バイクニュース

ホンダがミラノショーでCBR1000RR-Rの記念モデル他を展示

ホンダは、イタリア・ミラノで開催されるEICMA 2021(ミラノショー、プレスデー:11月23~24日、一般公開:11月25~28日)に出展するヨーロッパ向け2022年モデルの二輪車ラインアップを発表しました。概要は下記の様になります。

  • 2022年モデルのCBR1000RR-R FIREBLADE/CBR1000RR-R FIREBLADE SPおよび発売30周年を記念したCBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary を公開
  • アドベンチャーモデルのスタイルとシティースクーターの洗練さを融合したニューモデルADV350を公開
  • 快適性と多用途性を備えたNT1100を初公開
  • Hornetコンセプトを3Dプロジェクションマッピングで初公開
  • 人気モデルSH125iおよびSH150iにシャープでスポーティーなニューカラーを2パターン追加
  • X-ADV・Forza 125・Forza 350・CB650R・CBR650R・CMX500 Rebel・CMX1100 Rebel・Gold Wing・Gold Wing Tourに新色を追加

なお、EICMA 2021に出展したCBR1000RR-RシリーズとNT1100は、日本での販売も予定しています。

NEWモデル

CBR1000RR-R FIREBLADEシリーズ

2022年モデルの「CBR1000RR-R FIREBLADE/CBR1000RR-R FIREBLADE SP」および記念モデルの「CBR1000RR-R FIREBLADE SP30th Anniversary」を公開。

1992年の初代モデル「CBR900RR」の誕生以来30年に渡るチャレンジを記念して、初代モデルのカラーリングをモチーフとした30周年記念モデルを設定しました。

2022モデルの主な特徴は
1:エンジンの中速域の出力特性を変更
2:ドリブンスプロケットの丁数を3丁増やし43丁とし、各ギアでより力強い加速力を実現
3:「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」の制御の熟成
4:Nissin製フロントブレーキキャリパーのピストンに新素材に特殊表面加工を施すことで、サーキット走行における高負荷時の操作性向上
5:CBR1000RR-R FIREBLADE SPにはÖhlins(オーリンズ)製の電子制御式サスペンションおよびBrembo(ブレンボ)製のブレーキパーツを引き続き採用。またクイックシフターの制御を新たに最適化。

CBR1000RR-R FIREBLADE SP30th Anniversary

CBR1000RR-R FIREBLADE SP

CBR1000RR-R FIREBLADE

ADV350

アドベンチャーモデルのスタイルとシティースクーターの洗練さを高次元で融合した「X-ADV」に続き、ミッドサイズスクーターの「ADV350」が追加されました。

シート下には、フルフェイス・ヘルメットを2個収納可能で、グローブボックス内にはUSBソケットを装備。「Honda SMART Key システム」を採用するなど実用性を考慮しています。スクリーンの高さは調整可能で、LCDメーターには「Honda Smartphone Voice Control system(HSVCS)」が搭載されています。

エンジンは、330ccのDOHC 4バルブの低燃費「eSP+」を搭載。Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を標準装備。フレームには、高剛性と靭性を併せ持つスチール製チューブタイプを採用。足まわりは、路面追従性に優れたフロントフォーク、リモートリザーバーリアショックを備え、十分な最低地上高を確保しています。ホイールは、前15インチ/後14インチの軽量タイプにブロックパターンのチューブレスタイヤを組み合わせています。

カラーリングは、スパングルシルバーメタリック/マットカーボニウムグレーメタリック/マットカーネリアンレッドメタリックの3色が設定されています。

ADV350

ADV350

NT1100

021年10月の欧州発表に続き、今回ショーイベントで「NT1100」が初披露となります。

NT100の主な特徴は

1:5段階に高さ調整可能なウインドスクリーンに加え、ライダー前方の左右上下のウィンドディフレクターが、ライダーへの走行風をやわらげるなど快適性を追求。
2:6.5インチのタッチパネル式TFTフルカラー液晶の表示はカスタマイズ可能で、Apple CarPlay®/Android Auto®にも対応。
3:NT1100のスチール製セミダブルクレードルフレームは、シャープな操縦性を実現。
4:フロントサスペンションにはShowa製の倒立式フロントフォークを、リアにはシングルリアショックを採用。
5:フロントの310mmブレーキディスクには4ピストンのラジアルマウントキャリパーを組み合わせて採用。
6:タイヤは、前120/70-17、リア180/55-17サイズを装着。
7:エンジンは水冷4ストロークOHC(ユニカム)4バルブ直列2気筒を搭載。最高出力74kW/最大トルク104Nmを発揮し、吸気およびエキゾーストはよりスムーズな加速力と魅力的な排気サウンドを重視。
8:Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)は3段階の設定とし、後輪スリップ制御とウイリー挙動緩和制御を採用。

カラーリングは、マットイリジウムグレーメタリック、パールグレアホワイト、グラファイトブラックの3色が設定されています。

NT1100

NT1100

The Hornet(Hornetコンセプト)

欧州で高い評価の「Hornet」が、新たなHornetコンセプトの方向性のプレビューとしてEICMAで初公開。Hondaブースにて、プロジェクションマッピングを駆使して3次元の映像と音声で、Hornetの歴史と将来へのプレビューを展開します。

 

NEWカラーラインナップ

EICMAには、新しいモデルとアップグレードされたモデルに加えて、おなじみの機種の新しいカラーラインアップも展示されます。

SH125i/SH150i

現行の
・パールナイトスターブラック
・タイムレスグレーメタリック
・パールスプレンダーレッド
の3色に、新たにコンテンポラリースポーツをアピールした
・マットパールクールホワイト
・マットロックグレー
の2カラーを追加。

X-ADV

2022年ニューカラーとして
・マットバリスティックブラックメタリック
・マットイリジウムグレーメタリック
・ハーヴェストベージュ
が3色が設定。

Forza 125/Forza 350

Forza 125の2022年ニューカラー
・パールファルコングレー
・マットブラックグレーメタリック
・マットパールパシフィックブルー

Forza 350の2022年ニューカラー
・マットカーネリアンレッドメタリック

CB650R/CBR650R

CB650R 2022年ニューカラー
・ソードシルバーメタリック

CBR650Rのマットガンパウダーブラックメタリックとグランプリレッドは、グラフィック処理が変更。

CMX500 Rebel/CMX1100 Rebe

CMX500 2022年ニューカラー
・パールオーガニックグリーン

CMX1100 2022年ニューカラー
・パールスタリオンブラウン

Gold Wing/Gold Wing Tour

Gold Wing 2022年ニューカラー
・マットジーンズブルーメタリック

Gold Wing Tour 2022年ニューカラー
・グリントウェーブブルーメタリック
・パールグレアホワイト

 

リリース:株式会社ホンダモーターサイクルジャパン 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-バイクニュース
-, , ,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5