トピックス バイクニュース

【カワサキ】2023年型「Z650RS」はカラー&グラフィック変更

カワサキの人気のミドルレトロスポーツ「Z650RS」の2023年モデルが、全国のカワサキプラザで11月1日(火)から発売されます。
なお、2023年モデルの主な特徴は、カラー&グラフィックの変更(キャンディエメラルドグリーンは継続)です。

Z650RSの特徴

モダンでカジュアルなスタイリングを獲得した新たなレトロスポーツ”Z650RS”。 スリムなタンク、短くコンパクトなテールを採用することで、軽快で親しみやすいキャラクターを演出しています。低速での優れたトルクを発揮する649cm³並列2気筒エンジンと軽量コンパクトなシャーシはZ650から継承。扱いやすさと良好な足つき性、軽快なハンドリングを実現しています。また、砲弾型メーターケースのレトロな雰囲気と先進機能を持たせた2眼専用メーターユニットや丸型LEDヘッドライトがレトロな外観と現代的な機能を両立させています。親しみやすく、スタイリッシュでカジュアルなZ650RSは、ライダーにとって最適な選択肢のひとつとなるでしょう。

製品情報

車名:Z650RS(カワサキケアモデル)
型式:8BL-ER650M
型式指定・認定番号:20243
メーカー希望小売価格:1,034,000円(消費税込み)※カワサキケア含む
カラー(カラーコード):メタリックムーンダストグレー×エボニー(GY2)   キャンディエメラルドグリーン(GN1、継続)
販売店:カワサキ プラザ
発売予定日:2022年11月1日(火)

※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルはカワサキモータース株式会社の海外工場Kawasaki Motors Enterprise(Thailand)Co.,Ltd(KMT)で日本向けに生産された車両です。
※当モデルはABS装着車です。
※当モデルはETC2.0標準装備車です。
※メーカー希望小売価格は参考価格です。
※当モデルは「カワサキケアモデル」です。

カワサキケアモデルとは
安心・安全なモーターサイクルライフをサポートするため、1ヶ月目点検に加え、3年間の定期点検とオイル交換(オイルフィルター含む)を無償で受けることができるモデルです。

主要諸元

SPECIFICATION
車名 Z650RS
マーケットコード ER650MPFAN ER650MPFBN
型式 8BL-ER650M
全長x全幅x全高 2,065mm×800mm×1,115mm
軸間距離 1,405mm
最低地上高 125mm
シート高 800mm
キャスター/トレール 24.0°/ 100mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列2気筒/DOHC 4バルブ
総排気量 649cm³
内径x行程/圧縮比 83.0mm×60.0mm/10.8:1
最高出力 50kW(68PS)/8,000rpm
最大トルク 63N・m(6.4kgf・m)/6,700rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 セミドライサンプ
エンジンオイル容量 2.3L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 2.437 (39/16)
2速 1.714 (36/21)
3速 1.333 (32/24)
4速 1.111 (30/27)
5速 0.965 (28/29)
6速 0.851 (23/27)
一次減速比 / 二次減速比 2.095(88/42)/3.066(46/15)
フレーム形式 ダイヤモンド
懸架方式 テレスコピック(インナーチューブ径 41mm)
スイングアーム(ホリゾンタルバックリンク)
ホイールトラベル 125mm
130mm
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C (58W)
160/60ZR17M/C (69W)
ホイールサイズ 17M/C×MT3.50
17M/C×MT4.50
ブレーキ形式 デュアルディスク 300mm (外径)
シングルディスク 220mm (外径)
ステアリングアングル(左/右) 35°/ 35°
車両重量 188kg
燃料タンク容量 12L
乗車定員 2名
燃料消費率(km/L)※1 31.8km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)※2
23.0㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)※3
最小回転半径 2.6m
カラー メタリックムーンダストグレー×エボニー(GY2) キャンディエメラルドグリーン(GN1、継続)

※1:    燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。
※2:    定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
※3:    WMTCモード値とは、発進・加速・停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
※改良のため、仕様および諸元は予告なく変更することがあります。

 

リリース:株式会社カワサキモータースジャパン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-トピックス, バイクニュース
-, , ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5