バイクニュース

ファンティック・キャバレロのタンクカバーのカスタムペイントサービスを開始

ファンティックの日本の輸入総代理店のモータリスト合同会社とカスタムペイントで有名なシェイキン・スピード・グラフィックスのコラボで、キャバレロ・シリーズのイメージを大きく変えることのできるタンクカバーのカスタムペイントのサービスを開始しました。

今回用意されたスペシャルカラーのタンクカバーは、モータリスト・ファクトリーでも展示中のゴールドとアイス・ブルーの2種類で、参考価格は66,000円(税込)。もちろん、全国のファンティック正規代理店でもこの2台と同じ、または違ったカラーのオーダー(価格・納期などは要相談)も可能です。

 

モータリストが提案するファンティック・キャバレロ・カスタム:タンクカバー

イタリア・ファンティック・モーター社の日本の総輸入代理店であるモータリスト合同会社(東京都大田区)では、その主力商品、ファンティック・キャバレロ・シリーズについて、素性の良さから来る様々な楽しみを提案し、個性豊かなお客様がオリジナルにカスタマイズできるよう、様々な提案を行っている。

キャバレロ・シリーズのスタイルの特徴のひとつが、その燃料タンク。実際にはインナータンクの外側にカバーが配され、スクランブラー、フラットトラック、ラリー、デラックスとそれぞれ専用のカラーが用意されている。比較的安価(¥24,400 ~カラーによって違いあり)に交換しやすい部品でもあるため、お気に入りのモデルに違う色のタンクカバーを用意するお客さまも少なくなかったが、モータリストではカスタム・ハンドペイントの雄、シェイキン・スピード・グラフィックスとコラボレーションし、スペシャルカラーのタンクカバーを用意した。

 

シェイキン・スピード・グラフィックスは、ピンストライプやレタリングなどはもちろん、ボディ全体までハンドペインティングで流れるような美しさでマシンを彩るカスタムペイントで知られている。モータリストではファンティックの取り扱いをスタートさせたばかりの2019年からタッグを組み、ホットロッドカスタムショーにカスタマイズされたマシンを出展するなど、ファンティック・キャバレロが提案する遊びの中でも「フラットトラック」にフォーカスして活動してきた。

ホットロッドカスタムショーで、キャバレロ・フラットトラックを題材に2 台のカスタムモデルを出展。フラットトラックという遊びに近年脚光が集まる中、メーカーが用意した唯一の市販フラットトラックマシンとして注目を集めるファンティック・キャバレロ・フラットトラックに実際の走りの要素を盛り込んだ美しい2 台のマシンは大きな注目を集めた。

 

今回は、そのホットロッドカスタムショーに出展した「アイス・ブルー・レーサー」のイメージそのままのグラフィックのペイントと、さらに派手なゴールドのペイントの2台を用意。タンクカバーを替えただけでこれほど大きくスタイリングイメージが変わる、というお手本のような仕上がりを見せることとなった。

モータリストでは、ファンティック正規販売店を窓口に、こうしたオートバイをさらに楽しみ、愛していただけるような楽しみの提案を重ねていく予定。なお、このタンクカバーをまとったモデルはモータリスト・ファクトリーに展示中。もちろん、全国のファンティック正規販売店にご相談いただければ同様の、また違ったカラーでのオーダーも可能。価格、納期などはそれぞれご相談いただきたい。

 

オリジナルカスタムペイントタンクカバー 参考価格: 66,000円 ( 税込 )

※ペイント代のみ・上記価格は同デザインのものになります

リリース:モータリスト合同会社 https://motorists.jp/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-バイクニュース
-, ,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5