ツーリング

日本2周ライダーが厳選!まるで海外のような絶景ロード5選

いつかは行ってみたい海外ツーリング!、、、だけど、実現するのは色々とハードルが高い。。。

だったらまずは「日本にある、まるで海外のような絶景ロード」を走ってみてはいかがでしょうか?

そして、走った後に「やっぱり海外に行きたい」と思うか「これで十分満たされた」と思うかは、全てあなた次第です。

ということで、海外ツーリング経験者の僕が「ココは99%海外」と言い切れる日本の絶景ロードを紹介します!

オロロンライン:北海道

ライダーの聖地こと北海道にある、海外に勝るとも劣らないスケールの絶景ロードが「オロロンライン」です。

道としては小樽から稚内へと続くシーサイドロードの総称ですが、ハイライトは天塩町から稚内までの約70kmの区間「道道106号線」です。

地平線が見える直線道路と海と草原が織りなす非日常感が凄まじく、特に巨大な風車が立ち並ぶ「オトンルイ風力発電所」は圧巻の一言です!

磐梯吾妻スカイライン:福島県

日本を代表する絶景ワインディングロードの「磐梯吾妻スカイライン」は、福島県にある全長29kmの山岳道路です。

ハイライトの浄土平の景色は、まるでアメリカやオーストラリアの荒野を走っているかのような感覚をライダーに与えてくれます。

しかも、走りごたえのあるコーナーが連続するので、運転も楽しく極上の体験ができます!

大山環状道路:鳥取県

古くから霊峰として信仰の対象となっている、中国地方の最高峰「大山」を貫く絶景ワインディングロードが「大山環状道路」です。

道としては「県道30・34・45・158号線」の総称で、総延長は64kmと走りごたえ十分です!

まるで海外のようなダイナミックな景色を眺めながら、愛車と鋭いコーナーを抜けるのが楽しく、特に紅葉シーズンがおすすめです。

日南フェニックスロード:宮崎県

まるでハワイのような雰囲気を味わえる、宮崎県の絶景シーサイドロードが「日南フェニックスロード」です。

文字通りフェニックス(ヤシの木)が立ち並ぶ開放感満点の道で、国道220・448号線、それから県道36号を走り繋ぐ道です。

全体的に信号が少なく快走できる上に、途中にはモアイ像が並んでいるので(サンメッセ日南)本当に海外と勘違いしてしまうかもしれません。

伊良部大橋:沖縄県

もはや沖縄自体が海外ムード満点ですが、宮古島にある無料の橋としては日本最長の「伊良部大橋」を渡れば、誰もが「欧米か!」とつっこみたくなる海外っぷりです。

エメラルドグリーンの海を貫く一本の橋をバイクで走れば、ここが日本であることを忘れてしまうこと間違いなし!

沖縄のしかも離島ということで、ココをバイクで走るのはそれなりのハードルの高さですが、、、ライダーなら行けば必ず笑顔になれると約束します。

日本の絶景ロードも負けてない!

確かに海外の道は日本とは桁違いの違いのスケールだったり、目の覚めるような絶景が待っていたりしますが、それでも日本の絶景ロードも実に素晴らしい!と僕は声を大にして言いたいです!

何より日本なので英語を喋る必要がなく、時間さえあれば明日にでも行けるので、これはライダーとして走りに行かない理由が存在しないですよね?

amazon
人気商品ランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り「さすライダー」です。 2019年に大好きな北海道へと移住して、夏も冬もバイクライフをエンジョイしています。 好きな言葉は「自由」嫌いな言葉は「集団行動と就職」

-ツーリング
-, , , , , ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5