カスタム 知識

【人気のカスタム!】カフェレーサーの魅力とおすすめの車両まとめ

カフェレーサーというカスタムをご存知ですか?

名前を知らなかったという方も、見ればかっこいいと思った経験があるかもしれません。今日は人気のカフェレーサーカスタムの魅力とおすすめのカスタムベース車両をご紹介していきます。

この記事はこんな人に向けて書いています

  • カフェレーサーカッコよすぎでしょ!とにかくカフェレーサーに乗りたい!
  • カスタムには時間もお金もをかけたく無い!純正でカフェレーサーっぽい車両はないの?
  • バイクはカスタムしてこそでしょ!カスタムベース車両を教えてよ!

今まで興味がなかった(知らなかった)という方も、このカスタムを知ってしまったらきっと自分のバイクをカフェレーサー仕様にしたくなってしまうでしょう。

私も一時期カフェレーサーカスタムを試みたことがありました。

 

カフェレーサーとは

カフェレーサー(Cafe Racer)とはオートバイの改造思想、手法の一つである。イギリスロッカーズ達が行きつけのカフェで、自分のオートバイを自慢し、公道でレースをするために「速く、カッコ良く」との趣旨で改造したことに端を発するとされる。

由来

1960年代ロンドンカフェで唯一24時間営業だったエースカフェにはロッカーズと呼ばれる改造したオートバイに乗る若者達が毎夜のように集まっていた。

ロッカーズの間では店のジュークボックスにコインを入れて曲が始まると同時にスタートし、曲が終わるまでにカフェに戻ってくるという公道レースが流行していた。当初はレースに熱中するロッカーズらをカフェレーサーと呼んでいたが、次第に彼らのオートバイの改造スタイルを指すようになった。

特徴

改造スタイルとしてのカフェレーサーの特徴は、快適性や利便性を切り捨てて速度や旋回性能を追求し、外見は1960年代グランプリロードレース車両を模倣したものである。

ロッカーズはノートントライアンフBSAなど当時のイギリスでは一般的なネイキッドを改造していたことから、これらのメーカーや近いスタイルの車両がベースとして選ばれる。

マフラーは円筒状で後方へ水平に延びるタイプ、燃料タンクは細長く小さな物が用いられる。シートは車体後方寄りに配置された一人乗りの物が用いられ、シートの後方には丸い盛り上がりが付けられる。ハンドルバーには低くて幅が狭い、セパレートハンドル(clip-ons)やコンチネンタルハンドル(clubmans, ace bars))が用いられる。コンチネンタルハンドルは左右一体であるが1960年代当時の標準的なオートバイに比べると低く、やや前方にグリップが配置される形式のハンドルバーである。これらによって乗員は上体を伏せて乗車することができ、空気抵抗が少なく車体をコントロールしやすい姿勢で乗車できる。伏せた姿勢でも下肢が楽なように、ステップを後方に移動させたバックステップが付けられる場合や、1960年代のレース車両に用いられたカウルに見られる特徴を備えた形状のハーフカウル(日本ではロケットカウルやビキニカウルと呼ばれる)やフルカウルが取り付けられる場合もある。装飾的な部品や利便性のための装備などは撤去し車体も黒一色が主流であるが、ただし公道でも合法的に走行できるよう灯火類やスタンドは残されており、手間や費用がかかるエンジンや駆動系の改造はせず市販状態のままが多い。

日本では1970年代から1980年代にかけて流行し、日本のメーカーはブームに応じる形で類するデザインのモデルを次々と発表した。個人による改造も多く各社から外観をカフェレーサー風に変更できるオプションが販売されている。

引用元: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カフェレーサーカスタムの特徴まとめ

  • カスタムベース車両はネイキッド
  • マフラーは円筒状で後方へ水平ににまっすぐ伸びる
  • 燃料タンクは細長くて小さい
  • シートは1人乗り用で後方に丸い盛り上がりがある
  • ハンドルバーは低くて幅が狭いものを使う
  • 前傾姿勢になる
  • バックステップをつける人もいる
  • ロケットカウルやビキニカウルをつける人もいる

カフェレーサーがどのようなものか、イメージはつきましたか?それでは次項からカフェレーサーにぴったりの車両をご紹介していきます!

カフェレーサースタイルの純正車両

カスタムには時間もお金もかけられないから純正のままカフェレーサー仕様の車両はないの?

