バイクニュース

「CB400R」と「400X」が足回りなどをマイナーチェンジ

Hondaは、軽量コンパクトな水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒・399ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「CBR400R」とクロスオーバーモデル「400X」の仕様を一部変更し、Honda Dreamより2022年1月17日(月)に発売します。

CB400R

400X

今回、両モデルともに上質な運動性能を獲得するため、路面追従性に優れ、上質な乗り心地を提供するSHOWA(日立Astemo株式会社)製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を採用しました。

また、フロントブレーキをダブルディスクとすることで、制動時の安心感をより高めました。

さらに、スイングアームの剛性最適化やフロントホイールの軽量化を図るなど、前後の分担荷重を最適化し、前輪の接地感と旋回性に寄与しています。

CB400Rの他の主な特徴

CBR400Rは、フロントブレーキにラジアルマウントキャリパーを採用。

また、ホイールデザインを一新し、軽量化することでバネ下荷重を低減。軽快なハンドリングに寄与しています。

車体色は、力強く情熱的な「グランプリレッド」、精悍で上質感のある「マットバリスティックブラックメタリック」、モダンで落ち着いた印象の「マットジーンズブルーメタリック」の3色を設定しています。

グランプリレッド

マットバリスティックブラックメタリック

マットジーンズブルーメタリック

メーカー希望小売価格は841,500円(税込み)です。

400Xの他の主な特徴

400Xは、ヘッドライトの光量を上げるとともに発光パターンを変更することで、配光を最適化し、視認性と被視認性に貢献。

また、ウインカーにポジションランプ機能を採用することで、被視認性に寄与しています。

車体色は、艶やかで爽やかな印象の「パールグレアホワイト」とソリッドでクロスオーバースタイルを際立たせる「マットバリスティックブラックメタリック」の2色の設定としています。

パールグレアホワイト

マットバリスティックブラックメタリック

メーカー希望小売価格は858,000円(税込み)です。

主要諸元

通称名 CBR400R 400X
車名・型式 ホンダ・8BL-NC56
全長(mm) 2,080 2,140
全幅(mm) 760 830
全高(mm) 1,145 1,380
軸距(mm) 1,410 1,435
最低地上高(mm)★ 130 150
シート高(mm)★ 785 800
車両重量(kg) 192 199
乗車定員(人) 2
燃料消費率※1(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※2(km/h)
41.0(60)<2名乗車時>
WMTCモード値★
(クラス)※3
27.9(クラス3-2)<1名乗車時>
最小回転半径(m) 2.9 2.5
エンジン型式 NC56E
エンジン種類 水冷4ストロークDOHC 4バルブ直列2気筒
総排気量(cm3) 399
内径×行程(mm) 67.0×56.6
圧縮比★ 11.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 34[46]/9,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 38[3.9]/7,500
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式★ セルフ式
点火装置形式★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 17
クラッチ形式★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 3.285
2 速 2.105
3 速 1.600
4 速 1.300
5 速 1.150
6 速 1.043
減速比(1次★/2次) 2.029/3.000
キャスター角(度)★ 25°30´ 27°30´
トレール量(mm)★ 102 108
タイヤ 120/70R17M/C 58W 110/80R19M/C 59H
160/60R17M/C 69W 160/60R17M/C 69H
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド

■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)

■製造事業者/本田技研工業株式会

※1燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※2定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※3WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

 

リリース:株式会社ホンダモーターサイクルジャパン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-バイクニュース
-, , ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5