バイクニュース

【ホンダ】「CBR250RR」の外観を変更し装備を充実させ発売

Hondaは、軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」の外観を変更するとともに、装備を充実させ、2023年2月20日(月)に発売します。

「CBR250RR」の主な変更点

●外観にレイヤー構造を採用。エッジの利いたよりシャープなスタイリングに変更
●エンジン仕様の細部を見直すことで最高出力を向上
●ショーワ(日立Astemo株式会社)製SFF-BP※1倒立フロントフォークを採用
●Hondaセレクタブル トルク コントロール※2、ハザードランプ、エマージェンシーストップシグナルを標準装備
●平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合

CBR250RR(パールグレアホワイト)

CBR250RR(グランプリレッド)

CBR250RR(マットバリスティックブラックメタリック)

今回、外観は、フロント部からサイドカウルにかけてレイヤー構造を採用し、エッジの利いたよりシャープなスタイリングに変更しました。

エンジンは、平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合させることで環境に配慮するとともに、ピストンリング、シリンダーヘッド、カムシャフト、吸気ポートなどエンジンの細部を見直すことにより、最高出力を向上させています。

足まわりは、フロントフォークに倒立式のショーワ(日立Astemo株式会社)製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を新たに採用。優れた路面追従性による上質な乗り心地に貢献しています。

電装は、スリップしやすい路面での安心感に寄与するHondaセレクタブル トルク コントロールを新たに標準装備。また、新設定のハザードランプには、急制動時に高速点滅することでいち早く後続車に伝えるエマージェンシーストップシグナルを採用。装備をより充実させています。

カラーリングは、スポーティーでレーシングイメージを印象づける「グランプリレッド」、シャープなスタイリングを強調し力強い印象の「マットバリスティックブラックメタリック」、上質感と洗練された印象のある「パールグレアホワイト」の全3色を設定しています。

※1SFF-BPは日立Astemo株式会社の登録商標です
※2Honda セレクタブル トルク コントロールはスリップをなくすためのシステムではありません。あくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがって、Honda セレクタブル トルク コントロールを装備していない車両と同様に無理な運転までは対応できません

■メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

CBR250RR(グランプリレッド)
907,500円(消費税抜き本体価格 825,000円)

CBR250RR(マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト)
869,000円(消費税抜き本体価格 790,000円)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

主要諸元

通称名 CBR250RR
車名・型式 ホンダ・8BK-MC51
全長×全幅×全高 (mm) 2,065×725×1,110
軸距 (mm) 1,390
最低地上高 (mm)★ 148
シート高 (mm)★ 790
車両重量 (kg) 168
乗車定員 (人) 2
燃料消費率※3(km/L) 国土交通省届出値 40.1(60)<2名乗車時>
定地燃費値※4(km/h)
WMTCモード値★(クラス)※5 27.4(クラス3-2)<1名乗車時>
最小回転半径 (m) 2.9
エンジン型式・種類 MC51E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列2気筒
総排気量 (cm3) 249
内径×行程 (mm) 62.0×41.3
圧縮比 ★ 12.5
最高出力 (kW[PS]/rpm) 31[42]/13,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 25[2.5]/10,750
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 14
クラッチ形式 ★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 3.272
2 速 2.285
3 速 1.772
4 速 1.428
5 速 1.208
6 速 1.041
減速比 (1次★/2次) 2.781/3.000
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 24°30´/92
タイヤ 110/70R17M/C 54H
140/70R17M/C 66H
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式(倒立サス)
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)  ■製造事業者/本田技研工業株式会社

※3燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※4定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※5WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

リリース:本田技研工業株式会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-バイクニュース
-, ,

© 2023 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5