アイテム バイクニュース

【デイトナ】 ローダウンリアショックにブラック登場 セット商品も発売

バイクの車体をローダウンする際に便利なデイトナの『アジャスタブルローダウンリアショック』。シルバーボディ×ブラックスプリングの既存カラーに加え、ユーザーからの要望が多かったオールブラック仕様が登場。発売は4月下旬。また『ショートサイドスタンド』をセットにした『ローダウンキット』も4月下旬に発売する。

『アジャスタブルローダウンリアショック』の特徴

リアショック 純正よりローダウンしながら、純正以上の乗り心地とコーナーリング性能、ギャップ走破性を両立したアジャスタブルリアショック。

車高は無段階で調整可能で、30mmショートのローダウンスタイルから15mmショートでちょい下げまで様々なスタイルにマッチします。オールアルミ削り出しのボディは、スポーティな印象を与えるだけでなく、軽量化にも貢献します。

スプリングプリロード:無段階調整

伸側減衰力:20段調整(※1)

オールアルミ削り出しボディ/スプリングは粉体塗装仕上げ

車高調整(自由長):無段階(338mm〜353mm)

製品情報

『アジャスタブルローダウンリアショック』GB350S/('21~'23)〈2BL-NC59〉32471  ¥71,500(税込)

●車高調整(自由長):無段階338〜353mm(ノーマル長:368mm)
●伸側減衰力:20段調整(※1)
●スプリングプリロード:無段階調整
●ブラックボディ/ブラックスプリング
●スプリングは粉体塗装仕上げ
●リングスパナ2本付属

※1:伸側減衰調整20段、21段以上まで動きますが、21段以上は減衰力が変化しません。 ※ショートサイドスタンド(26232)の同時装着が必須です。 ※純正に比べ、センタースタンドを掛けるのが重くなります。

専用ショートサイドスタンドとのセット『ローダウンキット』

『アジャスタブルローダウンリアショック』(ブラックボディ、ブラックスプリング)と、GB350/S専用の『ショートサイドスタンド』のセット。

サイドスタンドはフロントフォーク突き出し0〜15mm、リアショック長−15〜−30mmに対応。

製品情報(セット内容)

『ローダウンキット』GB350/S('21~'23)〈2BL-NC59〉32520  ¥81,400(税込)

■アジャスタブルリアショック本体

●車高調整(自由長):無段階338〜353mm(ノーマル長:368mm)
●伸側減衰力:20段調整(※1)
●スプリングプリロード:無段階調整
●ブラックボディ/ブラックスプリング
●スプリングは粉体塗装仕上げ

※1:伸側減衰調整20段、21段以上まで動きますが、21段以上は減衰力が変化しません。
※純正に比べ、センタースタンドを掛けるのが重くなります。

■ショートサイドスタンド

●純正比:GB350/約20mmショート、GB350S/約15mmショート。(※2)
●純正センタースタンド併用可。
※2 GB350Sは純正でGB350より約5mm短いスタンドが採用されています。
※フロントフォークの突き出し、リアショックのダウン量によっては、停車時に理想の傾斜角にならない場合があります。

※『ショートサイドスタンド』単体でも購入可能  GB350/S('21~'23)〈2BL-NC59〉26232  ¥9,900(税込)

デイトナ公式ニュースページ

リリース:株式会社デイトナ

amazon
人気商品ランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-アイテム, バイクニュース
-, , , ,

© 2023 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5