アイテム

2022年 冬用バイクグローブ【まとめ】&【おすすめ10選】

冬のライディングには、防寒具がかかせません。防寒具といっても様々なモノがありますが今回は冬用のグローブを紹介していきます。

バイクの運転には、アクセル、ブレーキ、クラッチなどたくさんの操作を指で行いますよね。冬の寒さで指がかじかんで操作ミスをすれば、重大な事故につながりかねません。

そうならないためにも、防寒性の高いグローブを選択することはとても重要です。

冬用バイクグローブの特徴

引用:Unsplash

冬用のバイクグローブの一番の特徴は何といっても防寒機能です。寒い冬のライディングには、冷たさから手を守るバイクグローブは必要不可欠です。

防寒機能を高めるために、どうしても冬用グローブは夏用グローブに比べて厚くなり操作性では劣ります。しかし、自分にあったものを選択すれば、まったく問題ではありません。

どのようなものがあるのかを知ることにより、自分のベストなグローブを見つけましょう。

冬用バイクグローブの選び方

引用:Unsplash

冬用バイクグローブといってっも、様々な商品が販売されています。寒さ、冷たさの感じ方は人により違いますし、使用環境、使用時間によっても変わってきます。

実際に使用してみないとわからない部分はありますが、グローブの素材・形状・電熱の有無、ルックスなどの情報である程度、自分にあったグローブを選択することができます。

グローブの素材

冬用バイクグローブにも様々な素材が使用されています。素材によっても様々な特性があり自分の使用環境や好みによっても変わってきます。

レザー

牛革・山羊革・羊革・合皮など様々な種類のモノがあります。基本的に革製品は防風性に優れ、また見た目に高級感があるのが特長です。防水性は劣りますが、最近のモノは透湿防水フィルム(HiPORA)が内蔵されているものもあり防水機能も高まっています。

ネオプレーン

ウェットスーツなどに使われる素材で、防水性と機密性、保温性に優れています。しかし、透湿性能が無く、通気性に関してはよくありません。

ゴアテックス

スポーツウエアなどに使われる素材で、防風・防水性能は高く透湿性にも優れていますので、グローブ内の発汗も外に放出してくれます。

グローブの形状

大きく分類すると、次の2タイプになります。(インナータイプを除く)

ショートタイプ

手首までのバイクグローブです。手首がフリーであるために、上着の袖口の形状、バイクのハンドルの角度に影響されません。グローブの着脱もロングタイプに比べて簡単です。

ロングタイプ

手首もカバーして、上着の袖口がバイクグローブに収まるタイプです。こちらの形状のが袖口から入る冷たい風を遮断できるため、防寒性はショートタイプのモノよりも高いです。

インナータイプ

バイクグローブの中にインナーとして重ね付けするタイプです。保温性をプラスできることと、気軽に洗濯ができるので、バイクグローブの衛生面的に良いことや、革製の洗濯できないタイプなどのインナーとしておすすめです。

電熱の有無

バイクグローブにも電熱ヒーター付きのグローブが存在します。電熱グローブは、保温ではなくヒーターが電気の力で熱を発するので、通常の冬用グローブよりも防寒性は高くなっています。

冬用バイクグローブおすすめ商品

ここでは、筆者が独断で選んだ商品、10点を紹介していきます。

ISM graffiti  ゴートレザー ガントレットグローブ IS-GLG01

引用:Yahoo!ショッピング

ISM graffiti(イズムグラフィティ)のバイク用ガントレットグローブです。

ゴートレザー(山羊革)を使用しています。ゴートレザーは大人の山羊から作られる革で、軽くて丈夫で型崩れしにくいという特長があります。また本革仕様ですので見た目にも高級感があります。

また、透湿防水フィルム(HiPORA)が内臓されていますので、突然の雨などでも安心です。

参考価格:¥9,020

KINETIXX(キネティックス) ゴアテックス ウインターグローブ サヴォイGTX

引用:楽天市場

KINETIXX(キネティックス)は、ヨーロッパのスポーツ業界で定評のあるドイツのグローブ専門ブランドです。

ゴアテックスを採用した、マルチ防水グローブで中綿入りで保温性を高め、冬の寒い天候下でも最適に使用できます。

参考価格:¥10,780

SKULL FLIGHT(スカルフライト) アルティメットボーングローブ

引用:Yahoo!ショッピング

SKULL FLIGHT(スカルフライト)のバイク用グローブです。
スカルフライトは、バイク乗りがバイク乗りのために立ち上げた、国産のバイカーウェアショップです。

バイク乗りの為に作られた、非常にこだわりの強いレザーグローブです。ミトン部分は取り外し可能で、ミトン内部のボアはリアルムートンを使用して、保温力を高めています。

グローブ自体は、オイルレザー(牛革)を使用し、インナーはシーフボア、最新素材のサイトスを挟み込むことにより、防水・保温効果を高めています。

参考価格:¥19,580

MOONEYES (ムーンアイズ) Moon Water Proof Winter グローブ [BK064]

