アイテム まとめ

【2022年最新版】頑丈&防水 トップケースのおすすめ商品5選

ツアラーやアドベンチャーバイクに乗っているライダーなら、必ず欲しくなるアイテムが「トップケース」です。

頑丈かつ防水性が高く、荷物をポンポン入れられる上に、鍵付きで防犯性にも優れている、、、となれば、やっぱり欲しくなりますよね?

しかもトップケースを取り付けると、愛車のヘビィーデューティー感が増すので、旅バイクとしてのルックスが爆上がりするオマケ付き。

、、、と、そんな良いことづくめのトップケースのおすすめ商品を、現役アドベンチャーバイク乗りの僕が紹介します!

トップケースの種類

トップケースは大きく分けて「ハードケース」「セミハードケース」の2種類があり、それぞれのメリットとデメリットを解説します。

ハードケース

一般的に「トップケース」と聞いて、ライダーが頭に思い浮かべるのが「ハードケース」です。

金属製、もしくは樹脂製のハードな素材で覆われたケースで、専用の鍵でしっかりと施錠することができます。

メリットとしては堅牢性と防水性が高いことですが、ある程度の設置スペースが必要であること、それなりの重量であること、そして高価なことがデメリットです。

セミハードケース

引用:Amazon商品ページ

ハードケースとソフトバックの中間に位置するのが「セミハードケース」で、樹脂製素材と繊維素材を組み合わせて作られています。

堅牢性や防水性はハードケースに劣りますが、取り付けやすく軽い作りになっているので、気軽に導入できるというメリットがあります。

しかし、構造上施錠しても荷物が盗られる可能性があること、そしてそもそもの数が少ないというデメリットがあります。

取り付けベースの種類

トップケースはバイクのキャリアに設置する「取り付けベース」に接続して固定します。

取り付けベースには「汎用ベース」「車種専用ベース」の2種類があり、それぞれの特徴を解説します。

汎用ベース

キャリアが装備されていれば、ある程度の範囲のバイクに取り付け可能なベースが「汎用ベース」です。

大抵のものはベースと金属プレートでキャリアを挟み込む仕様になっており、比較的簡単に取り付けることができます。

基本はトップケースの付属品として同梱されていますが、あくまで汎用品ですので、一部車種には取り付けできないケースもあります。

車種専用ベース

車種ごとに用意された専用品が「車種専用ベース」で、トップケースとは別に揃える必要があります。

汎用ベースに比べて取り付けの手間はかかりますが、専用品ならではの見た目の美しさと安定感があります!

しかし、必ずしも愛車にマッチするベースが出ているとは限らないので、取り付けできる車種は限定されてしまいます。

おすすめのトップケース5選

数あるトップケースの中から、特におすすめのものを5つセレクトしました。

GIVI モノロックケース B32

引用:Amazon商品ページ

ハードーケース世界シェアNo.1を誇るイタリアンメーカー「GIVI」のスタンダードなトップケースです。

日常使いに最適な32Lの収納力があり、汎用ベースが付属しているのですぐに取り付けることができます。

オプションで機能を拡張することもできるので、バイクに応じたカスタマイズが可能です。

SHAD SH45 トップケース

引用:Amazon商品ページ

スペイン発祥のメーカー「SHAD」のトップケースは全体的にコスパが良く、特にSH45はフルフェイスヘルメットを2個収納できるのでおすすめです。

容量が45Lもあれば、大抵のものは収納できますし、汎用ベースが付属しているので幅広いバイクにマッチします。

また、付け替え可能なカラーパネルで見た目を変更できるユニークな機能も備わっています。

RIDEZ HARD WORX トップケース HX45

引用:RIDEZ公式ページ

いかにもアドベンチャーバイクにマッチしそうな、ハードな見た目が魅力のトップケースです。

しかし、そのハードな見た目に反して、内部に衝撃緩和用のクッションが貼ってあったり、蓋の後ろに小物入れが付いていたりと、国産メーカーならではの「おもてなし」を感じる逸品です。

なお、取り付けは付属の汎用ベースを使いますが、車種によっては加工が必要となる場合があります。

ヘプコ&ベッカー Xplorer トップケース TC60

引用:Amazon商品ページ

大陸横断や世界一周クラスのツアラーに愛されているメーカー「ヘプコ&ベッカー」の大容量トップケースです!

フルフェイスヘルメットが2個余裕で収まる58Lの容量を誇り、荷物の多いロングツアラーを強力にバックアップしてくれます。

しかしその反面、いかにも重そうに見えますが、実は旧型から大幅な軽量化を実現しており、重心が高くならないように横幅で容量を稼いでいます。

ヘプコアンドベッカー(HEPCO&BECKER)
¥77,000 (2022/08/24 12:42時点 | Amazon調べ)

SW-MOTECH アーバンABS CASE

引用:Amazon商品ページ

用途に応じて容量を16L→29Lまで可変できる、ドイツ発祥のパーツメーカー「SW-MOTECH」のセミハードケースです。

車種専用ベースを用いるモデルと、タイダウンベルトで固定する汎用モデルがあり、幅広い車種にマッチします。

防水インナーバッグとジッパー用のナンバーロックが付属しており、セミハードケースの弱点の防水性と防犯性を補っています。

トップケースを装着して旅に出よう!

ここまで散々トップケースの魅力を語ってきましたが、結局僕が思うにトップケースの最大の魅力は「旅に出たくなること」だと思います!

愛車にトップケースを取り付けると「旅心」が強く刺激されるので、ツーリング好きなライダーはくれぐれもご注意を(?)

amazon
人気商品ランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り「さすライダー」です。 2019年に大好きな北海道へと移住して、夏も冬もバイクライフをエンジョイしています。 好きな言葉は「自由」嫌いな言葉は「集団行動と就職」

-アイテム, まとめ
-, , ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5