トピックス バイクニュース

【ホンダ】 人気の「PCX」シリーズの2023年型はカラーリング設定を変更

ホンダは上質なスタイリングと利便性の良さが魅力の原付二種(第二種原動機付自転車)スクーター「PCX」と軽二輪スクーター「PCX160」のカラーリング設定を変更し、2023年1月26日(木)に発売します。

PCX マットスーツブルーメタリック

2023年型の主な変更点は
・PCXに「マットスーツブルーメタリック」と「マットマインブラウンメタリック」のカラーリングを新たに設定
・PCX160に「マットマインブラウンメタリック」と「ポセイドンブラック」のカラーリングを新たに設定
・PCX、PCX160ともに、シート表皮のカラーをブラックに変更
・平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合
となります。

製品情報

今回、PCXに、都会的な印象の「マットスーツブルーメタリック」と、高級感を感じさせる「マットマインブラウンメタリック」を新たに設定し、継続色の「パールジャスミンホワイト」「ポセイドンブラックメタリック」「マットディムグレーメタリック」を加えた、全5色としています。
PCX160には「マットマインブラウンメタリック」と、精悍な印象の「ポセイドンブラック」を新たに設定し、継続色の「パールジャスミンホワイト」「マットディムグレーメタリック」を加えた、全4色としています。
両モデルとも、シート表皮のカラーをブラックとし、より引き締まった印象としています。
また、平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合させ環境に配慮しています。

PCX マットマインブラウンメタリック

PCX160 マットマインブラウンメタリック

PCX160 ポセイドンブラック

■メーカー希望小売価格(消費税 10%込み)
PCX:363,000円
PCX160:412,500円
* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

■主要諸元

通称名 PCX PCX160
車名・型式 ホンダ・8BJ-JK05 ホンダ・8BK-KF47
全長×全幅×全高 (mm) 1,935×740×1,105
軸距 (mm) 1,315
最低地上高 (mm)★ 135
シート高 (mm)★ 764
車両重量 (kg) 133
乗車定員 (人) 2
最小回転半径 (m) 1.9
エンジン型式・種類 JK05E・水冷 4ストローク KF47E・水冷 4ストローク
OHC4バルブ 単気筒 OHC4バルブ 単気筒
総排気量 (cm3) 124 156
内径×行程 (mm) 53.5×55.5 60.0×55.5
圧縮比 ★ 11.5 12
最高出力 (kW[PS]/rpm) 9.2[12.5]/8,750 12.0[15.8]/8,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 12[1.2]/6,500 15[1.5]/6,500
燃料消費率※1(km/L) 国土交通省届出値 定地燃費値※2(km/h) 55.0(60) 53.5(60)
WMTCモード値★ (クラス)※3 48.8(クラス1) 43.7(クラス2-1)
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量 (L) 8.1
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
タイヤ 110/70-14M/C 50P
130/70-13M/C 63P
ブレーキ形式 油圧式ディスク(ABS)
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)  ■製造事業者/Honda Vietnam Co., Ltd.  ■製造国/ベトナム  ■輸入事業者/本田技研工業株式会社

※1燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※2定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※3WMTC モード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

リリース:本田技研工業株式会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-トピックス, バイクニュース
-, ,

© 2023 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5