お役立ち 知識

意外と簡単?海外ツーリング経験者が国際免許の取得方法をレクチャー

愛車と国内を走りまくったライダーが次に目指す場所、それは海外です!

とは言っても一般的に海外ツーリングと聞くと「素人お断り」的なストイックな挑戦に思えますが、実はそれは既に過去の話です。

今は誰でも参加できる海外ツーリングのツアーがありますし、国内にいながら日本語で現地のレンタルバイクを手配することもできます。

つまりは海外ツーリングのハードルが格段に下がっているので、あとは「国際免許」を取得すれば時間とお金の問題をクリアするだけです、、、って、国際免許って何?

はい、それは海外ツーリング経験者の僕が、制度から取得方法まで全て解説させて頂きます!

国際免許とは何か?

引用:photoAC

国際免許とは海外で車やバイクを運転するために必要な書類で、正式名称は「国際運転免許証」または「IDP:International Driving Permit」と呼ばれることもあります。

パスポートと国際免許、それから日本国内の運転免許証(義務ではないが携帯が無難)の3点セットがあれば「ジュネーブ条約」に加盟している国での運転が可能となります!

ちなみにジュネーブ条約とは「道路交通に関する条約」として、1952年に定められた決まり事で、代表的な加盟国としては「アメリカ、カナダ、イギリス、タイ、オーストラリア」などがあります。

なお、国際免許には1年の有効期限があり、その後海外で再び運転をしたい場合は再度取得する必要があります(更新制度はなし)

国際免許の取得方法

引用:photoAC

海外をバイクで走れる書類の取得なんて、絶対に面倒で複雑そうだし、さぞかしお金もかかるんだろうな、、、と思っているあなたに朗報です。

実は国際免許は各都道府県の「運転免許センター」で想像以上に簡単に、しかもそれほどお金もかけずに即日取得することができます!

ということで詳しく解説すると、申請場所は運転免許センター(最も確実)もしくは指定の警察署となり、当日受付に備え付けてある「国外運転免許証交付申請書」へ必要事項を記入の上「国内の運転免許証、パスポート(もしくは航空券)、証明写真(縦5cm×横4cm、6か月以内のもの)」と一緒に提出するだけで申請できます。

しかも、早ければ1〜2時間くらいで発行されるので、あとは3,000円でお釣りが来るくらいの手数料を払うだけで国際免許が手に入ります!、、、っと、どうでしょうか?予想以上に簡単すぎて、拍子抜けしたのではないでしょうか?

あとは海外ツーリングのツアーに参加するか、現地のレンタルバイクを手配すれば、夢の海外ツーリングが現実のものとなります!

ラッキー!?普通二輪免許で大型バイクに乗れる?

これはご存知の方も多いと思いますが、日本のようにバイクの免許が排気量によって「普通二輪・大型二輪」と分かれている国はほとんどなく「二輪免許」と一括りなのが一般的です。

つまり、仮に日本の免許が普通二輪だったとしても、国際免許上では排気量の区分が撤廃されるので「海外では普通二輪免許で大型バイクに乗ることができます(一部例外あり)」

ただし、ただでさえ不慣れな海外で、いきなり大型バイクを運転する行為はリスクが伴いますので、あくまで自分の力量に合ったマシンを手配するのがベストです。

初めての海外ツーリングはオーストラリアがおすすめ

国際免許の取得が思った以上に簡単だと分かったところで、最後に初めての海外ツーリングにおすすめの国を紹介します。

それは、かわいいカンガルーとコアラに会える、南半球の巨大な大陸国家「オーストラリア」です!

オーストラリアの道路は日本と同じ「左側通行」なので運転の混乱が少なく、世界屈指の移民国家なので英語が喋れないことに対して寛大で(優しくサポートしてくれます)、現地の「バイクメーカー」はないですが「バイクショップ」は普通にあるので不意のマシントラブルにも対応できます。

僕は自分のバイクを輸送してツーリングをしましたが、今は日本国内で手配できるツアーやレンタルバイクが充実しているので、オーストラリアツーリング決行のハードルは確実に下がっています。

ちなみに現地で絶対に行って欲しい場所は「エアーズロック」です!

とりあえず国際免許を取得してみては?

憧れの海外ツーリングに行きたいけど、色々と不安があるし、今はまだその時期ではない、、、と思っているなら、とりあえず国際免許を取得してみてはいかがでしょうか?

ちょっとの労力とお小遣い程度のお金を消費するだけなので、単に取得して海外ツーリングへの思いを馳せる、、、だけでも僕は大いに価値があると思います!

やりたいことがあるなら、まずは何か行動することが1番の近道です。

 

amazon
人気商品ランキング
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    さすライダー

    バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り「さすライダー」です。 2019年に大好きな北海道へと移住して、夏も冬もバイクライフをエンジョイしています。 好きな言葉は「自由」嫌いな言葉は「集団行動と就職」

    -お役立ち, 知識
    -, , ,

    © 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5