トピックス バイクニュース

【スズキ】海外向け大型二輪車 新型「V-STROM 800DE」「GSX-8S」を発表

スズキ株式会社は、11月8日から13日※1までイタリア・ミラノで開催されている二輪車ショー「EICMA 2022(ミラノショー)」において、スポーツアドベンチャーツアラーの新型「V-STROM(ブイストローム)800DEおよびストリートバイクの新型「GSX-8Sを海外向けに発表しました。

新型「V-STROM 800DEは2023年2月より、新型「GSX-8Sは2023年3月より欧州・北米を中心に全世界で順次販売を開始します。

新型「V-STROM 800DE」、新型「GSX-8S」は、幅広いユーザー向けに、毎日の移動からツーリングまでの利便性を両立した軽量で扱いやすい800ccクラスの新型モデルとして開発しました。エンジンは、776cm3並列2気筒エンジンを新設計し、量産二輪車で初めて※2クランク軸に対して90°に一次バランサーを2軸配置した「スズキクロスバランサー」※3を採用することで、振動を抑えながら軽量・コンパクト化を実現しました。

※1 プレスデー:11月8~9日、一般公開日:11月10~13日
※2 2022年11月時点、スズキ調べ。
※3 特許取得済み。

新型「V-STROM 800DE」の詳細

新型「V-STROM 800DE」(用品装着車)

新型「V-STROM 800DE」は、ツーリングから日常の通勤通学まで全てにおいてベストパフォーマンスなアドベンチャーバイクを目指して開発しました。様々な走行シーンに対応する電子制御システムS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を採用し、トラクションコントロールシステムに専用のGモードを設定したほか、リヤブレーキのABS解除モードを設定することで、未舗装路でライダーの好みに応じたコントロールができるようにしました。

また、調整式の前後サスペンションと、フロントには大径の21インチホイールを装着、前後タイヤにセミブロックパターンのタイヤを採用しました。V-STROMシリーズ共通のイメージを維持しながらも、シャープなスタイリングとし、タンクの下まわりやフロントカウルの先端部分にアクセントカラーを採用しました。

主な装備と諸元

V-STROM 800DE 概要
装備 S.I.R.S
(スズキインテリジェントライドシステム)
電子制御スロットル
SDMS 出力特性を3つの中から選択可能
(スズキドライブモードセレクター)
トラクションコントロール リヤホイールの空転が感知された時に、エンジン出力を制御
(3モード+Gモード+OFF)
双方向クイックシフトシステム クラッチやスロットルを操作せずにシフトアップ/ダウンが可能
スズキイージースタートシステム ワンプッシュでエンジン始動が可能
ローRPMアシスト スムーズな発進を補助
ABS
(2モード+リヤABS解除モード)
ホイール ワイヤースポークホイール
ウインドスクリーン 高さ3段階調整
その他 USBソケット、ナックルカバー、
アンダーカウリング
諸元 全長×全幅×全高(mm) 2,345×975×1,310  

 

ホイールベース(mm) 1,570
最低地上高(mm) 220
シート高(mm) 855
装備重量(kg) 230
タイヤ(前) 90/90-21M/C チューブ
タイヤ(後) 150/70R17M/C チューブ
エンジン型式 776cm3水冷4サイクル
並列2気筒DOHCエンジン
タンク容量(L) 20
燃費(km/L) 22.7
CO2排出量(g/km) 104

新型「GSX-8S」の詳細

新型「GSX-8S」

新型「GSX-8S」は、ライダーの年齢やスキルを問わず、多様なライディングを楽しめるよう、無限の可能性を提供できるバイクを目指して開発しました。S.I.R.Sには出力特性を3つの中から選択可能なSDMS(スズキドライブモードセレクター)や3段階から選択可能なトラクションコントロール、クラッチやスロットルを操作せずにシフトアップ/ダウンが可能な双方向クイックシフトシステム等を採用することで、様々な走行シーンやスキルに対応しました。

また、軽量アルミ製スイングアームを採用することで、操縦性を高めました。特徴的なショートマフラーに加え、エンジンやシートレールを露出させることで機能部品を美しく見せ、時代を先取りした斬新な独自性のあるスタイリングとしました。

主な装備と諸元

GSX-8S 概要
装備 S.I.R.S
(スズキインテリジェントライドシステム)
電子制御スロットル
SDMS 出力特性を3つの中から選択可能
(スズキドライブモードセレクター)
トラクションコントロール リヤホイールの空転が感知された時に、エンジン出力を制御
(3モード+OFF)
双方向クイックシフトシステム クラッチやスロットルを操作せずにシフトアップ/ダウンが可能
スズキイージースタートシステム ワンプッシュでエンジン始動が可能
ローRPMアシスト スムーズな発進を補助
ABS
ホイール キャストホイール
諸元 全長×全幅×全高(mm) 2,115×775×1,105  

 

ホイールベース(mm) 1,465
最低地上高(mm) 145
シート高(mm) 810
装備重量(kg) 202
タイヤ(前) 120/70ZR17M/C チューブレス
タイヤ(後) 180/55ZR17M/C チューブレス
エンジン型式 776cm3水冷4サイクル
並列2気筒DOHCエンジン
タンク容量(L) 14
燃費(km/L) 23.8
CO2排出量(g/km) 99

リリース:スズキ株式会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-トピックス, バイクニュース
-, , , ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5