という方に向けてまずは流行りのカフェレーサーを純正モデルに取り入れたメーカーの車両をご紹介していきます。

トライアンフ🇬🇧|スラクストン RS

王道中の王道!本場イギリスからトライアンフの【スラクストンRS】です!

デザインはそのままに豪華な装備やスペックの向上によりモダンクラシックとして生まれ変わりました。実は乗り換え時の候補に上がった車両です。純粋にかっこいいですよね。

当時の予算に合わず断念しましたが、今独り身だったら買ってますね。

総排気量 1200 cc
最高出力 105 PS (77 kW) @ 7,500 rpm
最大トルク 112 Nm @ 4,250 rpm
シート高 810 mm
車両重量 217 kg
燃料タンク容量 14 L

車体は小ぶりで、女性の方でも十分に扱える車両だと思います。試乗した感じでは「私には少し小さいかな?」と感じました。

価格はフルノーマルで1,920,500円ですが、+257,356円で、カウル等のオプションがセットになった「トラックレーサーインスピレーションキット」を付けたいところです。好みの問題ですが、カウルがついてた方がカフェレーサーっぽくないですか?

トライアンフ公式サイトはこちら

モト・グッツィ🇮🇹|V7 III Racer 10th ANNIVERSARY

モト・グッツィは、1921年に設立されたイタリア最古のオートバイメーカーです。そして、『V7 III Racer 10th ANNIVERSARY』は2020年に最初のモデル『V7 Racer』が誕生してから10周年の記念にラインナップに加わりました。

総排気量 744 cc
最高出力 38 kW (52 HP) / 6,200 rpm
最大トルク 60 Nm/4,900 rpm
シート高 770 ㎜
車両重量 209 kg ※走行可能状態(燃料は90%搭載時)
燃料タンク容量 21 L

価格は1,375,000円です。排気量744ccということもあり、お手頃価格ですね。日本の道路状況では十分なパワーであるといえます。

アクセルを回す楽しさも味わえるいい車両ではないでしょうか。シート高も低めで小柄な方や女性でも両足が地面につく安心感のあるバイクです。

モト・グッツィ公式サイトはこちら

BMW🇩🇪|RnineT Racer(現在生産終了)

こちらの【RnineT Racer】は2017年に発売されて2019年7月に生産中止となってしまったバイクなのですが、個人的に気になっていたのでご紹介いたします。

総排気量 1169 cc
最高出力 110 PS / 7,750 rpm
最大トルク 116 Nm / 6,000 rpm
シート高 805 mm
車両重量 218 kg
燃料タンク容量 17 L

ハンドルが遠くてかなりポジションはキツイようです。メーカー希望小売価格(消費税8%込)は1,896,000円でした。2021年6月4日時点で、グーバイクに登録されている中古車は全国に5台で、車両価格は1,788,000円〜2,400,000円となっています。

グーバイク【RnineT Racer】検索結果はこちら

SUZUKI🇯🇵|SV650X

続いて日本車からスズキの【SV650X】です。このバイクは身近なバイクで、後輩が乗っています。詳しく紹介したことはないですが、私のYouTube動画にちょいちょい出演しているのでよかったら確認してみてください。

記事執筆中タイミングが合えば乗せてもらいたかったのですがあいにく梅雨時期なので断念しました。いつか試乗動画を撮らせてもらえればな、と画策中です。

総排気量 645 cc
最高出力 56 kW〈76.1PS〉 / 8,500 rpm
最大トルク 64 N・m〈6.5 kgf・m〉 / 8,100 rpm
シート高 790 mm
車両重量 197kg
燃料タンク容量 14 L

この車両は、一見すると250 ccにも見える大きさなので、足付きが良くて軽くて非常に乗りやすいバイクです。ミドルクラスの排気量なので日本の道路事情にマッチしていて街乗りでも非常に扱いやすいことでしょう。

価格は829,400円です。

スズキ公式サイトはこちら

カワサキ🇯🇵|W800 CAFE

この車両はカワサキの【W800 CAFE】です。Wシリーズのカフェレーサースタイルモデルで、クラシカルな見た目ながらアシストスリッパークラッチやETC2.0、グリップヒーターなどが標準で装備されています。

総排気量 773 cc
最高出力 38 kW(52 PS) / 6,500 rpm
最大トルク 62 N・m(6.3 kgf・m) / 4,800 rpm
シート高 790 mm
車両重量 223 kg
燃料タンク容量 15 L

