ツーリング まとめ

日本2周ライダーが厳選!千葉県のおすすめツーリングスポット5選

千葉県は首都圏近郊のツーリングスポットとして、かなり優秀です!

ライダーの好きな絶景ロードや最果ての地があり、それから海の見えるカフェもあるし、高速道路を使えば都市部から日帰り圏内だし、おまけに東京湾フェリーを使えばちょっとした船旅を味わうこともできます。

そして!何といっても温暖な気候で冬でも走れる(海沿いに限る)のがライダーにとっては嬉しい限りです。

ということで、バイクで日本を2周した僕が、そんな魅力あふれる千葉県のおすすめツーリングスポットを5ヶ所厳選して紹介します!

冬こそ走りたい道:房総フラワーライン

房総半島の南、館山市から南房総市までの約46キロを結ぶシーサイドルートの総称が「房総フラワーライン」です。

その名前通り沿道に花が咲き乱れることで有名な道ですが、特に1月〜3月にかけて咲く「菜の花」の時期に走るのがおすすめです。

ハイライト区間としては「県道257号線」の伊戸~相浜間の約6kmの地点なので、是非ここで記念撮影をしましょう!

房総半島最南端の地:野島崎

ライダーならみんな大好き最果ての地、それが房総半島最南端「野島崎」です。

先に紹介した房総フラワーライン経由でここを目指すのが、千葉県ツーリングのゴールデンルートとなっています!

野島崎には無料の駐車場とトイレ、日本で2番目に古い灯台「野島埼灯台」を巡る遊歩道があるので、バイクを降りて歩いて散策してみましょう。

SNSで話題のスポット:燈籠坂大師の切通しトンネル

いわゆる「SNS映えスポット」として有名な場所が「燈籠坂大師の切通しトンネル」です。

何だかとても凄そうな名前ですが、実はあの「空海」が厳しい修行の旅の途中に腰を休めた場所、、、と言われています(諸説あります)

岩肌が露出したアドベンチャーな雰囲気のトンネルを、愛車で走り抜ける非現実感を存分に味わえる場所です!

THE 海の見えるカフェ:ダイニングバー ラグタイム

房総半島の綺麗な海が目の前に広がる、誰もが頭に描く「THE 海の見えるカフェ」が「ダイニングバー ラグタイム 」です。

勝浦エリアにある昼間はカフェレストラン、夜はバーとして営業している人気店で、おすすめはご当地メニューの「勝浦タンタンメン」です!

ここで海を見ながら食後のコーヒーを飲んでいると、走る気がなくなってしまうので、、、ある意味「要注意スポット」かも知れません。

関東最東端の地:犬吠埼

ライダーなら目指さない理由が存在しない、千葉県の銚子市にある関東最東端が「犬吠埼」です。

言わずと知れた千葉県を代表する観光スポットで、首都圏ライダーの「初日の出ツーリング」の聖地でもあります!

そして周辺には美味しい魚料理を食べられる食堂が点在しているので、グルメツーリングスポットとしてもおすすめの場所です。

千葉県は1年中バイクで走れるツーリングスポット!

夏はもちろん冬でも楽しめる千葉県は、1年中バイクで走れるツーリングスポットとしておすすめです!

むしろ近年の暑さが厳しい夏よりは、人が少なく空気が澄んでいる冬の方が、ライダーにとっては千葉県のベストシーズンかも知れません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り「さすライダー」です。 2019年に大好きな北海道へと移住して、夏も冬もバイクライフをエンジョイしています。 好きな言葉は「自由」嫌いな言葉は「集団行動と就職」

-ツーリング, まとめ
-, ,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5