バイクニュース

スズキが新型スポーツツアラー「GSX-S1000GT」を発表

スズキはフルカウルスポーツモデルの「GSX-S1000F」を全面改良した、全く新しいコンセプトのスポーツツアラー「GSX-S1000GT」を発表した。

「ユーロ5」に対応しつつ最高出力の向上したエンジン、スマホと連動可能なフルカラー大画面メーター、浮動式ハンドルなど、スーパースポーツバイクのDNAを受け継ぎつつ、日常の使いやすさと長距離ツーリング性能を両立させたスポーツツアラーとなった。

GSX-S1000GTは10月から世界各国で順次発売されるが、国内での発売時期と価格はまだ未発表となる。

スズキ、スポーツツアラー新型「GSX-S1000GT」を発表


スズキ株式会社は、フルカウルストリートバイク「GSX-S1000F」を全面改良した、全く新しいコンセプトのスポーツツアラー、新型「GSX-S1000GT」を発表した。

10 月より世界各国で順次販売を開始する。

新型「GSX-S1000GT」は、スーパースポーツバイクのDNA を受け継ぎ、ツーリング性能を高めたスポーツツアラーである。

電子制御システムS.I.R.S.や、スズキ初となるスマートフォン連携機能付の大画面フルカラーTFT 液晶メーター等を採用し、日常での扱いやすさと長距離のツーリングにおける快適性や高速安定性を追求した。

スタイリングは、ツアラーらしい堂々とした佇まいのなかにも、軽快なスポーツ性能を感じられる、シャープでのびやかなラインを使ったデザインとした。

全回転数域で余裕のあるパワフルな水冷直列4 気筒999cm3 エンジンは、低速域からでも使いやすいスムーズなトルク特性としながらも、高揚感のある加速性能を実現。

軽量で剛性感のあるフレームに搭載することで、日常での扱いやすさとワインディングや高速道路などでの操縦安定性を両立させた。

また、排ガス規制「ユーロ5」に対応(欧州仕様車)しながら、最高出力の向上を実現した。

長距離ツーリングにおける疲労低減のため、浮動式ハンドルやラバー付きフットレスト、専用グラブバーを採用し、ライダーとタンデムライダーに伝わるバイクからの振動を軽減した。

加えて、ハンドルバーの幅を広げ、ハンドル位置をライダー側に近づけることで、よりツーリングに適したアップライトなライディングポジションを実現した。

また、空力性能を追求したスクリーンや専用設計のシートを採用し、ライダーの快適性を向上させた。

さらに、新型「GSX-S1000GT」専用開発品を含む豊富な純正用品を用意し、快適性、利便性の向上、バイクのカスタマイズを可能とした。

新型「GSX-S1000GT」の主な装備、特徴

電子制御システム

電子制御システムS.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)。

出力特性を3 つのモードから選択できるSDMS(スズキドライブモードセレクター)や選択幅を広げ、制御量を5 段階から選択可能となったトラクションコントロールシステム、クラッチレバーを操作しなくてもシフトアップ/ダウンできる双方向クイックシフトシステムなどを搭載した。

また、スロットルの操作不要で設定速度を維持するクルーズコントロールシステムを新しく採用し、高速道路等での快適性を向上させた。

メーター

6.5 インチ大画面フルカラーTFT 液晶メーターをスズキ初採用。ディスプレイをデイモード (白)とナイトモード (黒)に切り替えることで、時間や走行状況に関係なく、可視性を最大限に高めることができる機能を搭載した。
専用アプリ「SUZUKI mySPIN」をインストールしたスマートフォンと接続し、地図の表示や音楽の再生電話の発着信などを可能とした。

スマートフォンは、iOS、Android ともに対応。

※ 音楽の再生や電話の発着信には別途ワイヤレスヘッドセットが必要です。

※ IOS は、Cisco またはその関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。

※ Android は米国 Google LLC の商標です。

デザイン

シャープでのびやかなラインによって軽快なスポーツ性能と空力性能を大胆なボディラインで表現。

同時に、電子制御、スマートフォン接続など、新型「GSX-S1000GT」が持つ知性を視覚的に表現する洗練さを取り入れたデザインとした。

タンデムライダーへ伝わる振動を軽減するタンデムシートの形状やクッション厚、グラブバーやタンデムステップを採用するなど、タンデムライダーへの快適性にもこだわってデザインした。

用品

新型「GSX-S1000GT」専用開発品を含む豊富な純正用品を用意した。

高い防風性能をさらに高めるツーリングスクリーン、フルフェイスヘルメットが入る大容量サイドケースセット、グリップヒーターなど、ツーリング中の快適性、利便性を向上させる用品を用意した。

自分の好みに合わせてバイクをカスタマイズすることができる、スタイリッシュシート、カーボン調カバー、デカールなどの外観用品を用意した。

※ 大容量サイドケースセットはサイズ、形状によっては入らないものもあります。

主要諸元 (欧州仕様)

全長 2,140mm
全幅 825mm
全高 1,215mm
ホイールベース 1,460mm
装備重量 226kg
エンジン形式 999cm3水冷4 サイクル直列4 気筒DOHC
最高出力 112kW/11,000rpm
最大トルク 106N・m/9,250rpm
燃料タンク容量 19.0L

 

リリース:スズキ株式会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-バイクニュース
-, ,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5