コラム 知識

実はメリット満載!初心者向けオフロードバイクの魅力 まとめ

ここ数年でバイク雑誌やWebメディア、それからYouTubeで「オフロードバイク」を目にする機会が増えてないですか?

どちらかといえば玄人向きの、ちょっと敷居が高いマシンのように思えますが、実は「バイク初心者にこそおすすめのマシン」なんです!

ということで、そんなオフロードバイクの魅力とおすすめ車種を紹介します。

オフロードバイクの5つの魅力

まずはオフロードバイクの魅力を5つ紹介します。

意外と食わず嫌いな、しかも初心者向けのマシンであることを理解頂けると思います!

軽量で扱いやすい

オフロードバイクはオンロードバイクに比べて、全体的に軽量な作りなっています!

例えば主力の250ccクラスにおいては、車重が120〜140kg程度であることが多く、初心者でも日常の取り回しが非常に楽です。

しかも、車体がスリムでハンドルの切れ角が大きいので、実は街乗りではスクーターに勝るとも劣らない機動力を発揮してくれます。

つまり、オフロードバイクは決して玄人向けのマシンではなく、実は気軽に乗れる日常の足として優秀なマシンです!

未舗装路を走れる

これはもうオフロードバイクの真骨頂ですが、未舗装路を軽々と走ることができます!

最初は誰でも恐怖心を抱きますが、いざダートに入ると想像以上に安定した走りを見せてくれます。

すると今まで見向きもしなかった、ツーリング中に見つけた横道、裏道、それから林道を走る機会が増え、気が付けばバイクで遊べるフィールドが一気に広がっています!

そしてオンロードを走った時に気付くはずです「前より走りが安定している」という事実に(オフを走ると一気に経験値が上がります)

傷が付いてもそれが味

オフロードバイクは多少傷があった方が「こなれてる感」があります。

そもそも未舗装路を走る前提のマシンなので、仮に転ばなくても飛び石などで傷が付くのが当たり前です。

これがオンロードバイクだと心が凹みますが、オフロードバイクなら「まぁいっか」という気持ちになるから不思議なものです。

しかし、だからと言ってさすがに新車を傷付けたら凹むので、初めてのオフロードバイクは中古車がおすすめです(必ず傷があります)

燃費が良い

大半のオフロードバイクは軽量且つ単気筒エンジンを搭載しているので、全体的にオンロードバイクより燃費が良い傾向にあります。

例えば主力の250ccクラスなら、少なくてもリッター30km前後の燃費は余裕で叩き出します!

しかも、オフロードバイクはガソリンタンクがスリムなので、満タンに入れても財布に優しいこともポイントです。

絶対的な航続距離はタンク容量の大きいオンロードバイクに軍配が上がりますが、そもそもオフロードバイクは長距離を走る目的で作られていません。

メンテナンス性が高くパーツが安い

オフロードバイクは構造がシンプルな傾向にあるので、メンテナンス性が高いことが特徴です!

そもそも「オフロードで倒してナンボ」のマシンですので、各種パーツ交換がしやすい造りになっています。

そして、その各種パーツがオンロードバイクのそれに比べて安く、僕の感覚では1/2〜2/3程度の価格であることが多いです。

つまりオフロードバイクは「メンテナンスを学ぶのに最適なマシン」とも言えます。

おすすめのオフロードバイク5選

現行車もしくは絶版車でも中古市場にある程度の玉数がある、おすすめのオフロードバイクを5車種紹介します。

※この記事の中古車の相場などは2022年12月時点の情報を元にしています

YAMAHA:XTZ125

YAMAHAが中国で製造、フィリピンなどの東南アジア圏で販売している原付2種オフローダーが「XTZ125」です(国内では主に中古車が流通)

フロント21インチ×リア18インチのフルサイズのオフロードバイクで、125ccとは思えない車格を誇っています。

しかし、車重が119kgと軽量な作りで扱いやすく、セルスターターとキッススターターをどちらも装備している珍しいマシンでもあります。

YAMAHA TZ125
エンジン:空冷4ストロークSOHC単気筒
排気量:124cc
シート高:840mm、重量:119kg
車両価格:300,000円前後(中古車相場)

KAWASAKI:KLX125

国内では2016年まで販売されていた、KAWASAKIの原付2種オフローダーが「KLX125」です。

フロント19インチ×リア16インチとフルサイズの車体ではないですが、その分車重が112kgとかなり軽量で、シート高も830mmとオフ車としては低く抑えられています。

当時のこのクラスとしては珍しいデジタルメーターを採用しており、どちらかと言えば普段使いや街乗りで真価を発揮するマシンです。

KAWASAKI KLX125
エンジン:空冷4ストローク単気筒OHCエンジン
排気量:124cc
シート高:830mm、重量:112kg
車両価格:400,000円前後(中古車相場)

YAMAHA:セロー250

オフロードバイク乗り、いや、オンロードバイク乗りでも知らない人の方が珍しい、YAMAHAが誇る名車 of 名車が「セロー250」です。

軽量で扱いやすく、シート高が低くて燃費が良く、メンテナンスがしやすくパーツ代も安い...というまさに「これがオフロードバイクです」という教科書のようなマシンです!

残念ながら2020年のファイナルエディションを最後に、惜しまれつつも生産終了となりましたが、今でも中古市場で人気が高く、新車価格に迫る高額で取引されています。

YAMAHA セロー250
エンジン:空冷4ストローク単気筒OHCエンジン
排気量:249cc
シート高:830mm、重量:133kg
車両価格:500,000円前後(中古車相場)

HONDA:CRF250L

今となっては貴重な、新車で買える国産250ccオフローダーが「CRF125L」です。

HONDAが現代の技術で作ったオフロードバイクで、ABSやアシストスリッパークラッチ、LEDのヘッドライトやデジタルメーターなどを装備しています!

シート高が830mmのノーマルモデルと、880mmのCRF250L<s>の2種類が用意されています。

HONDA CRF250L
エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
排気量:249cc
シート高:830mm、重量:140kg
車両価格:599,500円(新車税込価格)

YAMAHA:テネレ700

ウインドスクリーンとハンドガード付きの大柄な車体、そして700ccという余裕の排気量から「アドベンチャーバイク」かと思いきや、実はピュアなオフロードバイクが「テネレ700」です。

フロント21インチ×リア18インチのフルサイズのオフロードバイクで、極力電子制御を排除した車体構成となっています。

さすがに車重は205kgもありますが、このクラスとしては十分軽量な部類で、ガチなオフロード走行をこなせるスペックを秘めています。

YAMAHA テレネ700
エンジン水冷4ストローク直列2気筒
排気量:688cc
シート高:875mm、重量:205kg
車両価格:1,287,000円(新車税込価格)

オフロードバイクはいいぞぉ〜

僕はかれこれ10年以上バイクに乗っていますが、それこそ日本を2周したり海外も走っていますが...ところがオフロードバイクの魅力を知ったのはつい最近です。

正直「なぜもっと早く乗らなかったんだ!?」とシンプルに後悔しています。

軽くて気軽!燃費が良くて傷が付いてもそれが味!メンテナンスを覚えられる、そしてオンロードバイクでは走れない道を走れる!これって控えめに言って最高じゃないですか?

ってことで、オフロードバイクはいいぞぉ〜♪

amazon
人気商品ランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り「さすライダー」です。 2019年に大好きな北海道へと移住して、夏も冬もバイクライフをエンジョイしています。 好きな言葉は「自由」嫌いな言葉は「集団行動と就職」

-コラム, 知識
-, , , ,

© 2023 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5