https://www.komine.ac/

アイテム ウェア まとめ

コスパ抜群!KOMINE(コミネ)のバイク用品6選!

バイクに乗るからには「バイク専用品」を身につけた方が良いに決まっていますが、結構良いお値段がするのが悩みどころですよね。

雨風に強い特殊な素材を使っていたり、ライダーを守るプロテクターを装備していたりと、バイク用品にはたくさんのこだわりが詰まっているので、どうしてもコストがかかってしまうのは分かってはいるけど、もっと気軽に購入できると嬉しい、、、というのは贅沢な悩みなのでしょうか?

いや、実はあるんですよね、専用品としてのクオリティをしっかりと維持しながら、コスパに優れたKOMINEのバイク用品が!

KOMINEのバイク用品の特徴

KOMINEはバイク用アパレルやプロテクター、ツーリングバッグや各種アクセサリーなどを販売している、日本の老舗総合バイク用品メーカーです。

特にプロテクターにおいては、警視庁より正式に「プロテクター普及推進隊」として任命されており、比較的安価なウエアにおいてもほぼプロテクターを標準装備していることが特徴です。

しかも、その多くが欧州の厳しい基準をクリアした「CE規格プロテクター」となっており、他社製品ではオプション扱いとなることが多い「胸部プロテクター」も標準装備しているケースが多く、プロテクション性能に非常に定評のあるメーカーとなっています。

そして何より、コストパフォーマンスに優れたアイテムが多く「専用品を揃えたいけど予算が、、、」というライダーの強い味方です!

カテゴリー別おすすめバイク用品6選

ここからはKOMINEのバイク用品の中から、主に夏〜秋に使えるコストパフォーマンスに優れたおすすめのアイテムを6個紹介していきます。

ジャケット:JK-112 Protect Half M- Parka-GENRI

スタイリッシュなパーカースタイルのハーフメッシュジャケットが「JK-112 Protect Half M- Parka-GENRI」です。

軽快で着心地の良い作りになっており、2万円を大幅に切る価格ながら「肩、肘、脊髄、胸部」のフルプロテクターを標準装備しています!

また、カラーバリエーションとレディースを含むサイズが豊富に用意されているので、女性ライダーにもおすすめできるジャケットです。

パンツ:PK-748 Cool Dry Cargo Pants

バイクを降りても違和感のない、カジュアルデザインの撥水性、通気性、伸縮性のあるカーゴパンツが「PK-748 Cool Dry Cargo Pants」です。

膝にはCE規格プロテクターを装備しており、カジュアルながらプロテクション性もしっかりと考慮されています。

他にもボタン付きのポケットやキーホルダーなどの各種ユーティリティも装備されていながら、1万円台前半という脅威のコスパを実現しています!

グローブ:GK-220 Protect M-Gloves

まるで包み込まれるような抜群のフィット感が魅力のメッシュグローブが「GK-220 Protect M-Gloves」です。

万が一の際にヒットしやすい手の甲にはラバーナックルガードが装備されており、見た目のハードな感じと相まって、メッシュながら高いプロテクション性能を秘めています。

また、グローブをはめたままでもスマートフォンが操作できる利便性の高さも備えています!

ブーツ:BK-067 Protect Sports Short Riding Boots

ハードなライディングにも対応可能な、防水仕様のショートブーツが「BK-067 Protect Sports Short Riding Boots」です。

ブーツの爪先・側面・くるぶしにそれぞれプラスチックスライダーを装備しており、安心してスポーツライディングを楽しむことができます。

このプロテクション性の高さと防水仕様、そしてスタイリッシュなデザインがなんと2万円を大幅に切る価格で実現されていることに驚きます!

レインウェア:RK-539 Breathter Rain Wear FIATO

KOMINE独自の防水透湿素材「ブレスター」を採用している、上下セットのレインウェアが「RK-539 Breathter Rain Wear FIATO」です。

ジャケットの背面にはベンチレーションが装備されているので、不快な蒸れを効果的に除去してくれます。

5色あるカラーバリエーションと豊富なサイズ展開で、男女問わず誰にでもおすすめできるレインウエアで、便利な収納ポーチも付属しています。

ツーリングバッグ:SA-241 Journey Seat Bag

1泊から1週間程度のツーリングに対応している、容量可変型のツーリングバッグが「SA-241 Journey Seat Bag」です。

バッグの両サイドにあるジッパーで、最大58Lまで容量を拡張することができます。

大量の荷物を入れても型崩れし難いワイヤーフレームと樹脂製フレームを採用しており、安定して愛車に積載することができます!

 

コスパが良いことは一つの性能!

1からバイク用品を全て揃えようと思ったら、最低10万円以上はかかるのが一般的な相場ですが、KOMINEならその半分程度の出費で手に入ります!

しかもプロテクション性が高くて、安心してバイクに乗ることができるとくれば、もはや「コスパが良いことは一つの性能」と言えるのではないでしょうか?

ということで、KOMINE製品が気になって仕方ないあなたは、今すぐチェックしてみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り「さすライダー」です。 2019年に大好きな北海道へと移住して、夏も冬もバイクライフをエンジョイしています。 好きな言葉は「自由」嫌いな言葉は「集団行動と就職」

-アイテム, ウェア, まとめ
-, ,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5