バイクニュース

Z900RSの上級モデル「SE」がいよいよ国内場販売開始

すでにヨーロッパでは販売していて、国内での販売希望の声が高かったZ900RSの上級モデルの「Z900RS SE」の国内販売がカワサキから発表されました。

Z900RS SEはカワサキの人気ネオレトロスポーツZ900RSをベースに、リヤサスをオーリンズに、フロントブレーキキャリパーとローターをブレンボに変更する等、足回りを中心によりハイグレードなパーツに交換・チューニングされたモデルです。

カラーはいわゆる「イエローボール」と呼ばれるグラフィックで、メーカー希望小売り価格は1,606,000円(税込み)、11月12日(金)から全国のカワサキプラザで販売されます。

 

カワサキから、Z900RSシリーズのハイグレードモデル Z900RS SE 新登場

人気のZ900RSシリーズに、オーリンズのリヤサスペンションとブレンボのブレーキコンポーネントを採用し、より上質なライディングフィールを提供します。

株式会社カワサキモータースジャパン(本社:兵庫県明石市、代表取締役社長:寺西 猛)は、Z900RSシリーズのハイグレードモデル「Z900RS SE」を2021年11月12日(金)に新発売いたします。

※画像は実際のモデルと仕様が異なる場合があります。

時代を超えた普遍的なスタイリングが好評のレトロスポーツモデル、Z900RSシリーズに、新たなハイグレードモデルが登場しました。Z900RS SEは、ブレンボ社製のフロントブレーキパッケージと、オーリンズ製のハイグレードリヤショックを装備。より上質なライディングフィールとコントロール性をライダーに提供します。 また、専用カラーとして、往年のZ1を彷彿とさせる「イエローボール」をベースとしたグラフィックを採用しています。

 

車名    Z900RS SE

メーカー希望小売価格   1,606,000円

(本体価格1,460,000円、消費税146,000円)

カラー メタリックディアブロブラック

発売予定日      2021年11月12日

販売店            カワサキ プラザ

 

※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。

※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。

※当モデルはABS装着車です。

※当モデルはETC2.0標準装備車です。

※メーカー希望小売価格は消費税10%を含む参考価格です。

 

Z900RSからの主な変更点

・快適な乗り心地やしっかりとしたタイヤの接地感を実現するオーリンズ製S46リヤショック

・オーリンズ製リヤショックに合わせた、ゴールドカラーのアウターチューブとフロントサスペンションセッティング

・ブレンボ社製コンポーネント(ディスク、キャリパー、パッド)を採用したフロントブレーキパッケージ

・レバー操作時のリニアな動きを実現する小径のニッシン製ラジアルポンプ式マスターシリンダーとステンレスメッシュブレーキホース

・アイコニックなデザインを強調する、ゴールドカラーのホイール

・ブラックとイエローで仕上げられた鮮やかなフューエルタンク

※画像は実際のモデルと仕様が異なる場合があります。

 

カラー:メタリックディアブロブラック

Z900RS SE 主要諸元のPDFダウンロードはこちら

リリース:株式会社カワサキモータースジャパン

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-バイクニュース
-, ,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5