アイテム まとめ

コスパ最高!LEXINのおすすめインカム3選

走行中にナビの音声案内を聞いたり、お気に入りの音楽を聴いたり、そして仲間と会話しながらツーリングするならインカムは必需品です。

もはやインカムを導入していないライダーの方が少数派で、バイク用品店に行けば目立つ場所にインカムが陳列されています。

しかし、人気アイテムなので性能がどんどん上がってきている反面、気軽に購入できる価格では無くなってきています、、、だからと言って「格安中華品」に手を出すのはちょっと怖いし、、、でも、そんな時は通販で大人気の中華インカム「LEXIN(レシン)」を選んでおけば間違いありません!

中華インカムメーカーの「LEXIN」とは?

Amazonで「バイク用インカム」と検索すると、B+COMやSENAなどのメジャー商品と共に、格安中華インカムが大挙して出てきます。

これって本当に大丈夫なの?という価格帯のものから、意外とお高いものまで実にピンキリですが、やはり「当たり外れ」があるというのが一般的な認識です、、、が!中華でも「とあるメーカー」のインカムだけは高評価が目立つことに気付くはずです。

そのとあるメーカーこそ今回の主役「LEXIN」で、カーオーディオシステムのOEM製造から始まり、2015年から本格的にインカムの販売を始めた中華メーカーです。

主な販路をネット通販とすることで販売コストを下げ、無駄な機能を省きコスパに優れたインカムを作るメーカーとして、特にアメリカで絶大な人気を誇っています!

日本でも既にAmazonを中心に大人気のメーカーとなっており、最近ではバイク用品店で同社のインカムを取り扱うケースも増えています。

LEXINのおすすめインカム3選

多機能かつ高性能なインカムが欲しいライダーは、素直にB+COMやSENA、MIDLANDを選ぶことをおすすめしますが、コスパを重視するならLEXINで決まりです!

ということで、ここからはLEXINのインカムの中で特におすすめの商品を3つ紹介していきます。

エントリーモデル:ET COM

LEXINのインカムの中で最もリーズナブルなエントリーモデルが「ET COM」です。

実売7,000円台という驚異的な安さを誇りますが、これが使ってみると必要十分以上の性能に驚かされます!

丸2日は余裕で持つバッテリー、1,200mと十分な最大通話可能距離、大雨でも平気のIP67の防水性能、FMラジオにノイズキャンセリングと上位機種に勝るとも劣らない性能を秘めています。

実は現在これを使って1半年くらいになりますが、多少の風切り音は拾いますが、この価格なら納得の音質と驚異的なバッテリーの持ちが気に入っています!

また、ヘルメットや愛車のカラーリングに応じて、インカムのカラーパネルを交換できるという遊び心も非常に気に入っています(愛車の色に合わせて赤にしてます)

ミドルクラス:LX-B4FM

Amazonのバイク用インカム部門でベストセラーに輝いたこともある、LEXINのミドルクラスにして主力商品が「LX-B4FM」です。

1万円を切るインカムとしては最高峰の性能を秘めており、特に音質の良さと防水性能の高さに定評があります。

ET COMの前はこれを2年ほど使っていましたが、豪雨の中で使用しても全く問題ありませんでした!

また、仲間同士のインカムとの安定した接続を保つために「Bluetooth5.0」を搭載しており、最大通話可能距離も1,500mを実現しています。

グローブをはめたままでも操作しやすい大きめのボタンを搭載しており、走行中の操作もストレスを感じることがありませんでした(極力停車中に操作しましょう)

ハイエンドモデル: LX-FT4pro

LEXINが誇るハイエンドモデルのインカムが「LX-FT4pro」です。

ハイエンドモデルとはいっても、実売1万円半ばと十分コストパフォーマンスに優れいるので、特にメーカーに拘りがなければ賢い選択と言えます。

HiFi仕様の高性能スピーカーを搭載しており、仮に高速道路の100km巡行でも快適なインカム通話を楽しむことができます!

最大4人の同時接続、2,000mの最大通話可能距離、IP67の防水性能にイルミネーションカラー設定など、ハイエンドモデルに相応しい内容となっています。

使用目的が明確ならLEXINで決まり!

純粋に仲間とのインカム通話を楽しみたい、スマホの音声ナビを聞きたいなど、インカムの使用目的が明確な場合はLEXINをおすすめします!

確かに機能満載のインカムは応用が効きますが、その分コストが上がってしまいます。

何よりLEXINのインカムは「必要最低限」ではなく「必要十分」な性能を秘めているので、コスパに優れた「使えるインカム」を探しているライダーは是非チェックしてみて下さいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り「さすライダー」です。 2019年に大好きな北海道へと移住して、夏も冬もバイクライフをエンジョイしています。 好きな言葉は「自由」嫌いな言葉は「集団行動と就職」

-アイテム, まとめ
-, ,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5