カスタム 整備

ブレーキカスタムはまず○○○からが安価&効果的

「止まる」というバイクの超重要な機能を司るブレーキ。命を預かり、走りを左右する重要なパーツだけにカスタムする効能が高いです。

とはいえ、ブレーキは、キャリパー、マスターシリンダー、ホースなど様々なパーツで構成され、どこから交換するのかわかりにくい。その辺も含めて解説していきましょう。

 

パッド:街乗りならレジン、性能重視ならメタル

まずブレーキカスタムの手始めにオススメしたいのが「ブレーキパッド」。ハードルが低く、おサイフにもやさしい上に効果が高いからです。

パッドの材質は、主に「レジン」(樹脂)系と「メタル」(金属)系があります。

レジン系(セミメタルとも)は、メタル系より効きがやや弱いものの、コントロール性に優れ、価格も控えめ。

メタル系(シンタード=焼結とも)は、摩擦係数が高く、制動力が強い。その一方で効力が一気に立ち上がるため、スポーツ走行向けです。ただし値段はお高めです。

今使っているパッドが減った段階で、交換と同時にカスタムするとよりコストを抑えられます。

デイトナのブレーキパッドは定番かつ様々な種類があり、自分が狙った性能のパッドが選べます。

ホース:膨張を抑え、手軽にカッチリした感触へ

「ブレーキホース」も手が出しやすく、効果があるブレーキカスタムです。

一般的にバイクの純正ブレーキホースはゴム製で、ブレーキフルードが通過する際、圧力でわずかに膨らみ、タッチが若干マイルドになります。

これをステンレスメッシュ製に交換すると、ホースの膨張を防ぎ、ダイレクトなブレーキタッチに変化します。

制動力そのものが上がるわけではありませんが、スポーティに走りたい人にオススメです。

メッシュホースは、チューブのまわりをステンレスメッシュで包み込み、ホースの膨張を防ぐ。1本1万円以下から購入可能。

キャリパー:制動力もフィーリングも変更できるザ・王道

そしてブレーキカスタムの王道が「キャリパー」です。

現在装着しているキャリパーよりパッドの面積が大きいタイプを選べば、制動力そのものを強化できます。

「4ポット」「2ポット」などのポットとは、ブレーキパッドを押すピストンの数を意味します。2ポットより4ポットの方がパッドを押す力が安定し、コントロール性に優れます。

 

高級なキャリパーは剛性が高いため、安定して高い制動力を発揮し、カッチリしたタッチを得られるのも特徴。

特にアルミブロックから削り出した1ピース構造のモノブロックは、一般的な2ピース構造のキャリパーよりブレーキング時のねじれが少なく、レースなどのスポーツ走行でダイレクトな効力を発揮してくれます。

低コストな純正キャリパーだと、オン/オフの2段階しかない操作感の場合もありますが、性能のいいキャリパーは、ブレーキのかけ始めからしっかり握り込んだ状態まで、その過程が何段階もあるカンジ。意のままに制動力をコントロールできるでしょう。

 

カスタムで人気があるのはイタリアンブランドのブレンボです。モトGPを筆頭にレースでの採用例が多く、信頼性は十分。安価なものから高性能タイプまで選べます。

ただし高級なキャリパーは値段もなかなか。ブレンボの場合、1ピース構造はアルミ鋳造製で10万円以上(左右セット)。アルミ削り出しは15万円以上は見ておきたいです(交換費用除く)。

キャリパーは意外と目立つ部分なので、性能向上のほかにドレスアップ効果もアリ。写真はブレンボの削り出しモノブロック(GP4-MS CNCモノブロックキャリパーキット P4 30 ニッケルコート)。最高峰モデルで価格は44万円也。

 

なおキャリパー交換の際は、自分の愛車に取り付けられるか、しっかり見極めるのが重要です。車種専用なら安心ですが、汎用タイプだと「取り付けピッチ84mm」などの表記があるハズ。これに適合した愛車用の「キャリパーサポート」を合わせて購入することで、様々な汎用キャリパーが装着できます。

その車種用のキャリパーサポートがあれば、「ラジアルマウント化」も可能。ラジアルマウントとは、キャリパーを固定するボルトをブレーキディスクと平行に配置した方式です。高性能なスーパースポーツに多く採用され、キャリパーのねじれが減るため、安定した制動力が発揮できます。

ただし、サポートとフロントフォークの固定部は一般的なサイドマウント(横からボルトを止める方式)のままなので、効果はさほど高くないと言えそうです(カッコイイのですが)。

写真のブレンボキャリパーとFフォークの間にあるのがキャリパーサポート。汎用キャリパーにカスタムする場合、まず愛車用のキャリパーサポートを探し、その取り付けピッチに合うキャリパーを探しましょう。

マスターシリンダー:自由自在な操縦性能をゲット

ブレーキのフィーリングを変えたいなら「マスターシリンダー」を交換しましょう。これは、レバーからの入力を油圧に変換し、キャリパーに送り込む装置(レバーの根本にある部品と言えばわかりやすいかも)。

ピストンが縦タイプの「ラジアルポンプ」は操作感がダイレクトで、これもオフ→オンまで途中の状態が何段階もあるフィーリングが得られるハズです。

マスターシリンダー。キャリパーを交換する際にコチラも一緒に変更すると、コストが省ける上に、一段と優れたタッチが得られます。

<まとめ>走りを変えたい人にオススメ。交換はプロにお任せ

キャリパーを交換すると、走りが大きく変わります。特に古いバイクは制動力が弱い場合も多いので、効果大。

なおブレーキは重要部品のため、分解整備や交換は、認証工場に任せましょう。命に関わるパーツなので、くれぐれも確実にお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

沼尾宏明

ふだんフリーランスとして、主にバイク雑誌の編集やライターをしている沼尾です。 1989年に2輪免許を取得し、いまだにバイクほどオモシロイ乗り物はないと思い続けています。フレッシュな執筆陣に交じって、いささか加齢臭が漂っておりますが、いい記事を書きたいと思っているので、ご容赦ください。趣味はユーラシア大陸横断や小説など。よろしくお願いします。

-カスタム, 整備
-, , , , , ,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5