしていた旅人のためのキャンプ場へ真っ先に向かいます! 福島県田村市、地元の人たちに親しまれる日帰り湯、聖石温泉。 ここのオーナーさんがとっても面白く行動力のある人で、当時2019年の夏から旅人のためのベースキャンプ ...

続きを読む

まとめ 知識

オートマチックギアチャンジ!?DCT搭載バイク まとめ

2022/9/18

バイク界隈で最近よく耳にするワード「DCT」どうやらHONDAが世界で初めてバイクに搭載したらしい? しかし、聞けば「ギアチェンジ不要のオートマチックシステム」らしいけど、ぶっちゃけそれって前からあるよね? 、、、結論から言うと、DCTはスクーター的なオートマチックではなく「オートマチック・ギアチェンジシステム」なんです! ということで、DCTとは一体何か?そして、DCTを搭載したバイクをまとめて紹介します。 DCTとは? 引用:HONDA公式サイト DCTとは「Dual Clutch Transmiss ...

続きを読む

トピックス 知識

【白色・黄色・実線・破線】センターラインの正しいルール覚えていますか?

2022/9/18

悩める読者センターラインの実線と破線ってどういう意味だっけ? 日常的に目にしているセンターラインですが、白色・黄色・実線・破線、そしてゼブラ帯など様々な意味を持ったものがあります。 ちなみに道路の右側車線と左側車線の境界として引かれているのが【中央線】で、同じ進行方向上の車線の境界はそのまま【車線境界線】といいます。 普段はあまり意識していないかもしれませんがその違いを理解していますか? 今回は、意外と勘違いしている人が多いセンターラインの正しいルールについて解説していきます!! センターラインの運用ルー ...

続きを読む

お役立ち トピックス 知識

【違反してない?】取付位置や角度などナンバープレートの表示基準まとめ

2022/9/17

悩める読者あれ、ナンバープレートの基準って厳しくなったんだっけ?今のこの状態ってもしかして違反?? 2021年10月から、ナンバープレートの取付基準が厳しくなったのは記憶に新しいところです。 違反した場合には点数2点と、50万円以下の罰金が課せられます。 新基準の適用から1年弱経った現在でも、違反している車両を多く見かけるので今回はナンバープレートの取付基準について復習していきましょう! ナンバープレート(自動車登録番号標、車両番号標等)をカバー等で被覆することの禁止のほか、一定の位置・方法において表示し ...

続きを読む

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5