バイクニュース

ドッペルギャンガーからオートバイ専用の簡易ガレージが発売!

バイク用品ブランドの「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」は、2022年1月27日にオートバイ専用簡易ガレージ「バイクガレージ2450 ブロック  DCC625-GY」を発売しました。

バイクガレージとは、DOPPELGANGERが展開するオートバイ専用の簡易ガレージです。

スチールパイプのフレームに耐久性のある生地をかぶせて、直射日光、雨、埃から愛車を護ります。

通常は専用の大型ペグで固定する仕様ですが、「バイクガレージ2450 ブロック DCC625-GY」は、舗装面での使用を鑑みてコンクリートブロックのサイズに合わせて設計されています。

市販のブロックがそのまま使える「フレームサイズ」

貸駐車場等では舗装面に穴を開けるのが難しい場合があるため、「コンクリートブロックを土台兼、錘として利用すること」を考えて開発されました。

※市販の境界ブロック(W10✕ L60✕ H10cm)を並べたときに、フレームの土台部分が乗るように設計されています。
※ブロックやアンカーボルト等ブロックへ固定するための金具は付属しておりません。

安心の空間を提供する「蚊除けネット」

前後ドアとは独立して開閉ができる「蚊除けネット」が装備されています。そのため、蚊を防ぎ、バイク整備等に集中できる空間作りが実現しました。圧倒的な開放感と通気性、直射日光を和らげるシェード効果もあります。

結露対策が可能な「上下ベンチレーション」

常時開放できるひさし付きのベンチレーション(換気口)が前後のドアの上に配置されているため、換気効率が向上し、ガレージ内の結露を抑え収納物へのダメージを軽減することができます。

※下部ベンチレーション

※排気イメージ

難燃性基準「CPAI-84」クリア

ガレージカバーはアメリカの難燃性基準「CPAI-84」をクリアする難燃性素材を採用されています。生地に火がついても自己消化し、燃え広がりを防止します。

日本の駐車枠に適した「ガレージサイズ」

普通自動車とほぼ同等の幅(1720mm)があり、バイク2台の並列駐輪もできます。また、奥行きは大型バイクでも余裕の2450mmです。

日本の一般的な駐車枠ならどこへでも設置可能なサイズでもあります。

※トップケース装着時に全長2450mmを越える一部の車種は入りません。

主要諸元

【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】バイクガレージ2450ブロック
【カラー】グレー
【型番】DCC625-GY
【JAN】4580742231758
【サイズ】W172×L(D)245×H188cm(ガレージ本体)
【材質】生地:ポリエステル、フレーム:スチール
【製品ページ】https://www.doppelganger.jp/product/dcc625-gy/

リリース:ビーズ株式会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-バイクニュース
-, , ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5