トピックス バイクニュース

【ホンダ】アドベンチャースタイルの軽二輪スクーター「ADV160」を発売

Hondaは、タフでアクティブなアドベンチャースタイルの軽二輪スクーター「ADV150」をフルモデルチェンジし、「ADV160」として2023年1月26日(木)に発売します。

メーカー希望小売価格 473,000円(税込)
* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

「ADV160」の主な特徴

新エンジン「eSP+(イーエスピープラス)」※1を搭載し、力強い走りと環境性能を両立

ADV160は、水冷・4ストローク・4バルブ・156cm3単気筒の新エンジン「eSP+(イーエスピープラス)」を搭載。エンジン排気量を前モデルの149cm3から156cm3に拡大し、最高出力ならびに最大トルクを向上させ、より力強く快適な走行性能を実現。また、最新の排出ガス規制※2に対応させることにより、環境にも配慮しています。

※1 環境対応型コミューター用エンジン“eSP”に付加価値技術を採用することで、高い環境性能だけでなく、出力の向上と、フリクションの低減を実現し、高出力と優れた環境性能を併せ持つ新世代環境対応型コミューター用エンジンの総称です。eSP:enhanced(強化された)Smart(洗練された、精密で高感度な)Power(動力、エンジン)の略です
※2 平成32年(令和2年)排出ガス規制

新形状フレームを採用

シート高を前モデルの795mmから780mmにすることで足つき性に配慮

よりスポーティーでタフなイメージを演出し、先進性を感じる個性的なスタイルに一新

車体は、新形状フレームを採用するとともに、シート高を従来の795mmから780mmに下げることで足つき性に配慮。軽快なハンドリングと日常での取り回しやすさに貢献しています。また、ウインドスクリーンは、2段階に高さ調整が可能で、大型化させることにより、高速走行時の防風性能を高めています。

ウインドスクリーンを大型化することで高速走行時の防風性を向上

さらに、滑りやすい路面での安心感に寄与するHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)※3を新たに採用。また、液晶メーターを大型化し、視認性を向上させるとともに、タコメーターや外気温計などの表示機能を追加することで、利便性を向上させています。フロントインナーボックス内にUSBソケット(Type-A)を標準装備しています。

※3 Honda セレクタブル トルク コントロールはスリップをなくすためのシステムではありません。あくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがって、Honda セレクタブル トルク コントロールを装備していない車両と同様に無理な運転までは対応できません

カラーバリエーションは全3色

カラーバリエーションは、上質感とスポーティーさを表現した「マットダリアレッドメタリック」。精悍な印象と力強さを感じさせる「マットガンパウダーブラックメタリック」。都会的な印象の「パールスモーキーグレー」の全3色を設定しています。

マットダリアレッドメタリック

マットガンパウダーブラックメタリック

パールスモーキーグレー

主要諸元

通称名 ADV160
車名・型式 ホンダ・8BK-KF54
全長×全幅×全高(mm) 1,950×760×1,195
軸距(mm) 1,325
最低地上高(mm)★ 165
シート高(mm)★ 780
車両重量(kg) 136
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 1.9
エンジン型式 KF54E
エンジン種類 水冷 4ストローク OHC4バルブ 単気筒
総排気量(cm3) 156
内径×行程(mm) 60.0×55.5
圧縮比★ 12
最高出力(kW[PS]/rpm) 12[16]/8,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 15[1.5]/6,500
燃料消費率※4(km/L) 国土交通省届出値 定地燃費値※5(km/h) 52.0(60)<2名乗車時>
WMTCモード値★ (クラス)※6 42.5(クラス2-1)<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式★ セルフ式
点火装置形式★ フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量(L) 8.1
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
タイヤ 110/80-14M/C 53P
130/70-13M/C 57P
ブレーキ形式 油圧式ディスク(ABS)
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/Thai Honda Co. Ltd.  ■製造国/タイ  ■輸入事業者/本田技研工業株式会社

※4燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※5定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※6WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

リリース:本田技研工業株式会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-トピックス, バイクニュース
-, ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5