トピックス ヘルメット

【SHOEI】レーススペックフルフェイス「X-Fifteen」が新発売

空力性能をはじめとする卓越した性能により、世界のレース界を席巻したSHOEIのフルフェイスヘルメット「X-Fourteen」ですが、更なる高みを目指し、長期間にわたる研究と風洞実験により見出した完全新設計の「X-Fifteen」が誕生しました。

ホワイト

ブラック

マットブラック

「X-Fifteen」の特徴

レースから生まれ、進化した空力性能を体感す

SHOEIのノウハウとそれを裏付ける圧力解析から空気抵抗の少ない形状を割り出し、それをベースに自社大型風洞設備での検証を重ねブラッシュアップ。時速350km/hを超える超高速走行でも安定した空力性能を発揮する完全新設計のエアロフォルムは、ピンと張りつめた緊張感のある雰囲気を漂わせます。

・X-Fifteenは従来モデルと比較し、ヘルメットが上方へ浮き上がろうとするLift が1.6%、前方から押し付けられるDragが6.1%低減。(いずれも自社大型風洞設備での参考数値)
・高い成形技術をもって実現した頭頂部左右の稜線からリアスタビライザー上部にかけての形状は、X-Fifteenのデザインを特徴づけるとともに高い空力性能を発揮します。
・チンバーからヘルメット後方にかけてヘルメットボトム部分を強く絞り込んだ形状にすることで、整流効果が大幅に高まりました。
・リアスタビライザーは左右に設けたシェルとのトンネル状の空間に風を呼び込み、後方へ流すことで空気の流れの向きを制御し安定性を高めます(特許出願中)。

レースやスポーツライディングに最適化したベンチレーショ

圧力解析によりベンチレーションの最適な配置を確認し、より実践でのレースポジションでの使用を想定した設計です。
ヘルメット内部のエアルートは従来モデルに比べ1.5倍以上溝を深くし、また、リアスタビライザーのトンネル部分にアウトレットホールを装備することで、より高い換気性能を実現しました。

・チークベントシステムは頬部のベンチレーションホールが従来モデルに比べ約2倍となり、過酷な環境下でのライディングもより快適にします。
・X-Fifteenのデザイン検討において、クレイモデルを3Dスキャナで測定。レースポジションにおける走行時の圧力分布のシミュレーションを行い、走行風が最も当たる、圧力の高い部分にエアインテークが配置されていることを裏付けました。

あらゆるライディングシーンにフィットする快適

シールドと窓ゴム(ウインドウビーディング)との密着を高め、風や雨の侵入を防ぐセンターロック式のCWR-F2Rシールドを装備。ティアオフボタンを共用する防曇シート用ピンが視界の外側に配置されたことで、防曇シート装着時も視界のほぼ全域を防曇シートがカバーし、より広くクリアな視界を確保します。

・X-Fifteenはセンターロックに加えレーシングシールドロックを備えた2段階のシールドロックとし、転倒時の不意なシールド解放を防ぎます。
・シールドベースには新たにトリガーロック機構を搭載し、シールド脱着時に使用するトリガーレバーを固定することで転倒時の衝撃によるシールド脱落を防止します。

上方視界を確保

X-Fifteenはアイポートの位置を従来モデルより5㎜上方へ移動。ヘルメット内での頭の被り位置を変えることなく、かつ上下視界のバランスは損なわずに、より広い上方視界を確保しました。また、従来モデルから受け継いだチークパッドのレーシングポジションも相まって、その視界の広さはMotoGPライダーからも高く評価され、レース中の安全性向上にも貢献しています。

よりベストなフィット感

分割式センターパッドが更に進化し、フィット感の調整幅が広がりました。各パッドをポケットタイプとし、オプションの調整用パッドで頭のかたちに合わせて部分的に隙間を詰めたり、厚みの異なるパッドに交換したり出来ることに加え、前後左右のパッドは外側1層を再剥離式とすることで部分的にフィット感をゆるめることも出来、フィット感をユーザー自身で微調整することが可能です。

チークパッドはヘルメット被り口側にくる下端部分の独自形状により、走行時にリフトを抑え、また、頬にあたる面積が従来モデル比116%と拡大したことで高速走行時でもぶれにくいホールド感を実現。

内装の表面生地は、汗をかきやすい部分に吸水速乾性に優れたHYGRA*を、ヘルメット着脱時に肌と擦れやすい部分には柔らかい肌触りの起毛生地をハイブリッドで使用しています。
※HYGRAはユニチカ(株)の商品名です。

ライディング時の集中を高め、負担を軽減する静かさ

ノイズの発生を抑え、ヘルメット内の静粛性を高めることはライディングへの集中力を高め、ライダーの疲労も軽減します。密閉性を高めたセンターロック式のCWR-F2Rシールドは、左右両端にボーテックスジェネレーターを装備。シールドサイドの風を後方へ流す整流効果により、シールドサイドのノイズ発生を抑えます。

ハイドレーションシステムを使用可能

耐久レースや夏場の過酷な環境下における長時間のライディングにおいて使用されるハイドレーションシステム。X-Fifteenはハイドレーションシステムの取り付け機構を口元に設け、オプションのハイドレーションチューブと市販のハイドレーション用品を組み合わせることで、容易にハイドレーションシステムを使用することが可能です。
※ハイドレーション用品で特に口元のパーツは、CAMELBAK社のビッグバイトバルブを推奨いたします。

エマージェンシークイックリリースシステム

万が一のアクシデントが発生してしまった場合、救護作業を行う第三者がライダーからヘルメットを取り外すことは想像以上に困難です。衝撃吸収性能や快適性はもちろんですが、このような緊急時の救護作業をサポートすることも、ヘルメットの大切な機能のひとつ。

SHOEIが開発したE.Q.R.S.(Emergency Quick Release System)は、専用のリボンを引くだけの簡単操作で、負傷の可能性のある頸部への負担を最小限に抑えつつ、容易にヘルメットを取り外すことが可能です。
*普段、メンテナンスなどの目的でチークパッドを取り外すときにはE.Q.R.S.を使用しないでください。

製品情報

■商品名:X-Fifteen
■価格:74,800円(消費税込み)
■規格:JIS規格、FIM規格、MFJ公認
■サイズ:XS(53㎝)、S(55㎝)、M(57㎝)、L(59㎝)、XL(61㎝)、XXL(63㎝)
■カラー:ホワイト、ブラック、マットブラック
■構造:AIM+( Advanced Integrated Matrix Plus Multi-Fiber)
強靱なガラス繊維と3次元形状とした有機繊維の複合積層構造を基に、高い弾性性能を持つ高性能有機繊維をプラス、軽量でありながらも剛性弾性に優れる高性能なシェル構造。
■付属品:布袋、ブレスガードJ、チンカーテンD、ロアエアスポイラー、シリコンオイル、防曇シート、SHOEIロゴステッカー、シールド用ステッカー(No.11ステッカー)
■発売予定日:2023年1月発売予定

リリース:株式会社SHOEI

amazon
人気商品ランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトコネクト編集部

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています! Moto Connectについて

-トピックス, ヘルメット
-, , , , , ,

© 2022 Moto Connect(モトコネクト) Powered by AFFINGER5