バイクニュース

スズキ「KATANA」がマイナーチェンジの2022モデルを発売!

スズキは日本刀をイメージした前衛的なデザインと走行性能を融合させた大型ロードスポーツバイク「KATANA(カタナ)」をマイナーチェンジして2月25日より発売します。

「KATANA」は、燃料タンクから車体先端まで、研ぎ澄まされた刀のようにシャープで流れるようなラインをあしらったデザインを採用。角形のLEDヘッドランプや、刀の切先をイメージした造形の車体先端下部に装着されたLEDポジションランプにより、「GSX1100S KATANA」に着想を得た特徴的な顔つきに仕上げました。

また、スズキ初となるターンシグナル付スイングアームマウントリヤフェンダーを採用し、車体後部のシート下をすっきりとさせた外観となっています。

ミスティックシルバーメタリック

マットステラブルーメタリック

主な変更点

・ 電子制御スロットルシステムの採用や吸排気の機構変更により、平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応しながら、最高出力の向上を実現。

・ 電子制御システムS.I.R.S.※1(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)を新たに搭載。より扱いやすさとスポーティーなライディングを両立。新搭載の電子制御システムS.I.R.S.には、出力特性を3つのモードから選択できるSDMS(スズキドライブモードセレクター)や、選択幅を広げ5 段階から選択可能とななったSTCS(スズキトラクションコントロールシステム)※2、クラッチレバーを操作しなくてもシフトアップ/ダウンできる双方向クイックシフトシステムなどを採用。

※1 S.I.R.S (スズキ・インテリジェント・ライド・システム)はスズキの電子制御システムの総称です。
※2 トラクションコントロールは、あらゆる条件下で後輪のスリップ(スピン)を完全に制御したり転倒を防止するものではありません。

製品情報と主要諸元

■車名:KATANA(GSX-S1000SRQM2)
■メーカー希望小売価格:1,606,000円(税込)
■カラー:ミスティックシルバーメタリック(BCX)、マットステラブルーメタリック (YUA)

認定番号 20179
形式 8BL-EK1AA
全長×全幅×全高(mm) 2,130mm × 820mm × 1,100mm
軸間距離/最低地上高(mm) 1,460mm / 140mm
シート高(mm)/装備重量(kg) 825mm / 215kg
燃料消費率※ 国土交通省届出値:定地燃費値※2 km/L( 60 km/h) 2名乗車時
WMTCモード値※3  km/L( クラス3、サブクラス3-2 )1名乗車時
最小回転半径(m) 3.4m
エンジン型式/弁方式 DTB1・水冷・4サイクル・直列4気筒/ DOHC・4バルブ
総排気量(cm3) 998cm3
内径×行程(mm)/圧縮比 73.4 × 59.0 /12.2:1
最高出力※4 110 kW( 150 PS)/ 11,000 rpm
最大トルク※4 105 N・m( 10.7 kgf・m)/ 9,250 rpm
燃料供給装置形式 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式/潤滑油容量(L) 圧送式/ 3.4 L
燃料タンク容量(L) 12L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.562
2速 2.052
3速 1.714
4速 1.5
5速 1.36
6速 1.269
減速比(1次/2次) 1.553 / 2.588
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター/トレール(mm) 25 ° / 100 mm
ブレーキ形式(前/後) 油圧式ダブルディスク(ABS) / 油圧式シングルディスク(ABS)
タイヤサイズ(前/後) 120/70ZR17M/C (58W) / 190/50ZR17M/C (73W)
舵取り角左右 29°
乗車定員(名)  2名

※平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応
※1:装備重量は、燃料・潤滑油・冷却水・バッテリー液を含む総重量となります
※2:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。実際の燃費は、使用環境(気象、渋滞等)や 運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
※3:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
※4:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
※5:エンジン出力表示は、「ps/rpm」から「kW/rpm」へ、トルク表示は「kgf・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わりました。( )内は、旧単位での参考値です。

リリース:スズキ株式会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-バイクニュース
-, , ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5