価格は、1,133,000円です。

カワサキ公式サイトはこちら

カワサキ🇯🇵|Z900RS CAFE

高い人気を誇る【Z900RS】のカフェレーサースタイルモデルです。低中回転域のトルクを重視したセッティングで、パワーと扱いやすさが高次元でバランスしています。

総排気量 948 cc
最高出力 82 kW(111 PS) / 8,500 rpm
最大トルク 98 N・m(10.0 kgf・m) / 6,500 rpm
シート高 820 mm
車両重量 217 kg
燃料タンク容量 17 L

W800 CAFE よりも軽いんですね!排気量やパワーはこちらの方が大幅に高いので乗り味は全くの別物でしょう。

価格は1,386,000円です。

カワサキ公式サイトはこちら

カフェレーサーカスタムにおすすめの車両

「バイクはカスタムが楽しいんじゃないか!カスタムベース車両を教えてよ!」

そんなあなたにはカスタムベース車両としておすすめの車両を4種ご紹介します。

ヤマハ🇯🇵|SR400

 

SR400は、さまざまなカスタムが可能なカスタムベース車両の王道ですよね。画像検索すれな様々なカスタムが出てきますし、もちろんカフェレーサーカスタムも多くヒットします。

総排気量 399 cc
最高出力 18 kW(24 PS) / 6,500 r/min
最大トルク 28 N・m(2.9 kgf・m) / 3,000 r/min
シート高 790 mm
車両重量 175 kg
燃料タンク容量 12 L

43年のロングセラーモデルでしたが、2021年ついに廃盤が決定しました。現在販売されている車両はファイナルエディションということで最終モデルになります。

価格は通常のFinalEditionエディションが605,000円、Limited版が748,000円です。

ヤマハ公式サイトはこちら

ホンダ🇯🇵|CB1100

大人の落ち着きを感じるスタイリングの【CB1100】ですが、そのクラシカルな外観ゆえにカフェレーサーカスタムもよく似合います。

総排気量 1140 cc
最高出力 66 kW[90 PS] / 7,500 rpm
最大トルク 91 N・m[9.3 kgf・m] / 5,500rpm
シート高 785 mm
車両重量 256 kg
燃料タンク容量 17 L

価格はシリーズによって異な理、以下のようになっています。

  • CB1100 1,254,000円
  • CB1100RS 1,403,600円
  • CB1100EX 1,362,900円

ホンダ公式サイトはこちら

ホンダ🇯🇵|GB350

 

43年の歴史に幕を閉じようとしているヤマハのSR400と入れ替わるように2021年4月22日に発表されたのがこの【GB350】です。

総排気量 348 cc
最高出力 15 kW[20PS] / 5,500 rpm
最大トルク 29  N・m[3.0 kgf・m] / 3,000 rpm
シート高 800 mm
車両重量 180 kg
燃料タンク容量 15 L

シンプルな作りで、SR同様カスタムベース車両として最適なバイクです。単気筒エンジン特有の大きな振動を抑えるためにバランサーシャフトが内蔵されていたり、ABSやトルクコントロールまで装備されているにも関わらず価格はかなり抑えられています。

価格は通常盤の【GB350】が550,000円で、【GB350S】は594,000円です。

他の400ccクラスの車両と比べてダントツの安さです。価格面でのライバルは250ccクラスの車両と言えるでしょう。

ホンダ公式サイトはこちら

まとめ

今回は人気のカフェレーサーカスタムにぴったりな車両を9車種ご紹介してきました。

気になる車両は見つかりましたか?今回紹介した以外にもカフェレーサーカスタムが可能なバイクはたくさんあります。ぜひ販売店を巡ってイメージを膨らませてください。

純正でカフェレーサー仕様になっているモデルは、カスタム不要と考えればお買い得です。カスタム沼にハマると車両金額なんてカスタム費用があっという間に追い抜いてしまいますから。。。

でも、楽しいんですけどね。

皆さんも自分の思い描く最高の1台で楽しいバイクライフを送ってください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

PaPa-rider

バイクには、20歳の頃から乗っていて、ホーネット250・CBR1000RR・VRSCDX・XL1200X・FXDBと乗り継いできました。妻と娘の3人家族で、娘がまだ小さいため、なかなか毎週末バイクに乗るというようなことができません。そんな時、縁あってこちらで記事の執筆をさせていただけることになりました。読者の皆様の中には、私と同じような境遇の方々もいらっしゃると思います。そんな皆さんの楽しいバイクライフの一助になるように1記事1記事を丁寧に仕上げさせていただきます。よろしくお願いいたします。

-カスタム, 知識
-,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5