アイテム まとめ

冬でも快適にライディング!ハンドル回りの防寒グッズを活用しよう

冬のライディングで最も早く冷えを感じる箇所は、ズバリ「手」ではないでしょうか?

たとえ冬用グローブを装着していても、徐々に手がかじかんできて、最終的には痛みを感じたり、感覚が無くなってしまう場合もあります。

できれば冬も楽しくバイクに乗りたいところですが、これでは運転に支障が出る可能性があり、安心して乗ることができません。

なので、冬は冬用グローブに加えて「ハンドル周りの防寒グッズ」を活用することをおすすめします!

手に直接走行風を当てないことが大切!

手の防寒対策で最も大切なことは「とにかく直接走行風を当てないこと」です!

何故ならどんなに手を温めても、冬の凍てつく走行風が手に当たり続けると、結局は冷えてしまうからです。

なので、まずは手に直接走行風が当たらない状態を確保した上で、更に他の防寒対策を施すのがベストです。

見た目はイマイチだけど効果抜群:ハンドルカバー

バイクのハンドルに汎用のカバーを被せて、手をその中に入れて運転すると走行風が当たらない、、、これが「ハンドルカバー」です。

恐らく最もコスパが良く、しかし効果は抜群の「手に直接走行風を当てないアイテム」の代表です!

取り付け後の見た目がイマイチであること、若干操作性が犠牲になることがデメリットですが、車種を選ばず手軽に導入できる優等生であることに間違いありません。

おすすめ:ラフアンドロード HOTハンドウォーマー

排気量や車両タイプを問わず、幅広い車種に取り付け可能なラフアンドロードの汎用ハンドルカバーが「HOTハンドウォーマー」です。

全6色のカラーバリエーションがあるので、愛車のカラーに合わせてコーディネイトすることができます。

また、裏地に防水フィルムが採用されているので、単に雨よけハンドルカバーとしても使うことも可能です(簡易防水)

見た目を損なわず防風性が高い:ナックル(ハンド)ガード

ハンドルに直接取り付ける「ナックル(ハンド)ガード」は、バイクの見た目を損なわず高い防風性を発揮するアイテムです。

仮に汎用品でも全ての車種に取り付けられる訳ではなく、取り付けの手間もかかりますが、スマートに防風効果を得たいライダーにはおすすめの方法です。

ただし、単にドレスアップ目的のものや、オフロードでの堅牢性をアップさせる目的のものもあるので、きちんと防風効果が得られるものを選ぶ必要があります!

おすすめ:ワールドウォーク 汎用ナックルガード WS-07N

どんな車両にもマッチする、クリアカラーで質感の高いワールドウォークの汎用ナックルガードが「WS-07N」です。

コンパクトながら十分な防風効果があり、ライダーの手を凍てつく走行風からしっかりとガードしてくれます。

また、取り付けに必要なものは全てパッケージに含まれているので、購入後すぐに取り付けることができます!

ワールドウォーク(World-walk)
¥8,569 (2022/09/17 19:58時点 | Amazon調べ)

手を温める冬の定番アイテム:グリップヒーター

左右のハンドルグリップを電気的に温める「グリップヒーター」は、冬の定番アイテムのひとつです。

前提としてハンドルカバーやナックルガードを装着していれば、走行風が当たらないので効果的に手を温めることができます。

特にハンドルカバーとグリップヒーターの組み合わせは、通称「コタツ」と称されるほど効果抜群です!

グリップ交換タイプ

グリップヒーターで最も一般的な仕様が、グリップごと交換する「グリップ交換タイプ」です。

純正のグリップを外して取り付ける必要があるので、作業の手間と時間はかかりますが、グリップ自体が発熱するので暖かく快適です!

なお、取り付けには配線処理も必要になってくるので、苦手な場合はショップに頼みましょう。

おすすめ:デイトナ ホットグリップ ヘビーデューティー ビルトイン4Sn

グリップ自体にスイッチが付いているので、ハンドル周りをすっきりと保てるデイトナのグリップヒーターが「ホットグリップ ヘビーデューティー ビルトイン4Sn」です。

暖かさを4段階に設定できるので、冬はもちろん春先や秋の気温が低い時にも活用できます!

また、グリップ径が他の製品よりも純正サイズに近く、運転操作に違和感がないことも特徴です。

巻きつけタイプ

純正のグリップにヒーターパネルを巻きつけるだけの「巻きつけタイプ」は、気軽に導入できるグリップヒーターとして最近人気が高まっています。

さすがに暖かさはグリップ交換タイプよりは劣りますが、他のマシンに付け替えできるというメリットがあります!

中にはモバイルバッテリーから電源を取れるものもあるので、取り付けの手間と時間を大幅に減らすことができます。

おすすめ:デイトナ ホットグリップ 巻きタイプイージー USB

巻きつけタイプのグリップヒーターながら、十分な暖かさを確保しているデイトナの製品が「ホットグリップ 巻きタイプイージー USB」です。

電源がUSB端子になっているので、モバイルバッテリーや車両のUSBポートがあれば、差し込むだけですぐに使うことができます。

グリップヒーターを導入したいけど、取り付けの手間で躊躇しているライダーにおすすめです。

手を冷やさず冬でも快適なライディングを!

冬用グローブに加えて、ハンドル周りの防寒グッズも導入すれば、手を冷やさず冬でも快適なライディングを楽しむことができます!

まずは手っ取り早く導入できる「ハンドルカバー+巻きつけタイプのグリップヒーター」で、コタツ状態を作ると幸せになれるかもしれません。

 

冬の防寒対策はぜひ下記の記事も参考にしてみてください!↓

amazon
人気商品ランキング
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    さすライダー

    バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り「さすライダー」です。 2019年に大好きな北海道へと移住して、夏も冬もバイクライフをエンジョイしています。 好きな言葉は「自由」嫌いな言葉は「集団行動と就職」

    -アイテム, まとめ
    -, , ,

    © 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5