https://www.daytona.co.jp/

お役立ち まとめ

【季節別】おすすめのバイク用レザーグローブ9選!

バイク乗りのみなさんは、レザーグローブを使ったことはありますか?
まだ使ったことがない方や、これから新調しようと思っている方の中には、どのレザーグローブがいいのか迷っている方がいると思います。

この記事では、オールシーズン、冬、夏の3パターンにわけて著者が厳選したおすすめのレザーグローブ9選を紹介します。

記事を読み終えると、自分に合ったレザーグローブが見つかるかもしれません!
それではいってみましょう!

縫製の違いとは?

突然ですがグローブによって縫製の仕方に違いがあることをご存知ですか?
それは”内縫い”と”外縫い”と呼ばれ、それぞれを簡単にまとめてみます。

内縫いとは?

引用元:https://www.daytona.co.jp/products/series-S11718-genre

内縫いとは、縫い代が”内側”にあるタイプのものをいいます。
こちらは装着時、手に縫い代が触れるので、最初は違和感を覚えると思います。
しかしその反面、縫い代が邪魔をしないので、高い操作性を実現することができますよ。

外縫いタイプと見比べても、すっきりとした印象がありますよね!
世に流通しているグローブはこのタイプが圧倒的に多い印象です。

外縫いとは?

引用元:https://www.daytona.co.jp/products/series-S11730-genre

一方外縫いとは、縫い代が”外側”にあるタイプのものをいいます。
装着時、手に縫い代が当たらないので違和感が少ない反面、外側の縫い代がレバーやスロットルに接触するといった弊害があり、慣れるまで違和感を感じるかもしれません。正直、縫製の違いは気にしなくて大丈夫です。ご自身が気になったグローブを手にいれましょう。

また内縫いと外縫いのハイブリッドなんてのもあります!それぞれの良さを生かすために、そのような作りになっているとか!詳しいことは調べてみてくださいね。

どんなサイズを選べばいいのか?

引用元:https://www.daytona.co.jp/

これはメーカーによって大きく異なります。
アドバイスをするなら指先に少し余裕をもたせたほうがいいですよ!
インナーグローブをする方はそれも考慮してくださいね。

さてこれから各メーカーのおすすめを紹介しますが、後悔しないためにもバイク用品店などに出向いて現物を試着することをおすすめします。

今回は各種バイク用品通販サイトでの人気ランキングを考慮しつつ、著者が気になったレザーグローブを調査、季節別にまとめました。

オールシーズン(春、秋)のおすすめ3選

デイトナ カウレザープロテクターグローブ

 

こちらはカウレザーと呼ばれる「牛革」で作られています。カウレザーの特徴は強度と耐久性に優れているほか、山羊革より厚みがあるところ。長く使っていると、レバー操作による穴開きに悩みを抱えている方はいませんか?そういった悩みを解消してくれるようなおすすめのグローブです。

デイトナ ゴートスキングローブ プロテクションタイプ

素材はゴートスキンと呼ばれる「山羊革」を使用。強度と耐久性はカウレザーと同等と言われており、しなやかで手に馴染みやすく、操作性も◎。シンプルなデザインでどんなバイクにも合わせられるオールラウンダー!しかも低価格なので、迷ったらこれを選んでおけば間違いないです。

アルパインスターズ SP-8 v3 レザーグローブ

ツーリングからサーキットまで幅広く使える万能タイプ!
ロングタイプで手首まですっぽり覆うことができ、安全性に優れ、また袖口からの風の浸入を防ぐことができます。欠点をいうならロングタイプのグローブは着脱に時間を要するところですね。

冬用のおすすめ3選

ファイブ WFX1 EVO WP

手首の上下2箇所に大小のマジックテープ、そして袖口調節用のジップが装備されており、高い防風性と装着感を実現したグローブ。また、高い保温性と撥水性を併せ持つプリマロフト素材を採用しています。

ウェビック 楽天市場店
¥16,615 (2022/10/12 00:25時点 | 楽天市場調べ)

RSタイチ RST441 ラプターレザーグローブ

レーシンググローブを思わせるスポーティなデザイン。
甲だけでなく、掌、手首にもカーボンプロテクターを採用し、手首周りの安全性を高めるミドルカフグローブです。また、関節部はシャーリング加工(ギャザー)をすることで、スムーズなレバー操作を実現します。

コミネ GK-819 カーボンプロテクトウインターグローブ

各種通販サイトでも高評価のウインターグローブ!
このグローブの特徴は、ハイポーラ素材という防水はしつつ、内部の湿度は逃がす生地を採用しているところ!また、防風性にも一役買っているとか。中綿が入っているのも嬉しいですよね。筆者がいま欲しい手袋です。

夏用のおすすめ3選

デイトナ HBG-053 スポーツメッシュグローブ

 

夏用フラッグシップモデルです。
このグローブの良さは甲全体にパンチングメッシュ加工が施されているので、通気性に優れ、蒸れなどの不快感が軽減されるところ!また手の平に装備された「パームスライダー」は、転倒時の衝撃を滑らせて逃がす効果があるとか。

ただ一方で、口コミには「親指や人差し指に余りが生じ、運転しづらい」との声も。
こればかりは個人差によるものと思われるので、購入検討をされている方は現物の試着をおすすめします。

デイトナ ゴートスキンパンチングメッシュグローブ プロテクションタイプ

このグローブは甲全体にパンチングメッシュ加工が施されているので、通気性に優れ、蒸れなどの不快感が軽減されます。またチラッと見えるワンポイントの”オレンジ”がおしゃれを演出!

オールシーズン仕様ですが、メッシュ加工がなされているので夏の使用をおすすめします。

コミネ GK-234 プロテクトレザーメッシュグローブ

このグローブのセールスポイントは何と言っても”エアインテーク付きナックルガード”が装備されているところ。この装備はハンドルを握る体勢になると、通気口が正面に向き、空気が取り込まれる仕様になっています。見た目にもインパクトがありますよね!また、走行中風が当たる指部分には通気性のいいメッシュ、甲から手首は、万が一に備えてレザーが採用されており、適材適所という言葉がぴったりな一品です。

サイズやカラーのラインナップが豊富なところも魅力的。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回厳選したすべてのグローブは私のおすすめです!
どれを選んでも後悔しないと思いますよ。
ただしつこいようですが、サイズはメーカーによりまちまちです。
通販で注文して、いざ装着してみると全然フィットしない…。
なんて事態は避けてほしいものです。なので実際に試着してみることをおすすめします。

この記事がみなさんのグローブ選びの参考になれば嬉しいです。
ありがとうございました。

amazon
人気商品ランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しょへ

徳島県出身、30歳のしょへと申します。 現在は会社員として働きながら、ライターとして活動しています。 初めて手に入れたバイクはホンダのリトルカブ。水曜どうでしょうに影響された1人です。 そこからモンキー50とCB400SBを乗り継ぎ、現在はグロムであちこちをツーリングしています! これまでの経験を活かして、みなさまにとって有益な情報を発信できればと思っています。よろしくお願いいたします!

-お役立ち, まとめ
-, ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5