トピックス バイクニュース

【カワサキ】新排ガス規制対応の「Ninja250」2023モデルが発売!

今の250フルカウルスポーツブームの元祖、カワサキの「Ninja250」の2023年モデルが、2023年2月から発売される予定です。

ライムグリーン×エボニー(Ninja 250 KRT EDITION)

今回の主な変更点は
■型式および型式指定・認定番号の変更(令和2年排出ガス規制への適合)と、それにに伴う諸元の変更
■カラー&グラフィックの変更
になります。

Ninja250シリーズの特徴

シャープなスタイリングにライトウェイト、ハイパフォーマンスを兼ね備えたNinja 250。質感の高いボディワークや力強いエンジン、軽く扱い易いハンドリング、スポーティ且つ快適なライディングポジションをより高い次元で実現しています。また、アシスト&スリッパー®クラッチやLEDヘッドライトユニット、ギヤポジションインジケーターなどを標準装備しライダーをサポート。KRT EDITION車体デザインにはスーパーバイク世界選手権で戦うNinja ZX-10RRをイメージしたカラーリングを採用しています。奥深い魅力を持つこのNinja 250は、多様なシーンで幅広いライダーにモーターサイクルの楽しさを提供します。

モデル情報と主要諸元

メタリックマグネティックダークグレー×メタリックマットトワイライトブルー

メタリックカーボングレー×メタリックマットカーボングレー

車名(通称名):Ninja 250、Ninja 250 KRT EDITION
形式:8BK-EX250Y
型式指定・認定番号:Ⅱ-388
メーカー希望小売価格:671,000円(消費税込み)
カラー(カラーコード):メタリックマグネティックダークグレー×メタリックマットトワイライトブルー(GY2)、メタリックカーボングレー×メタリックマットカーボングレー(GY1)、ライムグリーン×エボニー(GN1)( Ninja 250 KRT EDITION)
発売予定日:2023年2月15日(水)

※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルは川崎重工業株式会社の海外工場Kawasaki Motors Enterprise(Thailand)Co.,Ltd.(KMT)で 日本向けに生産された車両です。
※当モデルはABS装着車です。
※メーカー希望小売価格は参考価格です。

Ninja 250 KRT EDITION / Ninja 250 主要諸元
車名(通称名) Ninja 250 KRT EDITION Ninja 250
全長x全幅x全高 1,990mm×710mm×1,125mm
軸間距離 1,370mm
最低地上高 145mm
シート高 795mm
キャスター/トレール 24.3°/90mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列2気筒/DOHC 4バルブ
総排気量 248cm3
内径x行程/圧縮比 62.0mm×41.2mm/11.6:1
最高出力 26kW(35PS)/12,500rpm
最大トルク 22N・m(2.2kgf・m)/10,500rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 2.0L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 2.769(36/13)
2速 1.894(36/19)
3速 1.500(33/22)
4速 1.240(31/25)
5速 1.074(29/27)
6速 0.960(24/25)
一次減速比 / 二次減速比 3.068(89/29)/2.928(41/14)
フレーム形式 トレリス
懸架方式 テレスコピック(インナーチューブ径41mm)
スイングアーム
ホイールトラベル 120mm
130mm
タイヤサイズ 110/70-17M/C 54H
140/70-17M/C 66H
ホイールサイズ 17M/C×MT3.00
17M/C×MT4.00
ブレーキ形式 シングルディスク 310mm(外径)
シングルディスク 220mm(外径)
ステアリングアングル (左/右) 35°/35°
車両重量 166kg
燃料タンク容量 14L
乗車定員 2名
燃料消費率(km/L)※1 32.3km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)※2
25.1㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)※3
最小回転半径 2.5m

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。
※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
※3:WMTCモード値とは、発進・加速・停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
※改良のため、仕様および諸元は予告なく変更することがあります。

 

リリース:株式会社カワサキモータースジャパン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-トピックス, バイクニュース
-, , , ,

© 2023 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5