コラム まとめ

現役GS乗りが厳選!2022年おすすめアドベンチャーバイク5選

国内外のメーカーが次々と新モデルを発表するアドベンチャーバイクは、今最もホットなカテゴリーの一つです。

元々は「ビッグオフ」とも呼ばれていた、オンオフ問わず走れる大排気量マシンが中心でしたが、最近は中型免許で乗れるマシンも増えており、ますます人気が高まっています!

ということで、そんなアドベンチャーバイク界の王者と称される「BMW GS」に乗っている僕が、2022年のおすすめマシンを紹介します。

アドベンチャーバイクとは?

おすすめのマシンを紹介する前に、アドベンチャーバイクとはどんなマシンなのか?を解説しておきます。

一言で表すと「長距離を快適に走れる走破性の高いツーリングマシン」のことで、具体的にはウインドスクリーンとハンドガードで走行風が当たらず、グリップヒーターや電源ソケットなどの快適装備があり、広いシートとパニアケースで荷物がたくさん積めて、高速走行でもぶれない大柄な車体構成のマシンが一般的に「アドベンチャーバイク」と呼ばれています。

プラスしてある程度のオフロード走行ができるという条件もありましたが、現在はオンロード中心のモデルも出回っており、またかつてはリッタークラスの大排気量マシンが中心でしたが、現在は扱いやすいミドルクラスや400cc以下のマシンも増えています。

SUZUKI Vストローム250 ABS

アドベンチャーバイク=大排気量マシンという概念を打ち破った、スズキの本格250ccアドベンチャーバイクが「Vストローム250 ABS」です。

250ccとしては大柄な車体にウインドスクリーン、ハンドガード、USBソケット、専用パニアケース(オプション)などのアドベンチャーバイクには欠かせない装備を搭載しています!

ただし、基本はオフロードでの運用は想定されておらず、あくまでオンロードツーリングに絞ったマシン構成となっています。

SUZUKI Vストローム250 ABS
エンジン:水冷4ストローク並列2気筒、排気量:248cc
シート高:800mm、重量:189kg
車両価格:613,800円(税込)

KTM 390アドベンチャー

アドベンチャーバイクとしては軽量な158kgの車体に、ハイパワーな単気筒エンジンを搭載したKTMのマシンが「390 アドベンチャー」です。

オンロードでのパフォーマンスはもちろんですが、ブロック調のタイヤを履かせたオフロードでの走破性も高く、道を選ばないアグレッシブなツーリングを求めているライダーにはうってつけのマシンとなっています。

もちろんウインドスクリーンやハンドガードなどの快適装備、それからトラクションコントロールなどの電子制御も搭載しており、上位モデルと比べても遜色ない仕上がりになっています。

KTM 390アドベンチャー
エンジン:水冷4ストローク単気筒、排気量:373cc
シート高:855mm、重量:158kg
車両価格:829,000円(税込)

HONDA X-ADV

HONDA独自の自動変速システム「DCT」を搭載した、オートマチックアドベンチャーバイクが「X-ADV」です。

まるでスクーターとスポーツバイクのハイブリッドのような独特な世界観を持つマシンで、さすがに本格的なダート走行には向かないですが、フラット林道程度ならそのまま入っていける懐の深さが魅力です。

また、5インチの大型液晶ディスプレイがとても見やすく、トラクションコントロールやモードセレクトなどの電子制御が快適なツーリングをサポートしてくれます。

HONDA X-ADV
エンジン:水冷4ストローク並列2気筒、排気量:745cc
シート高:790mm、重量:236kg
車両価格:1,320,000円(税込)

ハーレーダビットソン:パンアメリカ / パンアメリカ Special

ハーレーといえば大排気量クルーザーモデルの顔のような存在ですが、突如2021年に異色の新モデルが登場しました!

それは、これまでのハーレーとは全く異なる個性的なデザインと、新開発のレボリューションMAXエンジンを搭載したアドベンチャーモデル「パンアメリカ」です。

数々の快適装備と電子制御を満載した巨大な車体は、なんとオフロード走行にも対応しており、更に上位モデルの「パンアメリカ Special」には画期的な自動車高調整システム「アダプティブライドハイト」が搭載されています。

ハーレーダビットソン パンアメリカ
エンジン:水冷4ストロークV型2気筒、排気量:1,252cc
シート高:830mm、重量:258kg
車両価格: 2,745,600円〜(税込)
※パンアメリカ Specialの車体データ

BMW R1250GS アドベンチャー

常にアドベンチャーバイクというカテゴリーの頂点に位置し、競合他社のベンチマークであり続けるマシン、それがBMWの「R-GSシリーズ」です。

中でも最上位グレードの「R1250GS アドベンチャー」は、圧倒的な存在感と至れり尽くせりの装備、それから最新の電子制御の数々を盛り込んだ「全部入りの究極のアドベンチャーバイク」と言える存在で、もはや乗ること自体がステータスと言っても過言ではありません。

とは言っても実車を目の当たりにすると、乗ることを躊躇してしまう車格にビビりますが、いざ走り出すとあまりの乗り易さと、オフロードを「普通に」走れてしまうことに誰もが驚くはずです。

BMW R1250GS アドベンチャー
エンジン:水冷4ストローク水平対向2気筒、排気量:1,254cc
シート高:850mm、重量:278kg
車両価格:2,319,000円〜(税込)

見ているだけでアドベンチャーな気分に浸れる!

個人的なアドベンチャーバイクの最大の魅力は「マシンを見ているだけで冒険心が湧いてくる、どこか遠くに行きたくなる」つまりは見ているだけでアドベンチャーな気分に浸れることです。

だから、退屈な日常から抜け出したい、、、そんなライダーはアドベンチャーバイクを所有することをおすすめします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り「さすライダー」です。 2019年に大好きな北海道へと移住して、夏も冬もバイクライフをエンジョイしています。 好きな言葉は「自由」嫌いな言葉は「集団行動と就職」

-コラム, まとめ
-, ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5