アイテム まとめ 動画

日本一周したこつぶの野宿生活必需品、全部見せます!キャンプ道具編

みなさんこんにちは。1年半かけてバイクで日本一周の旅をしてきましたこつぶです。日本一周のような長期旅では当然、野宿スタイルがメイン。大きなリアシートにキャンプ道具一式を詰め込んで旅をしています。

そこで今回は、一体どんなキャンプギアを使っているのか、お教えしたいと思います。

また、実際に旅をしてみて買い替えたものとかも一緒にご紹介していきます。(こまごまとした生活用品はまた別の記事で。)

はい、何が出るかな~♪

 

野宿生活の基盤、テント&シュラフ

毎日使うものだからテントは個人的に使いやすいなと思うものをチョイス。そしてロングツーリングでの体力を回復するためには睡眠が大事!快眠のためには寝袋だけでなくマットや枕も重要な役割を果たします。

テント

DOD「ライダーズワンタッチテント」

ワンタッチなので毎日毎日テントを張る長期旅にはすごく役立ちます。グランドシートを広げて、本体はインナーテントとシートがあらかじめセットされているので、あとは折り畳まれたポールを広げてグランドシートにカチャっと嵌めたら、ポンッと傘のように広げるだけで設営完了です。自立式なのでペグが刺さらないような地面の固い場所でも使うことが出来ます。

マット

ハイランダー「インフレーターマット」

収納時のサイズが長めなのがネックなのですが、厚さ5cm、スウェード生地のモフモフちゃんなので、寝心地重視の私にはとってもいいですね♪インフレータブルなので、栓を開けると勝手にシューっと空気が入って膨らんでくれるので設置はとっても楽です!(最初はヘリ●ックスのコットも持っていたのですがこのマットだけで十分寝心地が良いです)

 

その後のアイテム変更

サーマレスト「Zライトソル」

最初は寝心地重視でHilander「インフレーターマット」を使っていましたが、だんだん体も野宿に慣れて地面でも寝られるようになってきたので今度は軽量化を図りたくなりサーマレスト「Zライトソル」に変更しました。撤収に時間がかからないのが良い点。多くの登山者が太鼓判を押す軽量ウレタンマット界では定番アイテムなので間違いありません!

サーマレスト「コンプレッシブルピロー」

ウレタン枕で、これは別に空気で入るとか圧縮しているようなものではないので、ただ広げてウレタンにパンパンパーンと空気を含ませるだけで終わりでーす!すごくふかふかで寝心地がいいですよ!

寝袋(冬の寝具)

ナンガ「オーロラライト 600 DX」

これは冬用モデルなので、かなりフカフカの厚手です。最初はモンベルの3シーズン用寝袋を使っていたのですが、冬に富士山の方でキャンプした時に氷点下になってしまい、凍えて眠れなかったので慌てて買い直しました。寒い時期の寝心地は最高です!

ダウンブランケット(夏の寝具)

モンベル「ダウンブランケット M」

これは同じ日本一周の旅人さんが教えてくれたブランケットです。西日本の夏は暑すぎてこれで十分、いざとなったらエマージェンシーシートを重ねます。そして冬になったらナンガの冬用寝袋に衣替え。

小さくたたまれているものをひろげるとMサイズなのに結構大きい!私は身長低いのでこのようにすっぽり収まります!

ダウン素材なのでいざ冷え込んでもあったかいですし、夏用の寝袋はこれでキマリです。だいぶこれのおかげで荷物の容量が減りました!超嬉しい!

■モンベル公式サイトはコチラ

 

せめて人間らしく、テーブル&椅子

ソロキャンでは基本テント内で食事をしたり天気がよければ外にシートを敷いて過ごしていましたが、旅で出会った人たちのキャンプの様子を見てやはりテーブルや椅子は必要かもと思うようになりました。

テーブル

キャプテンスタッグ「アルミロールテーブル」

これはソロキャンパーさん結構みんな使っていますよね。かなり安価で使い勝手も普通に良いので、これを買って損はないと思います。色は黒×赤が好きなのでブラックのモデルを選びました。ニダボちゃんカラーですね♪

 

⇒その後のアイテム変更

100均のプラスチックミニテーブル

テーブルはご飯を置くスペースがあれば十分と気づき軽量化のために買い替え。個人的に1人旅において机というのは平らな部分を作るためだけの役割で大きいものは要りませんでした。

