トピックス バイクニュース

【ホンダ】「CRF50F」「CRF110F」「CRF125F」のグラフィックを変更

Hondaは、オフロード走行専用車「CRF50F」「CRF110F」「CRF125F」のグラフィックデザインを変更し、受注期間限定※1で9月15日(木)に発売します。

●車体側面に配したグラフィックを新たなデザインに変更
●コンパクトな車体サイズと扱いやすいエンジン特性でオフロード走行を楽しめる入門モデル

※1受注期間は2022年8月23日(火)から9月30日(金)まで。受注状況により受注期間終了前に受付を中断、または終了する場合があります。また、注文から納車まで長期間お待たせする場合があります

CRF50F(写真は海外仕様車)

CRF110F(写真は海外仕様車)

CRF125F(写真は海外仕様車)

 

製品情報

CRF50F、CRF110F、CRF125Fは、コンパクトで取り回しやすい車体サイズに、力強く扱いやすい特性のエンジンを搭載し、排気量のステップアップに応じたラインアップで、子供から大人までオフロード走行を楽しめるモデルとしています。

変更点

今回、全機種ともに車体側面に配したグラフィックを躍動感あふれる新たなデザインに変更しました。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

CRF125F:346,500円(消費税抜き本体価格 315,000円)
CRF110F:275,000円(消費税抜き本体価格 250,000円)
CRF50F:198,000円(消費税抜き本体価格 180,000円)

*価格(リサイクル費用を含む)はメーカー希望小売価格で(消費税10%込み)参考価格です
*このCRFシリーズは道路および一般交通の用に供する場所では一切走行ができません。また、登録してナンバープレートを取得することもできません
*走行場所には十分注意してください。私道や林道、河原、海辺などの公共の道路以外の場所でも、人や車が自由に出入りできるところは道路とみなされ、道路交通法および道路運送車両法の違反になります
*CRF50Fは体重40kg以下の方が使用することを想定して開発した製品です
*CRF110Fは体重45kg以下の方が使用することを想定して開発した製品です

主要諸元

通称名 CRF50F CRF110F CRF125F
車名・型式 ホンダ・AE04 ホンダ・JE02 ホンダ・JE03
全長(mm) 1,302 1,540 1,855
全幅(mm) 581 675 770
全高(mm) 774 925 1,070
軸距(mm) 911 1,065 1,255
最低地上高(mm) 152 170 260
シート高(mm) 548 660 785
車両重量(kg) 50 77 88
エンジン種類 空冷 4ストローク OHC 単気筒 空冷 4ストローク OHC 単気筒 空冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量(cm3) 49.5 109 124.9
内径×行程(mm) 39.0×41.4 50.0×55.6 52.4×57.9
圧縮比 10 9 9
燃料供給装置形式 キャブレター PA42H(メインボアΦ11mm) 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)> (スロットルボアΦ19mm) 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)> (スロットルボアΦ22mm)
始動方式 キック式 セルフ式(キック式併設) セルフ式(キック式併設)
点火装置形式 CDI式マグネット点火 フルトランジスタ式バッテリー点火 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式 圧送飛沫併用式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 2.6 3.7 3.7
クラッチ形式 自動遠心式 自動遠心式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式3段リターン(ボトムニュートラル) 常時噛合式4段リターン(ボトムニュートラル) 常時噛合式4段リターン
変速比 1 速 3.272 2.615 3.181
2 速 1.666 1.555 1.706
3 速 1.19 1.136 1.238
4 速  ― 0.916 0.916
減速比(1次/2次) 4.058/2.642 4.058/2.714 3.250/3.769
キャスター角(度) 25°00´ 25°30´ 27°30´
トレール量(mm) 32 53 94
タイヤ 2.50-10 33J 70/100-14M/C 37J 70/100-19M/C 42M
2.50-10 33J 80/100-12 60J 90/100-16M/C 51M
ブレーキ形式 機械式リーディング・トレーリング 機械式リーディング・トレーリング 油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング 機械式リーディング・トレーリング 機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式(クッションストローク96mm) テレスコピック式(クッションストローク100mm) テレスコピック式(クッションストローク170mm)
カンチレバー式(アクスルトラベル70mm) カンチレバー式(アクスルトラベル97mm) スイングアーム式(プロリンク)(アクスルトラベル168mm)
フレーム形式 バックボーン バックボーン ダイヤモンド

(Honda測定値)
■製造事業者/新大洲本田摩托有限公司  ■製造国/中国  ■輸入事業者/本田技研工業株式会社

 

リリース:本田技研工業株式会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-トピックス, バイクニュース
-, , , ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5