トピックス バイクニュース

【カワサキ】「W800」シリーズの2023年モデルはカラー&グラフィック変更

カワサキは「W」ブランドの血脈を受け継ぐ最新進化形「W800」シリーズの2023年モデルを全国のカワサキプラザで発売します。

なお、2023年モデルの主な変更点はカラー&グラフィックの変更です。

モデル情報

W800

50年にわたる「W」ブランドの血脈を受け継ぐ最新進化形、W800。当時、「W1」が背負った使命を「Ninja」「Z」に引き継いだ今、「W1」がもっていた「ビッグバイクらしさ」すなわち「操る悦び」「所有する悦び」「愛でる悦び」を純粋培養し、心を豊かにする“らしさ”にこだわっています。19インチのフロントホイールは、オリジナルの「W」が持つ、ゆったりとしたハンドリングに貢献。空冷バーチカルツインのパルス感と乾いたサウンドとともにクラシックなライディングフィールを演出しています。また、専用のハンドルバーとシートは快適なライディングポジションを実現。絶対値としての速度や出力に依存しない純粋な操る悦びが、往年のビッグバイクに乗る快感を提供します。

W800 STREET

クラシカルなアップライトスタイルのハンドルバー、ロープロファイルシートを備え、現代のデザインと時代を超越した美しさを持ち合わせW800 STREET。美しい外観を持つ空冷バーチカルツインエンジンのほか、360°クランクの特性を活かした鼓動感のあるエキゾーストサウンドなど、「W」オリジナルの雰囲気を損なわないように配慮しながらも現代的で信頼性の高いパフォーマンスを実現しています。

W800 CAFE

クラブマンスタイルのハンドルバーとカフェシートによる適度な前傾姿勢により、ライダーのスポーツマインドを刺激するW800 CAFE。専用フロントカウルを装備し、クラシカルかつスポーティなカフェレーサースタイルに仕上げています。また、美しい外観を持つ空冷バーチカルツインエンジンのほか、360°クランクの特性を活かした鼓動感のあるエキゾーストサウンドなど、「W」オリジナルの雰囲気を損なわないように配慮しながらも現代的で信頼性の高いパフォーマンスを実現しています。

クラブマンスタイルのハンドルバーとカフェシートによる適度な前傾姿勢により、ライダーのスポーツマインドを刺激するW800 CAFE。専用フロントカウルを装備し、クラシカルかつスポーティなカフェレーサースタイルに仕上げています。また、美しい外観を持つ空冷バーチカルツインエンジンのほか、360°クランクの特性を活かした鼓動感のあるエキゾーストサウンドなど、「W」オリジナルの雰囲気を損なわないように配慮しながらも現代的で信頼性の高いパフォーマンスを実現しています。

車名 W800 W800 STREET W800 CAFE
マーケットコード EJ800EPFNN EJ800FPFNN EJ800GPFNN
型式 8BL-EJ800E
型式指定・認定番号 20072
メーカー希望小売価格 ※カワサキケア含む 1,199,000円(本体価格1,090,000円、消費税109,000円) 1,133,000円(本体価格1,030,000円、消費税103,000円) 1,243,000円(本体価格1,130,000円、消費税113,000円)
カラー(カラーコード) メタリックスレートブルー×メタリックディアブロブラック(BU1) パールストームグレー(GY1) エボニー(BK1)
販売店 カワサキ プラザ
発売予定日 2022年8月10日(水) 2022年9月15日(木) 2022年9月15日(木)

※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルはABS装着車です。
※当モデルは二輪車ETC2.0標準装備車です。
※メーカー希望小売価格は参考価格です。
※当モデルは「カワサキケアモデル」です。

カワサキケアモデル
安心・安全なモーターサイクルライフをサポートするため、1ヶ月目点検に加え、3年間の定期点検とオイル交換(オイルフィルター含む)を無償でお受けいただけるモデルです。

W800 主要諸元
車名(通称名) W800 W800 STREET W800 CAFE
マーケットコード EJ800EPFNN EJ800FPFNN EJ800GPFNN
型式 8BL-EJ800E
全長x全幅x全高 2,190mm × 790mm × 1,075mm 2,135mm × 925mm × 1,120mm 2,135mm × 825mm × 1,135mm
軸間距離 1,465mm
最低地上高 125mm 130mm
シート高 790mm 770mm
キャスター/トレール 27.0°/ 108mm 26.0°/ 94mm
エンジン種類/弁方式 空冷4ストローク並列2気筒/SOHC 4バルブ
総排気量 773cm³
内径x行程/圧縮比 77.0mm×83.0mm/ 8.4:1
最高出力 38kW(52PS)/6,500rpm
最大トルク 62N・m(6.3kgf・m)/4,800rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 3.2L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛5段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 2.352 (40/17)
2速 1.590 (35/22)
3速 1.240 (31/25)
4速 1.000 (28/28)
5速 0.851 (23/27)
一次減速比 / 二次減速比 2.095 (88/42)/2.466(37/15)
フレーム形式 ダブルクレードル
懸架方式 テレスコピック(インナーチューブ径41mm)
スイングアーム
ホイールトラベル 130mm
107mm
タイヤサイズ 100/90-19M/C 57H 100/90-18M/C 56H
130/80-18M/C 66H
ホイールサイズ 19M/C×MT2.50 18M/C×MT2.50
18M/C×MT3.00
ブレーキ形式 シングルディスク 320mm (外径)
シングルディスク 270mm (外径)
ステアリングアングル (左/右) 37°/ 37°
車両重量 226kg 221kg 223kg
燃料タンク容量 15L
乗車定員 2名
燃料消費率(km/L)※1 30.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)※2
20.9㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)※3
最小回転半径 2.7m

※1:    燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。
※2:    定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
※3:    WMTCモード値とは、発進・加速・停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
※改良のため、仕様および諸元は予告なく変更することがあります。

リリース:カワサキモータースジャパン株式会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-トピックス, バイクニュース
-, ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5