バイクニュース

究極のスーパーバイク 新型RSV4 Factory を発売

ピアッジオグループジャパン株式会社は一体型ウイングレットを備えた新デザイン、進化したエンジンやエレクトロニクス、エルゴノミクスの改良により新次元のパフォーマンスを発揮する、『新型RSV4 Factory』を全国のアプリリア正規販売店にて発売します。

 

アプリリア 新型RSV4 Factory

  • メーカー希望小売価格 : ¥3,080,000 (消費税10%込)
  • カラーバリエーション : アプリリアブラック
  • 受注開始日 : 2021年6月9日(水)
  • 出荷開始時期 : 2021年7月頃より順次

一体型ウイングレットを備えた新エアロダイナミクス、エンジンやエレクトロニクスを進化させた新型RSV4 Factory を発売

10年以上に渡りスーパースポーツカテゴリーに革新をもたらしてきたアプリリアブランドのフラッグシップスーパースポーツであるRSV4は、デザイン、エアロダイナミクス、エルゴノミクス、エンジン、シャシー構造等あらゆる面で目覚ましい進化を遂げ、ラップタイムやベストラップを容易に更新できるなど、サーキット走行でのパフォーマンスが向上しています。

 

新デザインのフェアリングは、革新的なRS 660のフォルムにインスパイアされており、極限まで空気抵抗を低く抑えることで高速走行時のパフォーマンスと、ライダーの快適性が大幅に向上しています。

65度V型4気筒エンジンは、排気量を1,099ccへと拡大しユーロ5の適合と共にトルクを増大させています。電子制御システムも従来モデルに搭載されていたものから更に進化を遂げ、さらにバイクライフをよりシンプルにすることを目的に、6種類のライディングモードを採用しています。シャシー構造は、軽量で高剛性の新デザインのスイングアームを採用し、安定したコーナリングを実現します。

 

 

世界で最もユニークな進化を遂げた新型RSV4

アプリリアRSV4は、レースで勝利を収めることだけを目的に創られ、10年以上に渡り評論家から賞賛を受け、参戦したレースの全てのトップカテゴリーでトロフィーを獲得した唯一のバイクであり、また大幅に改良したバージョンでMotoGPにも参戦した歴史を有し、あらゆるメーカーが最高峰のテクノロジーを持ち寄る分野において、驚くほど先見性の高いデザインを誇っています。

 

アプリリアRSV4は常にアップデートされ、スポーツ性とパフォーマンスの面でスーパースポーツカテゴリーにおいて確固たる地位を確立して来ました。短期間で7つのWSBK選手権をはじめ、54もの世界タイトルを獲得し、成功を収めるアプリリアのレーシング部門の貴重な経験から成し得た偉業の最高の証といえます。

 

サーキットで磨かれた技術は量産車に引き継がれ、アプリリアレーシングのマシンに通じる興奮を全てのライダーに提供します。高次元の設計と応用技術において突出したRSV4は、量産スポーツバイクではかつて無かった65°V4エンジンを軸に考案されました。更に、GP250クラスにおいて143のグランプリレースを制し、18のタイトルを勝ち取った名跡を受け継ぐフレーム技術を採用し、エンジンとバイクの運動性能を制御する最先端の応用電子システムを搭載しています。

 

アプリリアはライド・バイ・ワイヤマルチマップ スロットルを標準装備した最初のメーカーであり、何よりもライダーのパフォーマンスを最大限に引き出すための最も効率的で完璧な電子制御システムであるAPRCダイナミックコントロール・プラットフォームの特許を最初に取得したメーカーでもあります。

 

10年以上に渡りスーパースポーツカテゴリーを制してきたアプリリアが、新型RSV4の発表により、スーパースポーツバイクの基準となる役割を担い続けることになります。デザイン、エアロダイナミクス、エルゴノミクス、エンジン、シャーシ構造、標準装備等あらゆる面で目覚ましい進化を遂げ、ラップタイムやベストラップを容易に更新できるなど、サーキット走行でのパフォーマンスが向上しています。

 

さらにアプリリアRSV4ファクトリーは1100cc、217馬力のV4エンジンの優れた性能により、圧倒的なトップレベルのプラットフォームを誇り、オーリンズ社との共同開発によるセミアクティブサスペンションやアルミ鍛造ホイールなど、より洗練された技術特性を備えています。

RSV4 Factory 主要諸元
エンジン 4ストローク水冷65°V型4気筒DOHC4バルブ
総排気量 1,099cc
ボア×ストローク 81mm × 53.3mm
圧縮比 13.6:1
最高出力 217HP(159.6kW)/13,000rpm
最大トルク 125Nm/10,500rpm
燃料供給方式 電子制御燃料噴射システム、マレリ製48mm4スロットルボディ、8インジェクター、ライド・バイ・ワイヤ エンジンマネージメントシステム
トランスミッション 6速カセットタイプ アプリリア・クイック・シフト(AQS)UP&DOWN
1次減速比 73/44(1.659)
2次減速比 41/16(2.562)
クラッチ 機械式スリッパ―システム付湿式多板クラッチ
電子制御マネージメント APRCシステム(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)の機能
 ・AEM(アプリリア・エンジン・マップ)
 ・AEB(アプリリア・エンジン・ブレーキ)
 ・ATC(アプリリア・トラクション・コントロール)
 ・AWC(アプリリア・ウィーリー・コントロール)
 ・ALC(アプリリア・ローンチ・コントロール)
 ・ACC(アプリリア・クルーズ・コントロール)
 ・APT(アプリリア・ピットレーンスピードリミッター)
6種のライディングモード(Road3種・Track3種)
フレーム アルミニウム製デュアルビームフレーム
(ヘッドストックポジション及び角度調整、エンジンマウント高さ調整、スイングアームシャフト高さ調整機能付き)
Öhlins 製Smart EC 2.0 電子制御ステアリングダンパー
サスペンション(F) Smart EC 2.0 電子制御Öhlins製NIXテレスコピックΦ43mmチタンコーティング倒立フォーク、アルミ製ラジアルキャリパーマウント、スプリングプリロード、コンプレッション及びリバウンド調整機能、ホイールトラベル125 ㎜
サスペンション(R) ダブルブレースアルミ製スイングアーム
Smart EC 2.0 電子制御Öhlins製TTXモノショックビギーバックタイプ、スプリングプリロード、ホイールベース、コンプレッション及びリバウンド調整機能
ホイールトラベル115㎜
ブレーキ(F) 330mm軽量ステンレス製フローティングデュアルディスク、
ブレンボ製Stylema®モノブロックラジアルマウント30mm径4ピストンキャリパー、ラジアルポンプ
ブレーキ(R) 220mmディスク、ブレンボ製32mm径2ピストン フローティングキャリパー
ABS ボッシュ製9.1MPコーナリングABS3マップ、RLM(リアホイールリフトアップ抑制システム)
ホイール(F) 3.5J x 17 軽量鍛造アルミホイール
ホイール(R) 6.0J x 17 軽量鍛造アルミホイール
タイヤ(F) 120/70-ZR17
タイヤ(R) 200/55-ZR17
全長/全幅 2,055mm/735mm
ホイールベース 1,435.8mm
シート高 845mm
車両重量 202Kg (燃料90%搭載時)
燃料タンク容量 17.9L

 

製品ページ

■リリース:ピアッジオグループジャパン株式会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-バイクニュース
-,

© 2021 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5