トピックス バイクニュース

【インディアン】新モデルを含む2023年モデルラインナップを発表

アメリカ初のモーターサイクル・カンパニーであるインディアン・モーターサイクルは、2023年モデルのラインアップを発表し、新しい「FTR Sport」と「Indian Challenger Elite」、およびラインナップ全体における様々なモデルのアップデートと新しいアクセサリーを発表いたしました。さらに、FTRモデルは、新デザインのタンクカバーに鮮やかな配色を施した新色をラインアップしています。

FTR:アメリカン・オリジナル

2023年モデルのトップニュースは、FTRの新しいミッドレンジモデル、「FTR Sport」の導入です。FTR Sに代わるFTR Sportは、プレミアムモデルのFTR R Carbonに次ぐレンジに位置します。

FTR Sportの特徴

FTR Sportは、ライダーがモーターサイクルという純粋なスポーツを楽しむためにデザインされ、大胆な外観とゼッケンプレート、チンフェアリング、シートカウルなどのスポーティなパーツが、FTRのエネルギッシュな姿をさらに高めています。FTRは、アメリカンVツインの性能と、マッシブなスタイルを融合させた、まさにAn American Originalなのです。

2023年モデルのFTR Sportは、RIDE COMMANDを搭載した4インチの丸型タッチスクリーンディスプレイにアップグレードされています。3つのライドモード(スポーツ、スタンダード、レイン)は、さまざまな好みやライディングコンディションに合わせて特徴あるパフォーマンスを提供します。また、リーンアングル・センシティブ・スタビリティ・コントロールとABSは、様々な状況において確信のある予測可能なハンドリングを実現します。

また、新しいデザインのタンクパネルを採用し、ブラックメタリックにインディレッドのアクセントを加えたカラーと、ホワイトライトニングにインディレッドとブラックメタリックのアクセントを加えたカラーを用意しています。

FTR R Carbonの特徴

2023年モデルのFTR R Carbonは、RIDE COMMANDを搭載した4インチの丸型タッチスクリーンディスプレイにアップグレードされています。3つのライドモード(スポーツ、スタンダード、レイン)は、さまざまな好みやライディングコンディションに合わせて特徴あるパフォーマンスを提供します。また、リーンアングル・センシティブ・スタビリティ・コントロールとABSは、様々な状況において確信のある予測可能なハンドリングを実現します。

他にも、カーボンファイバー製コンポーネント、プレミアムシート、オーリンズ製ゴールド・フロントフォークとゴールド・ピギーバックショックを装備し、プレミアムモデルとしての地位を確固たるものにしています。

またFTR R Carbonは、クラウドシルバーとチャンピオンシップゴールドのピンストライプが施され、インディアンの象徴であるスクリプトロゴのタンクパネルが専用品として用意されています。

FTRシリーズ2023年モデルの特徴

FTRシリーズは主要コンポーネントを前モデルより継承しつつ、全3モデルにスポーツマフラーを新たに採用し、フロントブレーキを再チューニングして、より強固なブレーキフィーリングを実現しています。また、スピードメーターを見やすく上方に移動し、新型クラッチを追加してフィーリングと性能を向上させています。

FTRは、メタリックブラック ペイントに、リフテッド・ライムのブランドロゴと同色のリアショック、ステルスグレー ペイントにオレンジバーストのブランドロゴと同色のリアショック&ホイールの2系統のカラースキームが用意されます。

インディアンモーターサイクルは、個性的なカスタムのために、ビレットパーツやカーボンファイバー製品など9つの新しいFTRアクセサリーを発売します。また、快適性を高めるために、耐久性と耐候性に優れたComfort+シートを導入しています。

Indian Challenger Elite 究極のスタイルとエクスクルーシ

インディアンモーターサイクルでは、よりエクスクルーシブで、他とは違うものを求めるライダーのために、2023年モデルのIndian Challenger Eliteを提供します。世界限定150台のこのバガーは、プレミアムなサファイアブルー・スモーク ペイントにブラックスモークとチタンメタリック・スモークのアクセントで大胆にその存在感を表現しています。

スタイル、パフォーマンス、快適性を完璧に融合させたIndian Challenger Eliteは、ストリートで人目を引き、オープンハイウェイで距離を縮めること間違いなしです。パワープラス・エンジンはクラス最高の90kw(122HP)と178 Nmのトルクを誇り、プレミアムな装備と先進のライド・エンハンスメント・テクノロジーは、他の追随を許さないライディングを提供します。3つのライドモード、Fox®製電子制御式リアサスペンション・プリロード、スマートリーン・テクノロジー、アダプティブLEDヘッドライト、LEDドライビングライト、アジャスタブル・フレアウインドスクリーン、セレクト・フロアボード、グリップヒーター、サドルバッグスピーカー付き6.5インチ・パワーバンドオーディオ、プレシジョンカット5スポーク新型ホイールなど、プレミアム機能が多数採用されています。2人乗りで週末の冒険を楽しむにも、1人で通勤するにも、Indian Challenger Eliteは究極のスタイルと他を寄せつけない独自性を提供します。

2023年モデル: ライダーを選ばない多様なラインアップ

2023モデルのアップグレードの内容

⚫ サンダーストロークとパワープラスの全モデルに新型クラッチを採用し、全体的なフィーリングと耐久性を向上させました。この新型スリッパークラッチは、エンジンの抵抗を低減し、スムーズなシフトダウンと快適な乗り心地を実現するとともに、悪路でのトラクション維持能力を向上させました。
また、フリクションゾーンの拡大やレバー操作の軽減により、クラッチ操作による疲労を軽減し、市街地や渋滞時のライディングに効果を発揮します。

⚫ Springfield、Chieftain、Challenger、Roadmaster、Pursuitでは、LEDヘッドライトのデザインを変更し、光の到達距離と広がりを向上させ、ライダーが前方を確認しやすくするとともに、道路上の他のドライバーからの視認性も向上させています。

⚫ パワープラスとサンダーストロークのシートヒーター、シートヒーター&クーラーにハプティクス(触感)ボタンを採用し、グローブを装着したままでもボタンの反応がわかるようにしました。
Indian Pursuit with Premium PackageにLower Fairing Storageコンパートメントを標準装備としました。

⚫ 4インチの丸型タッチスクリーンディスプレイを搭載したモデルでは、インディアンモーターサイクルのアプリやウェブサイトからライドコマンドのアカウントをバイクに紐付けることができ、車両の健康状態、車両検索、ライドトラッキングなどの機能へアプリやウェブからアクセスできるようになりました。

2023モデルのニューカラー

⚫ Chief Dark Horseにセージブラシ・スモーク

⚫ Roadmaster Limitedにストライカーレッド・メタリックなど

⚫ Chieftain LimitedとIndian Pursuitにはスピリットブルー・メタリック

 

⚫ Challenger Dark Horseにはチタニウム・スモーク

の新色をそれぞれ追加しています。
新色ペイントの詳細は、公式サイト をご覧ください。

機能的なアクセサリーの追加

CruzTOOLSとの提携により、全モデルに対応する2つのツールキットとFTRモデル用アクスルアダプターを含む3つのアクセサリーを発売します。
また、オールウェザー・ビニール・テールバッグは、パッセンジャーシートやラゲッジラックに取り付けることができ、ほとんどのモデルでの収納性アップに貢献します。

その他、多数のアクセサリーパーツが追加されています。詳しくは公式サイトをご覧ください。
※アクセサリーパーツについては日本に導入できないものもあります。

 

リリース:ポラリスジャパン株式会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-トピックス, バイクニュース
-, , , , , ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5