アイテム カスタム 整備

バイクのウインカーカスタムの注意点とおすすめ商品

バイクのウインカーカスタムを自分でやってみようと思う方も多くいるのではないでしょうか?比較的簡単な作業で交換することは可能ですが、いくつか注意点もあります。

ここでは、ウインカーの交換の際の「注意点」「ウインカーの選び方」を説明するとともに、おすすめ商品を紹介していきます。

交換の際の注意点を知り、自分の手でウインカーカスタムしてみましょう。

ウインカーカスタムとは

引用:Unsplash

ノーマルのウインカーを好みのウインカーに交換します。電気配線の作業が必要になりますが、基本的には、外した配線のところに新しい配線を繋ぐだけですので、比較的には簡単な作業なので自分で交換することが可能です。

ウインカーの選定・交換作業をする際には以下の点に注意してください。

ウインカーカスタムの注意点

ウインカーカスタムをする際には、以下のような注意点に気を付けて購入・取付けを行って下さい。

ウインカーの保安基準

以下の条件を満たしていることが必要です。

• 光源のワット数は10W以上60W以下(2005年以前のバイクは60W以下で下限無し)
• 照明部の面積は7㎠以上
• 灯火の色は橙色(カバーがオレンジ or クリアカバーやスモークカバーの場合は電球がオレンジ)
• レンズの破損や著しい汚れがないこと
• 毎分60~120回の一定周期で点滅すること
• フロント部は最内縁が240mm以上離れていること
• リア部は発光面の中心が150mm以上離れていること
• 地上2.3m以下の位置で、バイクの中心面に対して左右対称に付いていること
• ウインカーの内側方向20°外側方向80°の範囲のどこからでも視認できること

詳細は国土交通省の道路運送車両の保安基準の第41条の方向指示器に記載がありますので、ご確認下さい。

※Eマーク付きウインカーは、国連欧州経済委員会基準規格(ECE規格)に適合したことを証明するマークで、パーツ自体は保安基準に適合しているとみなされます。
取付け箇所の条件は、上記保安基準に準じます。

※シーケンシャルウインカーの注意点
• 内側から外側に点灯していくこと
• 一定のリズム(速度)で流れること
• 点滅周期は毎分60~120回
• 最後のLEDが消えるまで、他のLEDが消えないこと

ウインカーの選び方

基本的には、自分の好みで選択して大丈夫です。
以下のことを参考にして、選択してみて下さい。

• 上記のウインカーの保安基準を満たしているもの(必須)
• ノーマルのウインカーが現状どのように車両に取り付けられているかを確認し、そこに適合するものを選択
• 現状のウインカーステーに適合していない&ウインカーの設置箇所を変更したい場合はウインカーステーの事まで考えて、ウインカーを選択
• ハロゲン電球とLEDのものがあるので、どちらかを選択し、現状がハロゲン電球からLEDに変更する場合は、リレー交換も同時に行うこと(ハイフラッシャー防止)

作業時に気を付けること

以下のことに注意して作業を行ってください。

• ウインカー交換作業する際に、バッテリーのマイナス端子を外します(ショートさせた時の安全対策ですが、ウインカー交換ぐらいなら外さなくても作業可能です)
• 電気配線はデリケートな箇所ですので丁寧に取り扱うこと(断線に注意)
• ウインカーは左右がありますので、左右を間違えないように注意してください
• 取付け後に点灯・作動確認を必ず行ってください

ウインカーおすすめ商品

HAMILO ヨーロピアンウインカー

引用:Amaozon

定番のアンティーク調の円筒型ヨーロピアンウインカーです。
ケースはアルミ合金製のしっかりとした作りで、レトロな雰囲気のスモールウインカーです。

参考価格:¥3,880

TaJiMy 旧車風ウインカー

引用:Amazon

形状はGS400タイプのスモールウインカーです。
旧車タイプのウインカーで、純正品より小ぶりなサイズになっています。
ボディは「黒」「シルバー」の2種、カバーは「オレンジ」「クリア」の2種、4つのバリエーションからお好みでお選びください。

