バイクニュース

ヤマハがスーパースポーツモデル「YZF-R7」を欧米で発売!

ヤマハ発動機株式会社が、「クロスプレーンコンセプト」に基づき開発した689㎤エンジンを軽量フレームに搭載したスーパースポーツの新製品「YZF-R7」を欧米で発売します。

日本での発売は2021年の冬以降を予定しています。

「YZF-R7」は、「Fun Master of Super Sport」をコンセプトに開発されました。幅広いライダーからスポーツモデルとして支持を得ている「MT-07」の基本コンポーネントをもとに、最新スーパースポーツのスタイルとスポーティなハンドリングを調和させ、幅広い技量のライダーが“扱いきれるスーパースポーツ”を目指したモデルです。

ベースとなったMT-07からの主な変更点は、以下の通り多岐にわたります。

 

・エンジンの2次レシオを変更・最適化。アシスト&スリッパークラッチの採用。

※「A&S」「アシスト&スリッパー」は株式会社エフ・シー・シーの登録商標

・フレームもMT-07をベースに、アルミ製のセンターブレースをリジッドマウントするなどでピポット周りのねじり剛性の向上、各部剛性バランスをチューニングしています。

・サスペンションはフロントに新設計の倒立式フォークを採用、リヤも専用ショックユニットの採用とリンクの調整。

・セパレートハンドルの採用とシートの変更などで、スポーティーなライディングポジションに設定。

・YZF-RシリーズのDNAを継承するスタイリング。ヘッドライトはM字ダクトの中に設置。

・ブレーキにラジアルポンプマスターシリンダーとラジアルマウントキャリパーを採用。

・オプションでクイック・シフト・システムを装備可能

 

 

市街地、高速道路、ワインディング路からサーキットでのスポーツ走行など様々なシーンで、クールで楽しい走りを楽しめます。

 

 

ディープパープリッシュブルーメタリック

 

ヤマハブラック

米国仕様「YZF-R7」主要仕様諸元
全長×全幅×全高 2,070mm×705mm×1,160mm
シート高 835mm
軸間距離 1,395mm
車両重量 188kg
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 直列2気筒
総排気量 689㎤
内径×行程 80.0mm×68.6mm
圧縮比 11.5:1
最高出力 N/A
最大トルク 67.0N・m(6.8kgf・m)/6,500rpm
始動方式 セルフ式
燃料タンク容量 13L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
タイヤサイズ(前/後) 前:120/70ZR17M/C(28W)、後:180/55ZR17M/C(73W) (前後チューブレス)

*この諸元表は米国仕様のものです

リリース:ヤマハ発動機株式会社

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-バイクニュース
-,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5