レビュー 動画 試乗記

ホンダ海外モデルWinner-X150/CB200X試乗!日常やツーリングも使える小排気量バイクが面白い

こんにちは。kanaeです。
今回私は、バイク館の輸入新車 メディア試乗会に参加させて頂きました。
海外生産の小排気量モデルを中心に、20車種以上が試乗できるタイミングでした。
そんな中で、私が特に気になる車両をピックアップして試乗したので紹介していきます。
小排気量モデルは免許を取得して最初に乗るバイクとしても選びやすいですね。「こんなシーンで使ってみたい」イメージが湧けば選択の一つになるでしょう。
今まで乗ったことの無い輸入新車モデル試乗会とあって、珍しいバイクがたくさん。個人的にもとても楽しめました。

バイク館の輸入新車試乗会

バイク館さんのメディア試乗会が開催されたのは、埼玉県にある「三共自動車教習所」です。
自動車教習所が会場なので安心して試乗することができます。海外生産の小排気量バイクは初めて試乗するのでアクセルを開けたり、細い道など色々な走りを試してみたいですね。
と言ってもあくまで「もし自分がこのバイクを所有したらどんなイメージができるか」これに注目したいと思います。自分のバイクライフで楽しめるモデルか確かめたいですね。主にツーリングを楽しんでいる私ですが、小排気量バイクは日常で使ってみたいです。ただ日常で使うだけでなく、ツーリングや未舗装の駐車場も安心して走れるか、キャンプやアウトドアを楽しめるのか、走り自体を楽しめるか、そんな事に注目していきますね。

Honda Winner-X150

まず気になったのがHonda Winner-X150です。
日本では走っているのを見たことが無い、かなり目を引くデザインのバイクですね。一見スクーターのような見た目なのですが、実は6速マニュアル採用とのこと。しかもCBR150Rと同様のエンジンを積んでいるとあってスポーツバイクの走りを楽しめるそう!これだけの情報でかなり気になるバイクですね。


どこかで見たこと事あるなと思ったのですが、このアンダーボーンはアジアで定番の、エンジンの下側にフレームがあるタイプ。フレームが下にあるので逆に上にフレームがなく、まるでスクーターのような見た目なのです。タンクがない分スクーターのように前から跨がれるということですね。


個人的に日常で使うバイクを想定しているので、乗り降りしやすいのは嬉しいですね。車体重量は122kgで押し引きしてみましたが軽い!軽くて取り回ししやすいのが小排気量のバイクの嬉しい所ですね。
マニュアル操作でアンダーボーン、さらにCBR150Rと同様のエンジンで走りはスポーティー。一体どんな乗り心地なのでしょう。
早速試乗させて頂くことにしました。

Winner-X150はスマートキー採用です。エンジンをかけた瞬間に重低音のエンジン音に驚きます。音がいいのです!パワフルだなという印象。走っていい音するな、というバイクいいですね。
早速走ってみると、すぐにスポーツバイクなんだなと分かります。ですが乗車スタイルはまるでスクーター。膝の置き所が私が知るスポーツバイクと違うので最初は戸惑うのですが、試乗コースを一周する頃にはそれが楽しくなってきます。街乗りでスポーツバイクの走りが楽しめる一台いいですね。日本で走っていたら注目度も抜群です。とにかく一度乗ってみて!と人に勧めたくなる一台でした。かなり気に入ってしまいましたよ。

次の試乗するバイクは、せっかくならWinner-X150と違うタイプのバイクに乗ってみることにしました。

Honda CB200X

次に私が試乗車に選んだのは、Honda CB200Xです。
パッと見た印象がアフリカツインの小さいバージョンのようなアドベンチャーモデルです。タイヤを見るとセミブロックタイヤで未舗装の道も走って行けそうです。オンもオフも走れるバイクいいですね。スクリーンやカウルの形状からしっかり防風効果もありそうです。ナックルガードがあることでアドベンチャー感が増してかっこいい!オプションですがキャリアを装着すると、よりアドベンチャーな雰囲気が増しますね。車体重量が147kgなので荷物を積んでも取り回しが出来そうで女性でも安心です。まず「このバイクで出来ることが増える!」って想像できるっていいですね。


どんな方が乗るのだろうと想像すると、ちょっと未舗装の道だったり、アドベンチャーバイクに憧れている方が初めて所有するバイクとしていいのではないでしょうか。クロスオーバータイプのバイクは個人的にとても好みなので乗り味が気になります。今回の試乗車の中では一番排気量が大きく、高速道路も走ることができますが、実際に高速道路を走ってみたらどうなのだろうと気になる所ですね。

エンジンをかけてみると、前に試乗したWinner-X150とは反対のイメージで優しい印象です。シート高が810mmで、跨った時に視線が高く感じます。走り出して最初の印象「軽い!」。ヒラヒラとバイクが曲がるのが分かります。軽快さがとても楽しいですね。


これだけ軽くハンドリングできるなら都会の街も構えず気軽に走って行けそうです。日常で乗るバイクを選ぶのにアドベンチャータイプってどうなんだろう、と気になる所でしたが、むしろおすすめしたくなりますね。それでいてちょっとした林道や未舗装の道も走って行ける安心感があるなんて嬉しい。いろんなシーンで走りを楽しめそうです。最初の印象通り、日常でも乗りたい、ツーリングやアウトドア、ちょっとした林道をこれから挑戦してみたい方にピッタリのバイクでした。すでにアフリカツインを乗っているベテランライダーさんが、もっと気軽に遊べるバイクとしてもいいかも知れません。クロスオーバータイプのCB200Xいいですね。

小排気量バイクが面白い

対照的だと思う2台を試乗してみて、小排気量バイクがこれだけ面白いんだという発見ができました。それぞれのバイクライフスタイルで「これにチャレンジしてみたい」があると思います。それを思い浮かべて、例えばバイクでキャンプに行きたいならCB200Xがおすすめですし、街でも走りを楽しみたいならWinner-X150をお勧めするでしょう。今回、20車種以上の試乗車がズラリと並ぶところを見て、これだけのバイクがあれば、ライダーそれぞれの好みに合ったバイクが見つかるのではないだろうかと想像できます。
輸入新車モデルで、見た目と乗り味の印象がもしかしたら違うかも知れません。輸入新車に限ったことではないですが、気になるバイクは是非試乗してみるといいですね。さらに心惹かれる一台になるかも知れません。
機会があれば今回試乗したWinner-X150で実際に公道を走ってみたいですね。そんなふうに思う一台でした。
今回私が試乗した2台を含め、様々な車種の海外モデルバイクは全国のバイク館で購入可能です。ぜひチェックしてみて下さい。

試乗の様子は私のYouTubeチャンネル(かなえADV)でも公開しています。

amazon
人気商品ランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かなえADV

愛知県でHONDAのX-ADVとスーパーカブ110に乗っていますkanaeです。 バイクが好きでバイクに関わるお仕事がしたくて2021年に会社を退職。 SNSを活用しバイクの楽しい事を発信したり、アパレルブランドを立ち上げました。 YouTubeではその土地で出逢った人々や綺麗な景色、美味しいグルメにスポットを当てています。 全国のゲストハウスをバイクで巡るのも目標!

-レビュー, 動画, 試乗記
-, , , ,

© 2023 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5