トピックス バイクニュース

【ホンダ】大型スポーツモデル「CB1000R」のカラーリング設定を変更し発売

Hondaは、軽量コンパクトを追求した車体に水冷・4ストローク・DOHC直列4気筒998cm3エンジンを搭載した「CB1000R」「CB1000R Black Edition」のカラーリング設定を変更し、Honda Dreamより2023年1月19日(木)に発売します。

「CB1000R」の特徴

CB1000Rは、スポーツバイクとしての普遍的な魅力である操る楽しさを実現するため、走りのパフォーマンスを最大化させるとともに、マスの集中化と軽量化により上質な走りを具現化したモデルです。スロットルグリップ操作に対してリニアに反応するスロットルバイワイヤシステムや、走行中にクラッチとスロットル操作なしでシフトチェンジが可能となるクイックシフターなどの電子制御技術を採用しています。

「CB1000R」「CB1000R Black Edition」の主な変更点

●CB1000Rは、「ボルドーレッドメタリック」のカラーリングを新たに採用

CB1000R(ボルドーレッドメタリック)

今回、CB1000Rのカラーリングに艶やかで上質感のある「ボルドーレッドメタリック」を新たに採用。ヘッドライトリム、トップブリッジ、ボトムブリッジ、ハンドルホルダー、シートレールのカラーをブラックに変更し車体各部をより引き締めた印象としています。

●CB1000R Black Editionは、燃料タンク上部に車名ロゴを配したグラフィックを新たに採用

CB1000R Black Edition(グラファイトブラック)

また、CB1000R Black Editionに採用している「グラファイトブラック」のカラーリングには、燃料タンク上部に車名ロゴを配したグラフィックを新たに採用。ブラックのカラーでまとめた車体にグラフィックのアクセントを施すことで精悍なイメージを追求しています。カラーバリエーションはシリーズ合計2色の設定です。

メーカー希望小売価格

●CB1000R 1,670,900円(消費税抜き本体価格 1,519,000円)
●CB1000R Black Edition 1,716,000円(消費税抜き本体価格 1,560,000円)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

主要諸元

通称名 CB1000R
車名・型式 ホンダ・8BL-SC80
全長×全幅×全高(mm) 2,120×790×1,090
軸距(mm) 1,455
最低地上高(mm)★ 135
シート高(mm)★ 830
車両重量(kg) 213【214】
乗車定員(人) 2
燃料消費率※1(km/L) 国土交通省届出値 定地燃費値※2(km/h) 23.0(60)<2名乗車時>
WMTCモード値★ (クラス)※3 17.2(クラス3-2)<1名乗車時>
最小回転半径(m) 3
エンジン型式・種類 SC80E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列4気筒
総排気量(cm3) 998
内径×行程(mm) 75.0×56.5
圧縮比★ 11.6
最高出力(kW[PS]/rpm) 107[145]/10,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 104[10.6]/8,250
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式★ セルフ式
点火装置形式★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 16
クラッチ形式★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 2.538
2 速 1.941
3 速 1.578
4 速 1.363
5 速 1.217
6 速 1.115
減速比(1次★/2次) 1.604/2.933
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 25°00´/100
タイヤ 120/70ZR17M/C(58W)
190/55ZR17M/C(75W)
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式(倒立サス)
スイングアーム式(プロアーム)
フレーム形式 ダイヤモンド

■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)  
■製造事業者/本田技研工業株式会社

※1燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※2定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※3WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

リリース:本田技研工業株式会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-トピックス, バイクニュース
-, , , , ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5