参考価格:¥1,980

マローサム 弾丸型ウインカー

引用:Amazon

砲弾型のブレットウインカーです。
重量感のあるスチールボディで、アメリカンからレトロなバイクまでお好みに合わせて装着可能です。
こちらはカバーは「クリア」、ボディが「黒」「シルバー」の2種から選択できます。

参考価格:¥4,690

SPHERE LIGHT(スフィアライト) LEDシーケンシャルウインカー

引用:Amazon

車検対応のEマーク付きのシーケンシャルウインカーです。
「スモーク」と「クリア」の2種類がラインアップされていますので、お好みのものを選択してください。

参考価格:¥8,988

SPHERE LIGHT(スフィアライト) LEDウインカー キャットシグナル

引用:Amazon

超小型のウインカーですが、車検対応のEマーク付きになります。
ウインカーは小型の方が良いという方におすすめです。
ボディは「黒」「シルバー」の2種から選択できます。

参考価格:¥8,844

Leiasnow(レイアスノウ) LED 砲弾型ウインカー

引用:Amazon

砲弾型のLEDウインカーです。
レトロな雰囲気を残しつつ、LED化したい方におすすめです。ボディは「黒」「シルバー」の2種がラインアップされています。

参考価格:¥3,850

POSH(ポッシュ) ワイドワットウインカーリレー 3線式

引用:Amazon

LEDウインカー / 電球ウインカー両対応の3線式のウインカーリレーです。
ウインカーを電球仕様からLEDに変更する際に必要なリレーです。車種に対応するものを選択してください。

参考価格:¥3,307

ポッシュフェイス(POSH FAITH)
¥3,129 (2022/09/24 07:41時点 | Amazon調べ)

POSH(ポッシュ) ワイドワットウインカーリレー 2線式 + アース

引用:Amazon

LEDウインカー / 電球ウインカー両対応の2線式 + アースのウインカーリレーです。
ウインカーを電球仕様からLEDに変更する際に必要なリレーです。車種に対応するものを選択してください。

参考価格:¥3,307

ポッシュフェイス(POSH FAITH)
¥3,129 (2022/09/24 07:41時点 | Amazon調べ)

YOKELLMUX ウインカーリレー

 

引用:Amazon

ウインカーを電球仕様からLEDに変更する際に必要なウインカーリレーです。車種に対応するものを選択してください。

2個SETでお得です。(1個は予備に)

参考価格:¥990

J-base ウインカーステー

引用:Amazon

ウインカー交換の際に使用するウインカーステーです。必要に応じて購入してください。

参考価格:¥920

RICISUNG ウインカーステー

引用:Amazon

ウインカー交換の際に使用するウインカーステーです。必要に応じて購入してください。

参考価格:¥599

まとめ

「バイクのウインカーカスタムの注意点とおすすめ商品」という事で紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ウインカーの交換は、単価も安く、作業も自分で比較的に簡単にできるのでおすすめです。しかし、方向指示器が機能していなければ重大な事故に繋がりかねません。自分で交換した際には、必ず動作確認をしっかり行ってください。

不安な方や、やってみたけどよくわからないという方は、専門の業者さんにお願いするのもひとつの手段ですので検討してみて下さい。

自分好みにバイクをカスタムしていくことも、バイク乗りの楽しみのひとつです。まずは、ウインカーの交換に挑戦してみてはいかがでしょうか?

この記事が、ウインカー選び&交換の手助けのひとつになったのであれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

バイクのカスタムについて詳しく知りたい方はこちらもぜひ参考にしてみてください↓

amazon
人気商品ランキング
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    呉東和虎(Kazu_Ghost)

    バイク大好きで30年近く乗っています。 バイクのメンテナンス・カスタムは、ほぼ自分ですべてやります。 愛知県在住でツーリングも大好きです。 ◇バイク保有経歴
 ゼファー400(マフラーはモリワキのワンピース搭載) ⇒ボルティ(カフェレーサーフルカスタム) ⇒Roiyal Enfield Bullet350 ⇒エストレヤ(カフェレーサー・CRキャブ搭載) ⇒GN125H(カフェレーサカスタム進行中・現在所有) 読者のみなさんが【楽しめる記事・役に立つ記事】をお届けします。 よろしくお願いします。

    -アイテム, カスタム, 整備
    -, , , ,

    © 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5