アイテム お役立ち

バイクの洗車の基本と洗車用ケミカルまとめ

バイクの洗車ってどうやるの!?おそらくバイク初心者の方がぶつかる壁の一つだと思います。いざ用品店に行っても、洗車用品っていっぱいありますよね?さらに、おすすめしている物を全て揃えたらかなり高額になってしまいます。

今回の記事はこんな方におすすめ

  • 初心者におすすめのケミカル
  • 何から揃えればいいの?
  • 洗車の基本と注意点を知りたい
  • なるべく安く済むようにしたい

今回はそんな悩みを解決すべく、洗車についての基本と、持っておくと便利なケミカル類をまとめてみました。

 

必要な道具

先ずは使う道具をまとめてみました。なるべくお金をかけず、家にあるものやカー用品で代用できるもので揃えてみました。

ケミカル類

最初のうちはシャンプー、中性洗剤又はクリームクレンザー、仕上用ケミカル、の3点があれば十分でしょう。何故なら、ケミカルが揃っていない状態で、1回の洗車でバイク全てを綺麗にすることは難しいです。先ずは洗車をしてみて、それでも落ちなかった汚れを落とすためにコンパウンドなどのケミカルを買いましょう。

バイクの洗車にカーシャンプーは使えるの?

用品店のスタッフさんに聞いたところ、「基本的に同じなので大丈夫」とのことでした。ただ、カラーの指定がある場合は避けたほうが良さそうです。家で余っているカーシャンプーを使ってしまいましょう!

バケツ

一般的なサイズの物でバケツで足りるでしょう。あまり小さいものはおすすめしません。

スポンジ

こちらも車用のスポンジで代用可能です。

じょうろorお庭シャワー

アパートやマンションなどシャワーが使えない方はじょうろでも代用できます。

ブラシ類

ホイールブラシがあると便利です。また、ナイロンブラシや使わなくなった歯ブラシなども使えるのでおすすめです。

ウエス、布類

拭き上げ用の柔らかい布と、いらなくなったTシャツやタオルも使えます。

 

洗車の基本

順番

① 洗い

先ずは水で埃や砂を洗い流しましょう。ホイールやタイヤが特に汚れているは、先にそちらから泥や砂を落としてみいいでしょう。基本的にボディ全体を水で流します。

水で大まかな埃や砂を流したら、次はバケツにシャンプーを入れて泡を立てます。シャワーがあればジェットモードで一気に泡を立てられます。じょうろの場合は高さを利用して泡を立てましょう。

そして、泡と水分をたっぷりとスポンジにしみ込ませ、ボディを優しく洗っていきます。汚れが強い部分は次の工程でも落とせるので、大まかな全体の汚れを落とします。ボディは泡が残っているうちに水で流しましょう。

ボディを洗い終えたら、ホイールなどの足回りにを洗いましょう。必要に応じてスポンジとブラシを使い分けましょう。エンジンなどもフィンの溝まではスポンジでは届かないので歯ブラシ類を使うと効果的です。

 

②磨き

 

ここでは先ほどで落ちなかった頑固な汚れを落とします。例えば、油汚れや、強めに拭かないと落ちない汚れです。ここでは中性洗剤や、クリームクレンザー、コンパウンドなどを使い頑固な汚れを落としていきます。洗浄成分の入ったコーティング剤で汚れを落としても大丈夫です。

 

③仕上げ

最後にコーティング剤やワックスなどの仕上げ用のケミカルを使っていきます。適量を柔らかい布にしみ込ませ、優しく拭きあげていきます。コーティングをかけることにより、雨を弾いたり、多少の汚れも落ちやすくなります。

ボディから下へ向かって

基本的に上から下に向かって洗うことが一般的です。ただ、足周りやホイール周りの汚れが酷い場合は、そちらを優先してから洗ったほうがおすすめです。

 

注意すること、やってはいけないこと

水をかけてはいけない箇所

メーター周り、キーシリンダー、エアクリーナー、配線周りへの放水は避けた方がいいでしょう。このような電気系統の近くや吸排気付近は水を直接かけるのではなく、基本的に「拭きとる」洗い方がおすすめです。

放水方向

そして、次に注意することは水をかける方向です。バイクは雨天の走行も想定して作られいます。しかし、それは真上と前方から来る水に対してであり、後方や下はあまり想定されてません。なので、可能な限り後方や下からの放水は避けた方がいいでしょう。

コンパウンドは適所に

コンパウンドのような研磨剤は、使っていい場所といけない場所が限られています。間違えてボディやメッキ部品に使ってしまうと、かえって傷がついてしまいます。使用する際は注意書きを読んで正しい箇所に使用しましょう。

 

あると便利!最初のケミカルはこれ!

では、初心者は何から買えばいいのでしょうか。バイク用品店の店員さんに聞いてみました。これだけはあると便利なケミカルはズバリ、洗浄成分の入ったガラス系コーティング剤です!洗浄も仕上げも出来てしまうので、かなり重宝します。また、車にも使えるので大変おすすめです。

シュアラスター ゼロフィニッシュ

ワコーズ バリアスコート

Plexus プラスチッククリーナー

 

これらもおすすめしたい!

おすすめでガラスコーティング剤を紹介しましたが、それ以外でも初心者にオススメのものがあるので紹介いたします。

ユニコン カークリーム

引用:amazon

なんと500円程度で購入できるこちらのケミカル、驚くべきはその性能です。ワックス剤でありながら頑固な油汚れも落としてしまう優れモノです。また、ワックスなのでコーティング効果も期待できます。

ダートスコート

引用:amazon

こちらは汚れが強いところに使える洗剤ですが、なんとシールチェーンにも対応しているのでデリケートな部分にも安心して使えます。さらに強力な洗浄効果もさながらコーティング効果もあるのが魅力です。特にオフロード系のバイクに乗っている方や、山や川に行くことが多い方におすすめの商品です。

 

まとめ

今回は初心者の方に向けて洗車について大きくまとめてみました。ケミカルについては突き詰めていくと、限りがありません。つまり、沼です。なので、最初は洗浄効果もあるコーティング剤を1本揃えておくと便利でしょう。そして、突き詰めていきながらご自身に必要なケミカルを見つけてみて下さい。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

だるま

神奈川県出身。バイク歴は15年。1日で下道400キロとか走る猛者です。 好き:コーヒー、洋ロック、お喋り、ケツが四角いバイク、水曜どうでしょう。 苦手:集中すること、単調作業。 愛車:ジェイド250、スーパーカブ110プロ 風と寒さと匂いと危険を感じながら、今日もだるまを乗っけて走ってます。

-アイテム, お役立ち
-

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5