バイクニュース

新エンジン搭載のスーパーカブ125が発売

ホンダの人気コミューター「スーパーカブC125」が、最新排ガス規制に適合した新エンジンを搭載して、9月27日(月)から発売されます。

今回のモデルチェンジでは同時に発売となったモンキー125と同様に、エンジンがよりロングストローク化されて、新し排ガス規制に適合しつつ力強さや燃費なども向上しています。また、新たに純正アクセサリーとしてピリオンソートとグリップヒーターも追加されました。

カラーバリエーションはブルーとレッドの2色で、メーカー希望小売価格は440,000円(税込)です。

スーパーカブC125とは

スーパーカブ C125は、スーパーカブシリーズ初代モデルの「スーパーカブ C100」を彷彿させるスタイリングに、扱いやすく燃費に優れた空冷・4ストローク・OHC・123cc単気筒エンジンを搭載。

専用のアルミキャストホイールや各部に配したクロームメッキのパーツなどで上品な印象とした外観と、省エネルギー性に優れたLED灯火器や、より便利にエンジン始動ができる「Honda SMART Key システム」の採用など、利便性と快適性に寄与する装備で幅広い層のお客様に大変好評を得ているモデルです。

「スーパーカブC125」に環境性能を向上させた新エンジンを搭載し発売

Hondaは、原付二種(第二種原動機付自転車)パーソナルコミューター「スーパーカブ C125」に環境性能を向上させた新エンジンを搭載し、9月27日(月)に発売します。

今回、スーパーカブ C125に搭載する新エンジンは、ロングストローク化を図り圧縮比を高めるなど、最高出力と燃費の向上を両立させるとともに、最新の排出ガス規制※1に適合させています。

また、足まわりには、フロントブレーキのロックを抑制し制動時の安心感に寄与する1チャンネルABS※2を標準装備しました。

※1平成32年(令和2年)排出ガス規制
※2ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナーなどの手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます

カラーバリエーション

パールニルタバブルー

パールネビュラレッド

カラーバリエーションは、スーパーカブ初代モデルの印象を踏襲した「パールニルタバブルー」と、鮮やかな印象の「パールネビュラレッド」の全2色としています。

別売りの純正アクセサリー

グリップヒーター

ピリオンシート

快適性をより高める別売りの純正アクセサリーには、「グリップヒーター」※3と「ピリオンシート」※4を新たに設定しています。

※3メーカー希望小売価格 20,900円(税込)
※4メーカー希望小売価格 14,300円(税込)カラーバリエーションはレッドとグレーの2色を設定

メーカー希望小売価格

440,000円(税込)
* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

主要諸元

通称名 スーパーカブ C125
車名・型式 ホンダ・8BJ-JA58
全長×全幅×全高 (mm) 1,915×720×1,000
軸距 (mm) 1,245
最低地上高 (mm)★ 125
シート高 (mm)★ 780
車両重量 (kg) 110
乗車定員 (人) 2
最小回転半径 (m) 2.0
エンジン型式・種類 JA58E・空冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量 (cm3) 123
内径×行程 (mm) 50.0×63.1
圧縮比 ★ 10.0
最高出力 (kW[PS]/rpm) 7.2[9.8]/7,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 10[1.0]/6,250
燃料消費率※5(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※6(km/h)
70.0(60)<2名乗車時>
WMTCモード値★
(クラス)※7
68.8(クラス1)<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 3.7
クラッチ形式 ★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式4段リターン※8
変速比 1 速 2.500
2 速 1.550
3 速 1.150
4 速 0.923
減速比(1次★/2次) 3.428/2.500
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 26°30´/71
タイヤ 70/90-17M/C 38P
80/90-17M/C 50P
ブレーキ形式 油圧式ディスク(ABS)
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 バックボーン

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)

■製造事業者/Thai Honda Manufacturing Co.Ltd.

■製造国/タイ ■輸入事業者/本田技研工業株式会社

※5燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※6定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※7WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます
※8走行中はリターン式で、停車時のみロータリー式になるチェンジ機構です

リリース:株式会社ホンダモーターサイクルジャパン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-バイクニュース
-, , , ,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5