バイクニュース

スズキが「KATANA」の2022モデルを発表

スズキが「KATANA」の2022年モデルを海外向けメディアサイトで公開しました。2022年モデルはユーロ5排出基準に対応しつつ全体的なパフォーマンスを最大化できるように、エンジン内部と吸排気系の変更、電子制御システムの更新と追加がされています。

なお、日本への導入については未発表です。

主な変更点

吸排気系

1:排気システムの再設計と更新

ユーロ5排出基準をクリアするため、エキゾーストのチャンバー部の構造や触媒などを変更。

2:電子スロットルボディのボアサイズ変更と最適化
φ44mmの機械式スロットルボディから、φ40mmの電子式スロットルに変更で、ユーロ5排出基準をクリアすると同時に、出力特性も改善。

3:新しいエアクリーナーボックスの採用

2022年モデル

従来モデル

セパレーターをなくすことで吸気抵抗を低減すると共に、保守性が向上、重量も軽減。(従来モデルの黄色い部分がセパレーター)

エンジン

1:カムプロファイルの変更

吸気及び排気カムプロファイルの変更で底~中速でのパフォーマンスを向上。

2:クラッチアシスト機能の追加とレバー操作時の力の軽減
スズキクラッチアシストシステム(SCAS)がスリッパークラッチの働きを補完するとともに、クイックシフトシステムと合わせてスムーズな減速を実現。より柔らかいクラッチスプリングを使用できるようになり、クラッチレバー操作の重さが約20%軽減。

3:新設計のラジエーターの採用
新設計により気流抵抗が約18%軽減、アイドリング時の温度を約1.5℃下げるほど冷却効率が向上。

電子制御系

1:ライドバイワイヤー電子スロットルシステムの採用

2:双方向クイックシフトシステムの標準装備

クラッチレバーを操作せずにスムーズにシフトのアップ&ダウンができる、双方向クイックシフトシステムを標準装備に。クラッチレバーの操作疲労の軽減とともに、よりスムーズなライディングを実現。

3:トラクションコントロールの変更
スズキトラクションコントロールシステム(STCS)が従来モデルの3モード(+OFF)から5モード(+OFF)に変更。ライディングに合わせた、より幅広い選択が可能に。

その他

1:ハンドルバーのラバーマウントによるフローティング化

2022年モデル

従来モデル

トップブリッジとハンドルバーブラケットに導入されたラバーマウントが、ライダーの手に伝わる振動を軽減することで、快適性の向上と疲労を軽減。

2:LEDディスプレイのバックライトの色変更

バックライトの色をアンバーに変更することで、昼間・夜間ともに独特のコントラストを作り、ディスプレイの視認性が向上。

3:前後スペンションコイルの色の変更
フロントフォークの色を黒から金に、リアサスペンションコイルの色を赤からグレーに変更することで、デザインの美観を向上。

4:ホイールの色変更
黒からそれぞれのボディカラーにコーディネイトされた色に変更

5:キーマスコット

グリップエンドにKATANAのロゴをあしらったカスタムデザインのイグニッションキーを採用。

カラーリング

2022年モデルのカラーリングは、以下の2色を設定

メタリックマットステラブルー

ソリッドアイアングレー

 

リリース:株式会社スズキ二輪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-バイクニュース
-, ,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5