椅子

Helinox「グラウンドチェア」

一人用の小さくてコンパクトな椅子といえばHelinoxが定番ですよね。座り心地も抜群です。通称“パチ●ックス”と呼ばれる商品もいっぱい販売されているのでそっちでもいいと思います。お好みで・・・。

 

あったかごはんの必需品、調理器具&その他

クッカーは料理するための鍋はもちろん、器としても使えて何かと便利です。そしてキャンプにおいて火はとても大事!バーナーや焚き火台も揃えました。安価なものを選ぶか高価なものを選ぶかはアナタ次第。

クッカー

アマゾンで検索したらたくさん安いセットが出てくるので適当に買ったアルミクッカーセットです。深型と浅型のもの2つあれば、ソロキャンには十分でしたね。今中見たら半年前の調味料が入っていた・・・見ないフリ・・・。

ガスバーナー

イワタニ「ジュニアコンパクトバーナー」に近い構造と形の中国製の安いガスバーナーを使っています。普通に使えるし不自由はなかったですね。無名の品に信用がないという方はイワタニのものをどうぞ。

焚き火台

uco「フラットパックグリル」

おしゃれな収納バッグに入っていてかなり薄い平べったいですよね。出してみると折り畳まれていて広げるだけで設置完了です。2~3人でも一緒に使えるぐらいの大きさなのに、とってもスリムに持ち運ぶことができて何より可愛いのでお気に入りです。でも結局今回は持っていきませんでした、1人じゃ焚き火しなかった・・・。

ランタン

以前は電池式のLEDランタンを使っていましたが、現在はソーラー充電の「キャリー・ザ・サン」を使用しています。登山者がみんなリュックにぶら下げていて、気になったので調べて買いました。1人テントなら十分の明るさがあってとてもコンパクトです。

小物入れ

中には何が入っているかと言うと、徹底的な虫対策グッズですね。蚊がいなくなるスプレー、強力蚊取り線香、ガスバーナー、ガスボンベ、着火剤、カトラリー、ミニちりとりなど細々したものを入れています。

まとめ

最初椅子などは持っていなくてお座敷スタイルでご飯を食べたりしていたのですが、旅の後半に旅人仲間といっぱい知り合ってキャンプをするようになったり、富士山周辺りのすごく良いキャンプ場に行った時に「ちゃんとキャンプらしいキャンプがしたいな」と思うようになって買い足しました。

逆にコットは途中でいらないなーと思って売りましたね。マットやテーブルなども軽量化を図るためにコンパクトなものへとアイテムを変更しました。とにかく慣れてくるとあらゆる道具をコンパクト軽量化、必要最低限にしたくなってきます。

旅をしていくうちに自分なりのスタイルがどんどん出てくるので、悩むぐらいだったらいっそ持って行かずに必要最低限の装備で出発してもいいと思います

ぜひ参考になさってくださいね!

 

生活用品編の記事はこちら↓

女子の悩み解決!こつぶ日本一周旅の荷物全部公開~生活用品編~

みなさんこんにちは。1年半かけてバイクで日本一周の旅をしてきましたこつぶです。 旅に出る前に何を持っていけばいいのか気になって色々調べたのですが、男性の方がまとめたブログとか動画はたくさん出てくるんで ...

続きを見る

積載方法について知りたい方はこちら↓

長期旅の必須装備!こつぶのバイク積載方法紹介編

みなさんこんにちは。1年半かけてバイクで日本一周の旅をしてきましたこつぶです。 バイク旅における最大の悩みは、車に比べて積載量が少ない点ではないでしょうか。 今回は、実際に長期旅を経験してきた私の積載 ...

続きを見る

 

※キャンプ道具紹介編はYouTube動画でアップしています!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こつぶ

バイク旅のYouTuberとして活動している、こつぶと申します。 2019年から愛車のCBR250RRで日本一周を開始し、一年半かけて達成しました。 現在はその体験記をYouTubeやSNSに投稿しています。 私の日本一周記を通して、全国のおすすめツーリングスポットや、 ぜひバイクで走って欲しい日本の絶景道、キャンプ地、そしてバイクで旅する楽しさを、 皆さんにお届けしていきます。

-アイテム, まとめ, 動画
-, ,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5