引用:楽天市場

MOONEYES(ムーンアイズ)のバイク用グローブです。

この目玉のロゴマークを見たことがある方もいると思いますが、アメリカのホットロッド&カスタムブランドで、現在はアパレルなども取り扱っています。

ポリエステルと随所に牛革が使用され、アメリカンでポップなデザインのグローブです。透湿防水フィルム(HiPORA)が内蔵されているために、防水対策も万全です。
内側は起毛素材を使用し、保温性を高めています。

参考価格:¥7,700

CLAY SMITH(クレイスミス) SECOND KILLER ウインターグローブ

 

引用:楽天市場

CLAY SMITH(クレイスミス)のバイク用グローブです。

こちらの黄色いくちばしに葉巻をくわえた赤い鳥「スモーキング・ウッドペッカー」を目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。こちらもアメリカでホットロッドカルチャーの黎明期からのカスタムチューン&パーツの老舗ブランドからのアパレル商品です。

グローブ素材にはポリエステル、ネオプレーン、ラバーを使用し、透湿防水フィルム(HiPORA)が内蔵されているために、防水対策も充分です。
内側は起毛素材を使用し、保温性を高めています。

参考価格:¥8,580

CLAY SMITH(クレイスミス) ELMO ウインターグローブ

引用:楽天市場

こちらも上記のCLAY SMITH(クレイスミス)のバイク用グローブです。
こちらは、ポップなデザインとモコモコ素材を使用したルックスが「かわいい」感じに仕上がっています。

透湿防水フィルム(HiPORA)が内蔵されているために、防水対策も充分です。

参考価格:¥6,378

KOMINE(コミネ) EK-216 12V Protect E-Gloves

 

引用:楽天市場

KOMINE(コミネ)のバイク用電熱グローブです。

コミネは、1947年に創業された老舗メーカーであり、ライダー専用用品を多数販売しております。安全性と高機能な商品をライダーに提供することをコンセプトとした、安心の日本製です

こちらの電熱グローブは、車載12Vバッテリーから電気を供給する仕様となっています。電源取り出し用のハーネスも付属しています。バッテリー供給なので電池切れの心配がありません。

形状は、ショートタイプで着脱しやすいリブニットカフになっています。

参考価格:¥12,270

BORLENI 電熱グローブ 12V バイク用

 

引用:Amazon

BORLENIのバイク用電熱グローブです。

このグローブの一番の特長は、2way給電方式で12V車載バッテリーと付属のモバイルバッテリーどちらにも対応していることです。自分の使用用途に合わせて使い分けをすることができます。

グローブは防風・防水になっていて、3M断熱インナーライナーは保温性が高く快適です。

参考価格:¥13,880

DAYTONA(デイトナ) ホットバイポリインナーグローブ

引用:Amazon

DAYTONA(デイトナ)のバイク用インナーグローブです。

デイトナは、1972年に創業された老舗メーカーで、バイクパーツ・アクセサリーを中心に販売しています。

こちらのインナーグローブは、ポリプロピレン95%・ポリウレタン5%で保温性と速乾性に優れた素材が使用してあります。裏起毛生地を使用していますので肌触りもあたたかです。伸縮性の優れた4WAYストレッチ生地採用でピッタリとフィットし重ね付けをしてもごわつきません。

参考価格:¥1,879

KOMINE(コミネ) EK-204 Heat Inner Gloves 12V

引用:Yahoo!ショッピング

こちらは上記KOMINE(コミネ)の、バイク用の電熱インナーグローブです。

12V車載バッテリーからの電力供給ですので、電池切れの心配がありません。

お好みのデザインのグローブと併せて使用することが可能ですので、こちらを購入予定の方は着用後のサイズを考えて、アウターグローブを選択することをおすすめします。

参考価格:¥7,540

まとめ

「2022年 冬用バイクグローブ 【まとめ】と【おすすめ10選】」ということで紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

様々な種類のグローブがあるなか、自分の使用環境にあったお好みのグローブを見つけることは、なかなか難しいかもしれませんが、どのようなものがあるのかわかっているだけでも、選択の幅が違ってくると思います。

あなたのバイクグローブ選びに少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

冬の防寒対策はぜひ下記の記事も参考にしてみてください!↓

amazon
人気商品ランキング
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    呉東和虎(Kazu_Ghost)

    バイク大好きで30年近く乗っています。 バイクのメンテナンス・カスタムは、ほぼ自分ですべてやります。 愛知県在住でツーリングも大好きです。 ◇バイク保有経歴
 ゼファー400(マフラーはモリワキのワンピース搭載) ⇒ボルティ(カフェレーサーフルカスタム) ⇒Roiyal Enfield Bullet350 ⇒エストレヤ(カフェレーサー・CRキャブ搭載) ⇒GN125H(カフェレーサカスタム進行中・現在所有) 読者のみなさんが【楽しめる記事・役に立つ記事】をお届けします。 よろしくお願いします。

    -アイテム
    -, ,

    © 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5